.

2009年3月11日(水)
ケータイ捜査官7#44「ゼロワンの解」プチツッコミ


【そして血の涙は乾く。】

最・終・回・直・前!
むしろゼロワンスキーには今日が最終回!(え)
着身完了もアベマリアもすべてその目に耳に心に魂に焼きつけろー!



■ ざくっとあらすじ
ケイタの高校生エージェントとしての活動が、自称善意の第三者(マギラ)によってマスコミにリークされてしまった! 
機密保持のために凍結されてしまうセブンとサード。

ひとりになったケイタの元にマギラから「来い」と電話が。
いわれるがままに行ってみるとそこには歩きはじめた大量のジーンがいた。
自爆してケイタを殺すために!

廃工場に閉じ込められ、大ピンチのケイタ。
そこに現れたのはゼロワンとブーストフォンたちだった。
「今日はオレがお前のバディだ。」

次々と相打ちになり消えていくブーストフォンとジーンたち。
ケイタを先に逃がすゼロワン。
「バディを守るのがオレの使命だ。」

ゼロワンはどうにかジーンたちをすべて倒したが、受けた傷は深く身体はもはやボロボロだった。
彼を心配し涙するケイタの元から去るゼロワン。
「オレはバディ殺しなんかじゃない。」
捜し求めていた「解」を見つけ、ゼロワンは静かに機能を停止する。

しかしそこに現れたのはマギラクランド!
「怒り以外の感情を手に入れたキミの心はジーンに受け継がれる。」
ゼロワンのラムダチップはマギラの手に渡ってしまう。

入れ違いにゼロワンを探しに来たケイタは彼の無残な亡骸を見つけ、泣き叫ぶ……。


■ ざくっと感想
ケイタ迂闊すぎます!
なんでひとりでしかも誰にも連絡しないで人気のないところに行くの!

なんつーか、もうちょっと思慮深かったらゼロワン死なないですんだんじゃねーの?って愚痴っちゃうぐらいウカツです。
あれだけいろいろちょっかい出されてきたのに一連の事件の黒幕をマギラと確信できなかったアンダーアンカーもアレですが、その渦中にいるという自覚がないケイタもどーかしてます。
「セブンが凍結されてしまって気もそぞろでしたー。」
って、ネコ型ロボットが未来に帰っちゃった小学生じゃあるまいし!
ちょっと反省会ですね、これは。


そして今日の主役。というか私の中ではいつでも主役。
哀しくも満足して散っていったゼロワン。
彼にもひとつ反省するべき点があるとすれば、「定期健診はしっかりやろう!」でしょうか。
自らの健康を過信してメンテナンスをおろそかにすると、とんだところで痛い目に遭うってことですね。

そしてすべてを見透かしていたかのごとく、ゼロワンの「進化」したラムダチップを奪っていってしまったヘンタイマギー。
パキッていったよ、ゼロワンが!(涙)
セブンとケイタの関係をちらつかせつつも真の目的はゼロワンだったのね! 男ってウソツキ!
ゼロワンの魂をもてあそんだヘンタイマギーにはぜひとも見事にワルとして散華していただきたいもんですが、なにせ戦闘力のないフォンブレイバー。どーすんだ!
泣いても笑っても後1回なのね。


■ 余談
おしゃべりフォンブレイバーゼロワンに「バディ、行け。」ってセリフが入ってまして。
これを最初聞いたときは「本編に絡まないセリフだなー。しかもエラそう!」なーんてちょっと不満だったのです。
「どうせなら ルルル〜♪ を入れてくれれば!」と思ったぐらい。

しかし! 今日!

行け、バディ。俺はお前を守る。」
グッジョブおしゃべりケータイ!と脳内スタンディングオベーションでした。
しばらく押しまくろう。

+++++ [関連キーワード]さんやGoogle広告さんをクリックしていただくと管理人が少しだけ健康になります ↑
トラックバック
■ トラックバックURL  
「ここまでの…ようだな…
だが、満足だ…
最後の最後に、バディを護りきった。
求め続けた…最後の、解…


俺は、バディ殺しなんかじゃない…


そうだろ?
間明、網島ケイタ…


俺は、お前に逢えて…良かった…」

数々の、償いきれない罪を背負い、最後はバデ

『ゼロワンの解』内容ケイタ(窪田正孝)への視線がオカシイ。すると、新聞に、アンダーアンカーの告発記事『個人情報を用いた、非合法活動をしている』と。“もしも”の査察に備え、千草(伊藤裕子)水戸(ミッキー・カーチス)瞳子(三津谷葉子)らは、データの暗号化や...

死ぬときは飼い主に見られないように隠れて独りひっそり。
ネコじゃないんだから!ゼロワン!(ToT)

匿名(間明)の告発により非常事態下のアンダーアンカー。
セブンとサードは機密保持の為に封印。
丸腰のケイタは間明に呼び出され、歩行するジーン集団に抹殺されそうに。

軽率ケイタ。間明がヤバイのは身に染みている筈なのに全然懲りてない。
アンカーに連絡も入れず、夜間知らない場所へのこのこ出かけていくなんて。

ケイタににじり寄って自爆テロを計るジーン達。
カウントダウンする顔が怖い、怖すぎ。
そんな絶体絶命の危機に颯爽と登場したゼロワン。
ケイタのバディとなり命をかけて守り抜くー!

フラグやネタバレでガッツリ覚悟して視聴に臨んだのにヤラレました。
アベ・マリアの辺りからかなりヤバかったです。
花粉と玉ねぎ(みじん切りにしながら見ていた)と、ゼロワンの
トリプル攻撃で目がドボドボに。_| ̄|○

ずらり揃ったブーストフォンも最後のお勤め。
身を犠牲にしてジーン達を阻止。こっちも悲しい。
どうやって持ち出したんだろうなんてもうツッコまないよゼロワン。

ゼロワンは番組前半では結構な勢いで罪を犯して人も殺めたりしていた...

ケータイ捜査官7 第44話「ゼロワンの解」 あらすじは、テレビ東京:ケータイ捜査官7</span></a> バックナンバー 参照。 アンダーアンカーの情報が、何者かによってリークされてしまう。 ケイタは未成年なので、仮名扱いで名前は出ないけど、

バディのために戦い、バディを守る。 ゼロワンがそこに見つけた、自己存在への答え。 正直、悲しすぎて感想を書きたくない。 大体OPが今回は2番の歌詞になっていたが妙に引っかかっていた。戦いのシーンにアベマリアが流れた時点でヤバかった。血の涙が消え、元来の顔を..

コメント
●コメントありがとうございます!
>けろりんさん
たしかフォンブレイバーの強度は一般ケータイと同程度……という話をどこかで聞いたのですが、それならケイタがジーンをパキポキ折りまくっちゃえばよかったんじゃん!とツッコミつつ、しかしその画を想像すると怖すぎてやっぱダメだろうと思いました(笑)。

おしゃべりケータイはけろりんさんが「持って来い!」と命じれば、ゼロワンとセブン(風水さんの)が出動すると思いますよー。
  • Posted by たいちょお@管理人
  •   at 2009年3月13日(金) 12:58
  •  |

たいちょおさん、こんにちは。

あの「ばき!」という音はきつかったですねえ〜><
ゼロワンが!ゼロワンが!
と泣けました。
あれ、ちゃんと修理すれば治ったんですよねえ…も〜〜、ツンデレゼロワンがー!

私もケイタがもうちょっと冷静だったら、ちょっと流れが違っていたのではないかと思います…。
セブン大好きな私ですが、今週はホント、最終回じゃないかというほど盛り上がりました…あ〜、切ない…。

しかし、おしゃべりケータイとかいうの、すごいなあ。

ウチは月末に出るケータイ捜査官7のDSソフトを買おうか迷っています(笑)。
  • Posted by けろりん
  •   at 2009年3月13日(金) 10:08
  •  |

●コメントありがとうございます!
>つさん
TBありがとうございます!
おしゃべりケータイのセリフはここに来てこのセレクトだったのか!と唸りまくりです。
ケイタは本当に迂闊すぎですよねー。学習能力ないんか!

>yusamaさん
ゼロワンはもう今日がラストだなという覚悟はあったんですが、それでも悲しかったです。
ここしばらくこんなに心を痛めたキャラの退場はなかったんじゃないか!?
ケイタはゼロワンの愛をあんまり理解してないところがやれやれです。

>JUNKOさん
ゼロワン、ポキッていっちゃいましたからねぇ。
彼の機能が停止してからだったことが唯一の救いでしょうか。
T映さんだったら人気次第では「超・ゼロワン」として復活しますね〜(笑)。
  • Posted by たいちょお@管理人
  •   at 2009年3月12日(木) 18:35
  •  |

もしかしたらゼロワンが「こう」なるかもなあ、という予感と、
しかしまさか「そこ」まではやらないだろう、という期待をもって見ましたが、
結果は「こう」で、「そこ」まで、きっちりやってくれました。
制作者さんがた、容赦なさすぎーーーーーーーー!(絶句・滂沱)

これが○映作品だったら、
一回や二回死んだって(^^;)復活!なんてことも予想されますが、
この作品では望み薄、かなあ。
復活は無理でも、
何らかの形でゼロワンの心だけでも残るようなラストでありますように。
  • Posted by JUNKO
  •   at 2009年3月12日(木) 13:52
  •  |

ゼロワン…(滝泣

ふと見ると隣で子供が自分のPBを握り締め
静かに泣いていました。
私も今回ウルウルでした。

ケイタは本当に…(ため息
ケイタがんばれ!!
  • Posted by yusama
  •   at 2009年3月12日(木) 12:20
  •  |

たいちょおさーん!ゼロワンがー!(ToT)
私もおしゃべりケータイゼロワンのボタン押しまくりましたよー。
ホント、ケイタの迂闊っぷりには脱帽ですね。
ゼロワンを可愛がっていた水戸博士の気持ちを思うともう…

(気分は)最終回の記念にTBさせていただきました。
  • Posted by
  •   at 2009年3月12日(木) 09:54
  •  |

コメントをかく.
クッキーに保存

小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。