王妃が不倫にとびこむ勇気とは

May 24 [Sat], 2008, 18:51
王妃の不倫は、前述したように(王妃の理想像参照)とても危険なものです。
けれど、実際のヨーロッパの宮廷は、婚外子だらけだったよう。それも、王の子ではなく、王妃の子である場合も多々あったようです。
ではなぜ、そのような危険を冒してまで不倫をするのでしょうか。
不倫をする、あるいはせずにはいられない王妃の心情とはどのようなものなのでしょう。

王宮の馬車

プリンセスはこのようなものに乗って嫁いでいったのだろうか


プリンセスは幼い頃から、従順で、貞淑な女性になるような教育をされます。
そして結婚前に将来の夫を対面しないままであることも多いようで、大抵は良いところを抽出、演出したような肖像画や、本当は誰が囁いているのかよくわからないような美談などを聞かされて結婚への心構えをします。
だから、多くのプリンセスは前向きな気持ちで夫のもとへ旅立っていくことが多かったようです。

けれど、プリンセスは結婚後、その生活に幸せを感じることは無く、むしろ不幸を感じる機会のほうが多いのではないでしょうか。
色々な資料を見ていると、何となくそう思うことがあります。
その不幸の原因としてあげられそうなものをいくつかあげてみます。

●王妃が閉じ込められる宮殿は、大変住み心地が悪い
プライバシーや自由な時間はほとんど無い。さらに自分についている召使いはしばしば敵のスパイである。
●故国からの親しい付き人もそばにおらず、故国に帰ることも許されない。つまり、かなり孤独である。
●王との愛情関係も期待できない(王の性的不能、同性愛、王との望まない性交渉、寵姫システムなど)
●王妃は個人としてではなく、身体器官、子宮として扱われる。その屈辱。
●子供は国家のもの。生まれた瞬間から王妃からとりあげられる。教育はさせてもらえない。
●王妃の財産は王のもの。自分の自由にできるものなどなく、すべては王次第で決定される。
●王宮の医療は最悪である。当時流行っていた間違った知識からの治療と比較すると、治療を受けられない庶民のほうがよっぽど養生できたかもしれないという話もあるほど。



このような状況にあるとき、人は人の温もりを他に求めずに孤独に生きることができるものでしょうか。
不倫に走る王妃を見て、その弱さを周りが非難するべきなのでしょうか。
あるいは、その命がけの勇気をたたえるべきなのでしょうか。

王妃の生活の内側を眺めようとすると、何やら複雑な気持ちになってきます。
  • URL:https://yaplog.jp/hanazono/archive/26
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
お店移転しました

ヨーロッパ系ボードゲーム+輸入雑貨の店
ドロッセルマイヤーズ
Drosselmeyers Board Game Mart
  →詳しくはこちら

中野ブロードウェイ3階 
tel/fax:: 03-3388-8667
Email: shop@drosselmeyers.com
営業時間: 12:00-20:00
定休日: 水曜、木曜(祝日を除く)

※『宮廷マダムの作法』、『紳士のかつら』など、真城七子の本もこちらで販売しています。
真城七子の新刊!

アントワネットの玩具箱
¥2730
B6
140頁 ソフトカバー

アントワネットのフェティッシュ
集めました

マリー・アントワネットになりたい
マリー・アントワネットのような生活をしてみたい
そんな気持ちを抱いたことはありませんか

彼女の素敵な日常生活を、私たちも「ごっこ遊び」。
アントワネットになった心地をぜひお楽しみください。

→見本はこちら
 

※この商品は現在ドロッセルマイヤーズ、その他書店(サイドバー下方参照)にて販売中です。

大好評販売中!


『宮廷マダムの作法』

ヴェルサイユ宮殿華やかなりし頃の、宮廷マダムの日常を再現。
マダムの恋は?舞踏会は?お洒落は?お食事は?トイレは?
実際にマダムの生活を思い浮かべてみたときに生まれるいろんな?を、この本で 一気に解決!
本当のマダムになった気分を満喫してみてください。

→目次を見る
→イメージ見本を見る




『紳士のかつら』

音楽室の肖像画の謎
あの大きくて白い頭の正体とは一体!?
紳士たちのこだわりについて熱く語る、かつら絵本。
巻末にはかつら男性の肖像画を集めた付録、「かつらの回廊」もあり。

→見本、詳細を見る


媚薬のレシピ
¥1260
変形タテ100×ヨコ180
52頁 ソフトカバー

古今東西の惚れ薬34品をコレクション。
魔術、宗教、民間宗教…
人の想像力と欲望が織りなす
深遠な世界へとご案内。

→見本はこちら
 

※これらの商品はドロッセルマイヤーズの他、こちらにて購入できます。

ジュンク堂池袋本店
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-15-5
電話: 03-5956-6111 / FAX: 03-5956-6100
営業時間: 月〜土 10時〜23時 / 日・祝日 10時〜22時

タコシェ 店舗情報
〒164-0001
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
TEL:03-5343-3010
FAX:03-5343-4010

タコシェオンラインショップ

模索舎
〒160-0022 東京都新宿区新宿2ー4ー9
営業時間 :11:00〜21:00 定休日なし
TEL:03-3352-3557
FAX:050-3505-8561
E-MAIL:mosakusha@mosakusha.com

模索舎オンラインショップ

Books DANTALION
大阪府大阪市北区中崎西1−6−36
サクラビル300号室
MAIL:shopmaster@books-dantalion.com

ガケ書房
京都府京都市左京区北白川下別当町33 TEL:075-724-0071

オープンスペース□(シカク)
大阪府大阪市北区中津3丁目29-8
HP:http://shikaku.cart.fc2.com/
※ネットショップです。
TEL:080-4010-6203
蓄音機
Ricercare by Grant Colburn
(harpsichord, organ and viola da gamba)
 

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:真城七子
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

初めての方へ
はじめまして。

ここは、絵画、建築、美食、音楽、歴史、本など、西洋の文化を中心に集めた、私のフェティッシュたちの陳列室です。

私のフェティッシュの基準は以下の通り。


●色っぽいものであること

色っぽいと感じるものは大きくわけて以下の4つ。
1、反対物の一致
2、平行線の関係
3、気配を感じさせるもの
4、組み換え可能であるということ
→詳しくはこちら

●人工的であること

よくできた細工物のような、繊細で細かいもの、硬質なものに惹かれます。
ナチュラルなものや、やわらかくて温かいものは、本当は嫌いではありませんが、ここでのフェティッシュ的感性にはあてはまりません。

●強固な世界観があること

個の輝きの強いものに惹かれます。
現実の、よく知っているものとは全く別次元の、別の法則によって作られたものが大好きです。
しかもその世界観が強固であればあるほどしびれます。
理想郷というものにも似ているかもしれない。

●コレクション、陳列、カタログ的なもの

厳選されたものが沢山並んでいる状態を見ると震えます。

以上、とても個人的なものなので、偏りや思い込みが激しいことも沢山あるかと思いますが、もしよかったらおつきあいくださいね。
よろしくお願いします。
ランキング
https://yaplog.jp/hanazono/index1_0.rdf