クを紹介してくれるということだった

September 02 [Fri], 2016, 17:49

 それで、8/29「親知らずの話(9)親知らずと虫歯の根の治療」に書いた虫歯の根の治療の専門医に、治療が終わった時に、以前治療してもらった虫歯の詰め物を替えたいという話をしてあった。
 医者が言うには、現状で問題な無論在什麼年代,追求幸福都是永恆いのであまり奨めないが、どうしてもということなら大学病院の医師が独立開業しているクリニッ。

 虫歯の根の治療では、コンポジットレジン(composite resin)を充填してくれた。
 レジンというのはプラスチック樹脂のことで、コンポジットレジンというのはセラミックを混合させたセメント状の混合樹脂という意味になる。
 虫歯の根の治療の専門医は、それをセメントを塗るようにコテでペタペタと歯の欠けたところに充填してくれた・・・
 国立病院では、コンポジットレジン充填は保険でやってくれたが、歯科医によっては必ずしも保険ではないそうだ。材料費と手間と技術が必要な割には、保険点数が低いということらしい。
 
 「この大学病院は治療はともかく、メンテナンスはあまり上手じゃないんですよ。クリニックを紹介しますから、歯周病なども、そこで診てもらった方がいいですよ」
 虫歯の根の治療の専門医は、そうも言った・・・確かに大学病院で治療にあたるのは若い医者が多かった。

 この医師がなぜ、開業医での治療を勧めたのか、本当のところは判らない。
 大学病院で研鑽を積んで開業したベテラン医師の方が、経験豊富で腕が良いのかもしれない。
 あるいは、大学病院はあくまでも研究施設なのだから、メンテナンスは開業医に任せるということなのかもしれない。それでなくても、大学病院は混んでいる。
 あるいは、大学病院が患者を独占していては、開業医が成り立たないので、歯科医同士のある種の互助意識があるのかもしれない・・・

 紹介されたクリニックを訪ねると、たまたま手が空いていて、すぐに診てくれた。
 女性の歯科医だった。年齢的にはオバサンだが、知的美人なのでオバサンというには失礼というか、ちょっと気が引ける。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:私たちは相寄り添う相
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/hanserewasd/index1_0.rdf