.

2012年2月26日(日)
仮面ライダーフォーゼ第23-24話ミニミニツッコミ

キッグナスゾディアーツ編。
正義の味方を名乗る白い超人、フォーゼ……じゃなくてキッグナス。
何でも「みにくいアヒルの子の会」なるキッグナスの新興宗教まがいの同好会まであるとか。

しかしキッグナスはゾディアーツで、自分の意に沿わない相手はフルボッコというとんでもないワルだった!
はたしてスイッチャーは誰なのか?
そしてリブラ校長と落研キャンサーの対立はどうなっていくのか?

仮面ライダー部はアヒルの会のバレリーナ会長を怪しいと睨むがなんと彼女はシロ。
キッグナスに憧れるコスプレ男子の心が善と悪に分離して誕生した特異なゾディアーツ、それがキッグナスだったのだ!

ゾディアーツはけっこう何でもアリというか定義が宇宙規模なのでやりたい放題ですな(笑)。

アマゾン子ちゃんと流星にフラグめいたものが立ちはじめたのも気になるところでしょうか。

ところで今回で24話、そろそろ折り返しなわけですが、ホロスコープス、大丈夫なんだろうか?
地味に心配だよ……。


+++++ [関連キーワード]さんやGoogle広告さんをクリックしていただくと管理人が少しだけ健康になります ↑
トラックバック
■ トラックバックURL  
「 オラッ!焼きガニにしてやるぜ! 」(如月弦太朗)


やられた。。。
今回の正体はストレートだと思ってたのに。
そんな展開あり?(涙)

第24話「英・雄・願・望」

JUGEMテーマ:エンターテイメント


キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)/アーロン・ジョンソン,クロエ・グレース・モレッツ,クリストファー・ミンツ=プラッセ

¥5,985
Amazon.co.jp
 まあ、1週間経って気づく小生の勘の悪さもアレだけど(笑)。
 てか、スイッチャーの正体的には「ブラックスワン」

「ヒーローはひとりいれば充分だ!」
正義のヒーローどころか本性を現したキッグナス。
ゾディアーツはやはりゾディアーツ、
フォーゼやメテオの敵なんだな〜。

翌朝、流星を襲う友子の呪いwww
メテオ...


【今週の容疑者】
母部田かと思ってたのに。理由?変な名前だったから!
※この記事はワタシの偏った感想・妄想から成り立っておりますのでいろいろ許せる心をお持ちの方のみ読み進めることを推奨いたします。
...

仮面ライダーフォーゼ 第24話「英・雄・願・望」

仮面ライダーフォーゼ 第23話「白・鳥・同・盟」

『英・雄・願・望』  脚本:長谷川圭一 監督:山口恭平
キッグナスに変身しているのは醜いアヒルの子の会会長鳥居崎ミサと
推測する如月弦太朗(フォーゼ)だったが、
キッグナスの正体はアヒル会会員江口規夫の二つに分離した人格の片割れ、
江口はスイッチを手放そうと決意するも、
アヒル会に無理矢理キッグナスに変身させられてしまうが、
フォーゼの活躍で元に戻ったという話
江口、二重人格者だったか。
『セーラームーン』の月影のナイトや『ファイトクラブ』みたいな話だったな。
橘さんな速水校長はまたしても二重人格者に振りまわされたわけね

このところ『フォーゼ』は微妙に感じていたのですが、この前後編は面白かったな
『フォーゼ』の面白さは陽気なばかばかしさにあると思う。「宇宙キター」とかね。
この前後編は宗教ちっくなアヒル会・ジャイアントフット・ライダー部恒例の寸劇・
とどめの二重人格とばかばかしさが出ていてよかった。
「ああ、そうだ。私はキッグナスだ。
そして、ここにいる皆がキッグナスだ。私たちは皆キッグナスと一心同体だからね・・・」
鳥居崎ミサ会長、いいキャラしていたなあ。10ポイントだ。
フェイクだとわかっていた...

仮面ライダーフォーゼの第24話を見ました。



第24話 英・雄・願・望

「流星さん、昨日はよくも私を置いて逃げましたね」
「ごめん…」
「別にいいです。代わりにメテオが守ってくれましたから」
「そっか...

「英・雄・願・望」

歪んだ正義感、独裁者やインチキ教組的な思考を持つキッグナス。

キッグナスの正体探しが始まります。

友子はメテオのかたきを取ると流星を連れて出かけます。

なんだか、流星...

コメント
コメントをかく.
クッキーに保存

小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。