宿命の女とは何か

July 31 [Thu], 2008, 22:00
ファム・ファタル・・・日本語ではこれを「宿命の女」と呼びます。
ファム・ファタルとは、19世紀末、ヨーロッパで大流行した妖婦型の女性のこと。
その様子は、世紀末の象徴主義、耽美主義の文学や美術でうかがい知ることができます。
19世紀の芸術家が発明したファム・ファタルは、大衆の間でも大流行し、例えば、

長くたらした髪
蜜蝋のような肌
血の様に赤い唇
とろんとした瞳


といったような、ファム・ファタル風のイメージを演出するためのファッションや化粧法が流行ったのだといいます。
現代にもこういった現象はよくありますが、街を行き交うご婦人方が、みなこのようなムードで歩いていたのだと思うと、何だか笑ってしまいたくなりますね

宿命の女、という言葉を聞くと、よく巷で言われているような「運命の赤い糸で結ばれた」カップルのようなものをつい思い浮かべたくなってしまいますが、ファム・ファタルはそういった安っぽいもの(失礼!)とはまるで違うように思います。
というのも、「ファタル」には「宿命的・運命的」という意味のほかにも、「致命的・命取りの」という意味も含まれているからです。

ラルース大辞典では、このような定義付けがされています。

「恋心を感じた男を破滅させるために、運命が送り届けてきたかのような魅力をもつ女」

ここからまとめてみると、ファム・ファタルとは、その出会いが運命の意志によって定められていると同時に、男にとって破滅をまねくという項目が二つ揃うということが重要なのだということがいえそうです。
つまり、男にとってみれば破滅を招くことがわかっていながら(下手をすれば命さえ危ないとわかっていながら)、それでもその男が恋にのめりこんでいってしまうほどの魅力を持った女ということです。

ちなみにこの「ファム・ファタル」という言葉を聞いたとき、そこからかもし出される雰囲気とはどのようなものなのでしょう。
私は日本人なので、フランス男性の感覚というものはまるでわかりません。
日本人にもそれを感覚的に想像させてくれるよい文章を見つけたので、少し引用してみたいと思います。


ファム・ファタル(femme fatale)。
なんと妖しげで美しい響きをもった言葉でしょうか。
カタカナで書いてさえ繰り返される「ファ」の頭韻が耳に快く響きます。
 ましてや、フランス語のfは下唇を上の歯で軽くかむ音ですので、
femme fatale と、二度fの音が繰り返されると、まるで女性が性的エクスタシーに達する直前、その快楽をこらえるかのように唇をかんでいるイメージが湧いてきます。
そして最後にfataleの二度のaで大きく唇が全開になると、女性がエクスタシーに達して、歓喜の吐息をはきだした姿を連想せずにはいられません。
 つまり、フランス語で発音されるファム・ファタルは、その唇の動きからして、相当にエロティックな言葉なのです。
 ですから、フランスの男性は、このファム・ファタルの言葉を耳にすると、さながら空中に蠱惑的な女性の唇がポッカリと浮かんで、自分に誘いをかけているような気さえするようです。
それは、ファム・ファタルそのもののように男を誘惑する言葉、一度耳にしたら最後、その魔力から逃れることはできない言葉なのです。

                          鹿島茂『悪女入門』より



ところで、ファム・ファタルのこのイメージは、19世紀末に一時的な旋風をまきおこしただけでは終わりませんでした。
今日、映画や広告でもよく目にする、性を商品化したセクシーな女性像は、ファム・ファタルという女性像からの影響が大きい、というふうにも言われているようです。

セックスの化身
マリリン・モンロー


日本の雑誌や本でも、小悪魔だとか悪女だとかに憧れを持っているような描写が見られることがよくありますが、それもこういったところからの影響だったりするのでしょうか。
ファム・ファタルに比べると、それらは大分デフォルメされているようにも思いますが・・・。
  • URL:https://yaplog.jp/hanazono/archive/88
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでコメントは表示されません。
November 04 [Tue], 2014, 21:59
お店移転しました

ヨーロッパ系ボードゲーム+輸入雑貨の店
ドロッセルマイヤーズ
Drosselmeyers Board Game Mart
  →詳しくはこちら

中野ブロードウェイ3階 
tel/fax:: 03-3388-8667
Email: shop@drosselmeyers.com
営業時間: 12:00-20:00
定休日: 水曜、木曜(祝日を除く)

※『宮廷マダムの作法』、『紳士のかつら』など、真城七子の本もこちらで販売しています。
真城七子の新刊!

アントワネットの玩具箱
¥2730
B6
140頁 ソフトカバー

アントワネットのフェティッシュ
集めました

マリー・アントワネットになりたい
マリー・アントワネットのような生活をしてみたい
そんな気持ちを抱いたことはありませんか

彼女の素敵な日常生活を、私たちも「ごっこ遊び」。
アントワネットになった心地をぜひお楽しみください。

→見本はこちら
 

※この商品は現在ドロッセルマイヤーズ、その他書店(サイドバー下方参照)にて販売中です。

大好評販売中!


『宮廷マダムの作法』

ヴェルサイユ宮殿華やかなりし頃の、宮廷マダムの日常を再現。
マダムの恋は?舞踏会は?お洒落は?お食事は?トイレは?
実際にマダムの生活を思い浮かべてみたときに生まれるいろんな?を、この本で 一気に解決!
本当のマダムになった気分を満喫してみてください。

→目次を見る
→イメージ見本を見る




『紳士のかつら』

音楽室の肖像画の謎
あの大きくて白い頭の正体とは一体!?
紳士たちのこだわりについて熱く語る、かつら絵本。
巻末にはかつら男性の肖像画を集めた付録、「かつらの回廊」もあり。

→見本、詳細を見る


媚薬のレシピ
¥1260
変形タテ100×ヨコ180
52頁 ソフトカバー

古今東西の惚れ薬34品をコレクション。
魔術、宗教、民間宗教…
人の想像力と欲望が織りなす
深遠な世界へとご案内。

→見本はこちら
 

※これらの商品はドロッセルマイヤーズの他、こちらにて購入できます。

ジュンク堂池袋本店
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-15-5
電話: 03-5956-6111 / FAX: 03-5956-6100
営業時間: 月〜土 10時〜23時 / 日・祝日 10時〜22時

タコシェ 店舗情報
〒164-0001
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
TEL:03-5343-3010
FAX:03-5343-4010

タコシェオンラインショップ

模索舎
〒160-0022 東京都新宿区新宿2ー4ー9
営業時間 :11:00〜21:00 定休日なし
TEL:03-3352-3557
FAX:050-3505-8561
E-MAIL:mosakusha@mosakusha.com

模索舎オンラインショップ

Books DANTALION
大阪府大阪市北区中崎西1−6−36
サクラビル300号室
MAIL:shopmaster@books-dantalion.com

ガケ書房
京都府京都市左京区北白川下別当町33 TEL:075-724-0071

オープンスペース□(シカク)
大阪府大阪市北区中津3丁目29-8
HP:http://shikaku.cart.fc2.com/
※ネットショップです。
TEL:080-4010-6203
蓄音機
Ricercare by Grant Colburn
(harpsichord, organ and viola da gamba)
 

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:真城七子
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

初めての方へ
はじめまして。

ここは、絵画、建築、美食、音楽、歴史、本など、西洋の文化を中心に集めた、私のフェティッシュたちの陳列室です。

私のフェティッシュの基準は以下の通り。


●色っぽいものであること

色っぽいと感じるものは大きくわけて以下の4つ。
1、反対物の一致
2、平行線の関係
3、気配を感じさせるもの
4、組み換え可能であるということ
→詳しくはこちら

●人工的であること

よくできた細工物のような、繊細で細かいもの、硬質なものに惹かれます。
ナチュラルなものや、やわらかくて温かいものは、本当は嫌いではありませんが、ここでのフェティッシュ的感性にはあてはまりません。

●強固な世界観があること

個の輝きの強いものに惹かれます。
現実の、よく知っているものとは全く別次元の、別の法則によって作られたものが大好きです。
しかもその世界観が強固であればあるほどしびれます。
理想郷というものにも似ているかもしれない。

●コレクション、陳列、カタログ的なもの

厳選されたものが沢山並んでいる状態を見ると震えます。

以上、とても個人的なものなので、偏りや思い込みが激しいことも沢山あるかと思いますが、もしよかったらおつきあいくださいね。
よろしくお願いします。
ランキング
https://yaplog.jp/hanazono/index1_0.rdf