サプライズ&まめぐのいいお話しもありーの、

March 25 [Sun], 2012, 21:14
今夜の 中島愛 ライヴ堪能しましたよ〜
いやーまめぐさん可愛いかった(Aパート衣装は肩と御美脚はエロかわ〜い)わ、歌よかったわ、
お色直しタイム曲のハモニカ&でっかいベースも沁みたりして。
んで

今日は、てか場所は昨日に続いて名古屋今池TOKUZOなんやけども

October 28 [Fri], 2011, 22:31
ジム・オルーク ソロ聴いて、
めさめさめさ良かったですわ!
引き込まれてました〜
何がどうなってるのか、
おんなじこと他のひとが
やろうと思ったらできるのかどうか
ぜんぜん判ってませんけど(°ω°;)
ひたすら心地よかった、うん♪

んでね、
この素晴らしいライヴ、
演奏おわって深くふかく内省的に感動してた皆さんが
きっと2部もあるんやろなってアンコールせんくて
しばらくして片付けに来たジムに拍手しちゃって
なんだかもう1曲やることになって、
それも2部の始まりの1曲目かと思ってる人が多くいたらしく、
???なんだかぐだぐだな終わり方みたいな?
カンジだったりしましたが
いや、
すんばらしい演奏でしたよっ

そゆやジムさんは
さいしょに
休憩ナシでぶっ続ける的なことを言ってた気がしないでもないデスわ。

きのうは名古屋今池TOKUZOでの MASSA (佐藤正治+細井豊+太田恵資) ライヴに行きましたよ♪

October 28 [Fri], 2011, 16:51
その楽曲、
繊細優美にして骨太…
いや骨が太いかどうか判らんけど強靭なのは確か、
そして
ちょっと心ないファンが増えてしまうことへの、
有吉のコトバに「バカに見つかっちゃう」って表現があるのやけども
ちょっと淋しいおば様たちに見つかっちゃったらヤバイよね?
っていうくらいの色っぽさが滲み出てたステージでしたあああ♪
(そして危険な男たち
なんてーか、
…センチメンタル・エスノ・ロマンティック、
みたいなっ(*^w^*)?

そゆやあれがあって以来リアルでは

March 26 [Sat], 2011, 21:07
初のライヴなのやなぁ
楽しかったな、うん♪
ヴァーチャルやと
ランカさんやシェリルさんのに行きましたけどね(^ε^)

気持ちが綴られてプリントされた数枚の用紙と
率直に今音楽をやることの意味を語った短い挨拶で、
坂本真綾さんのライヴが始まって
透きとおってのびる歌声と
熱い演奏に酔いしびれましたよ♪
あたし的には
のーなりーぶすの人のギターがえらいツボやった

あとお客さんで可愛い服きてる女子らの目立ちっぷり、
てか俺が注目してただけかー
も、
めさめさめさときめいたわんこ(*^ε^*

にがつにじゅうろくにち名古屋今池TOKUZO、

February 27 [Sun], 2011, 7:01
JB[渕上純子・bikke]、
『それゆけ』レコ発・名古屋編ライヴ、
土曜日がお休みでない職場なので有給とって
行きましたよ


かの、
一聞のどか〜げな
ばんごはんの歌にうっかりと
ほっこりほっこり
しているものだと
記憶操作されていたのでしょうか
お二人が舞台に立つまで
くつろいちゃお〜ってムードな気分、
まんまんであったな自分よ?
客席の照明おちステージが明るくなり、
突如おもいだす前回の
全開でエッジ立ちしてた音のあれこれ、
とんがってたカンジ。
おおそうだったこれぞ
破滅することなくケイゾクさせてく日々の生活の
ほんとうのパンク。

河原のせせらぎに
不整備に軋む自転車の音が混ざるのよ、
ばんごはん
ばんごはん
ばんごはんは平穏、
その平穏にたどり着くまで
色色色々と毎日、
いろいろありますわ

絶望と希望、
ひかりとかげ、
オキナワプロレスと防寒帽。
ふちがみさんの声とビッケのギター、
ビッケの歌唱とふちがみさんの鳴らす音。

ビロードの絨毯の毛が
紙鑢から生えていた、
そんな音楽を聴いてきたわ



つまり、
めらっとパンク魂に火ぃ着いたじつは。
それで明日からもにこっと






生きてやる♪

名古屋今池TOKUZOへ

August 18 [Wed], 2010, 6:13
灰野敬二さんと
山本精一さんと
一楽儀光さんが
3人で共演するっていう、
すんごい
すんごい
すんごい組み合わせのライヴに行ったら
すんごかったので
すんごい良かったわ、です。

山本精一さんの、
シンプルな言葉の組み合わせで
真理を言い当ててく、みたいな、
歌をきいてく、その上に
そんな真理こそ奇妙じゃないか、ってぽつりぽつり違和感を誘うような
灰野さんのギターが被さって、
ゆったりとした流れから
やがて音の激流、
灰野さんも叫ぶような肉声の歌を歌い、

そしてまた緩やかに
そしてまた烈しく、
幾度かの繰り返し。


1回目のステージ終了後、
(MCまったくなしの演奏だったし)
うっかりアンコールの拍手をしちゃったのは
客として、
もうこれで終わり、
と言われたら言われたで納得しちゃう濃さだったからででも、
客として
もっと聴きたい、
もっともっと
せめてあと少し、
って思う音楽だったから。
2ステージ目は、
灰野さんのハモニカがぶわっぶわっと雄叫ぶ曲から始まり、
リズムには
踊りが似合うものばかりじゃないんだぜっていう、
はいつくばってのたうち回ることこそが似合うようなリズムが鳴り、
そこからまた光に回帰するような
舞踏性へのテンポへ、
幾度かのそんな反復、

かんぜんに連れていかれた。



きめた今日から鼻を見る、
PHEWさんと山本さんのアルバムで
何度も聴き知った歌が
まさかのアレンジで
始まったときにも
テンション上がりまくりましたよもお、
あああああああぁ、
おうあおうあおうあ


10時過ぎてのアンコールに応えて、
一楽さんが「歳が歳ですし」ってご挨拶、

あー、
いやほんとうに
ありがとうございました!

記憶、

January 11 [Mon], 2010, 11:24
それは記憶なんでしょうかね、

昨夜、
大友良英トリオを聴いていた、ときの感覚が
身体から
すこしずつ抜けていくのが
ちょっと淋しい。

旅の、

January 10 [Sun], 2010, 19:41
主目的*メイン が開場、
シンビのホール、
おお、
ステージが床だ、
これもフリージャズのフリーゆえ?

雪です、カウントダウンライヴ行きは中止〜(;_;

December 31 [Thu], 2009, 19:22
早番の仕事終えて一路新宿ピットイン行って、
朝葛西臨海公園の日の出みて戻って昼から仕事、
ていう強行スケジュールに挑もうかと思いましたがなにやら、雪、
地元は雪。
明日勤務時間までに戻って来られんかも、
って思うので
行くのやめよう…






うう。

明日、
南さんと菊地さんが一緒にやるのになぁ。



しょぼん。

平成の格好でも

December 27 [Sun], 2009, 22:06
迫害されなくて良かったですーザ・シロップ♪

てか別に昭和コスプレ大会でもなかった、
フロアは。


ライヴ前と
サーヴスてんこ盛り
(ゲルさんコレクションのモンド映像
 and
 わかんないけど激レア音源レコード
 ともに解説付き)の幕間と
ライヴ後の
音楽と映像がこれまた、
サイケかっけえぇ昭和音楽すげぇ(;□;)!!
って
シロップのライヴそのものもそうなんですが
ものごっそインパクトありました〜♪



ココロ惹かれるものに注ぎ込まれるエネルギーったらもう、
素敵に美しいよ('_')~

2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31