きのうは 宮藤官九郎 作・演出の 大江戸りびんぐでっど を

June 03 [Tue], 2014, 10:54
"シネマ歌舞伎"で観ましたよ〜、
キモ楽しかった(^^)♪
りびんぐでっど おーえど!
脚韻生かした死でかした向井秀徳楽曲が脳に血糊の如く着きまくりデス!
江戸の町に黄泉がえった"ぞんび"を使った派遣業が盛んになり、
江戸の職人文化が危うくなって行くっていう、
クドカン ならではのすっとぼけた批評性が、
死者と生者のニセモノであるゾンビと、生きてる人間との交換可能性への問いが、
そこにある「歌舞伎」の本質を問うメタぶりに被さっていく、
ってゆう、
数年後の あまちゃん におけるNHK朝ドラとクドカンの関係性の予告でもありました、っていう、
異端者ポジこそがより正統なとこに立つことなんじゃないのー!?
って思わせる、
実に歌舞いたお仕事、
美味しゅうございました(・∀・)、
おいしいよー
くさいよー
さむいよー
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)!!

2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30