梅干 天日干し

July 16 [Sun], 2006, 5:08
梅を干すのは「土用(土用丑?)の頃」と言われている。
でも14日15日と、とても晴天が続きそうだたので、
少し早いのかな?と思いつつも、早く終わらせて
しまいたかったので、梅を天日干しすることに。

大きな「盆ざる」に梅と紫蘇を並べて、外に干す。


右側・・・小梅。紫蘇を普通に入れたので、綺麗な色に
     染まってる。ん〜いい感じ

左側・・・親戚の家で収穫した普通の大きさの梅。
     思うような紫蘇が手に入らず(ちょっと時期を逃したみたい)
     気に入らなかったので、「白梅でいいや〜」と3キロに対して
     一把の紫蘇しか入れなかったので、色がとても薄い。
     しかも薄ピンクになってるものと、黄色っぽいものと2種類
     出来上がっている、これは何でだろう





  干し始め・・・                2日目の午後には、水分が抜けてこんな感じ

  












干し上がった梅を、瓶ごと暖めておいた梅酢に戻して・・・。
「美味しそうだな〜」となったら完成

紫蘇もカリカリに干上がっているので、そのままフードプロセッサーで
細かく砕いて、「紫蘇ふりかけ」の完成。
1年間、おにぎりやご飯に使いまーす

梅 2サイズ

June 24 [Sat], 2006, 22:29
先週末、叔父の家で収穫した梅。
月曜日の夕方に、塩分15%で漬け込みをして5日目。



こんな感じに、梅酢が上がってきた。
南高梅だと、果肉が厚い分、梅酢も沢山出てくるけど、
家の庭で収穫した梅だから、これでも予想よりは
沢山出てきている。

紫蘇が安く手に入ったら、紫蘇入れをしよう・・・。

先日、紫蘇を入れた小梅はというと。


こんなに綺麗な色になりました
あとで「紫蘇のふりかけ」を作りたいので、
紫蘇は沢山入れたいのは山々だけど、
あまり入れると、どす赤い(と言うのか?)梅干に
なるので、兼ね合いがなかなか


梅シロップ・梅サワー

June 22 [Thu], 2006, 6:23
     梅サワー・梅シロップ



今年も梅サワーとシロップを作ることにした。

サワー
梅400gとリンゴ酢1瓶と、氷砂糖をほんの少し

1年経つと、角が取れてとってもまろやかな
美味しい梅サワーが出来ます♪

それを割って飲んで疲れを取ったり、
ドレッシングの代わりに、生野菜にかけて
さっぱりと食べたり。。。美味しいよ

今年は去年作ったサワーを飲んでます。


梅シロップ

梅1キロを一晩凍らせて、氷砂糖300g(甘さ控えて)と、
消毒をかねてほんの少しだけホワイトリカーも瓶の中へ。

去年作りすぎたので、今年は止めようと思ったけど、
シロップが出来た後の、トロリとした梅を食べる
楽しみと、その梅のジャムをパンに塗る楽しみの
ために1キロだけ。

トロリとした梅を食べるためには、熟した梅で
シロップを作らないとダメ〜。
青梅では、硬い梅になって、トロ〜ッとはしないのだ

1度冷凍したせいか、梅の色が「まるで梅干」のように
少し赤くなている・・・
これからまだ氷砂糖が溶けて、梅エキスが出て、
それで完成。

飲んだり、少し凍らせて砕いて
ちょっとソルベ風、カキ氷にもかけたり、ゼリーにしたり、
夏の間活用性大


梅酒

去年「果実酒用ブランデー」で沢山作ったものが、
今飲み頃。

でも私はアルコールは全く飲まないし、ヒデ氏も普段は
飲まないから、まだまだ沢山残ってる。

ので今年はお休み


紫蘇の入れ込み

June 12 [Mon], 2006, 3:01
さくらんぼ狩りに行った時に、近くのJAでシソを安く発見
したので2束買ってきた。 だいたい梅1キロに1束使用。


紫蘇の葉っぱだけを摘みとり、盆ザルで洗って乾かす。

このザルは直径60センチくらい???
キッチンカウンターにピッタリ収まる大きさ。
ここにテンコ盛りの紫蘇を乗せる。


この紫蘇を、大きなボールに入れて、大さじ1.5杯の塩を振り、
混ぜながら揉む。 すると濃い紫の汚い汁が出るので、
力の限り絞り取る。 再度ボールに戻し大さじ1.5杯の塩を振り、
揉み解すように塩を混ぜ、またしても出てきた汁を力の限り絞る。

小さい塊になった紫蘇をほぐし、そこに梅から出てきた
「梅酢」を掛ける。 と・・・とっても綺麗な紫の、梅の色。
その紫蘇と梅酢を、梅の容器に戻して出来上がり。



本当は、梅酢がスッポリ覆っている方が良いけど、小梅は梅酢が
沢山出てこない上に、紫蘇が水分を吸収してしまったので、
梅酢が被りきっていない。 
1日1回、容器を回して、梅酢を全体にいきわたらせ、注意しながら
7月末、土用丑の辺りの、天気の良い日を待ちます。

終わったあとの、私の手はこんな風です。

梅干 2006

June 01 [Thu], 2006, 13:49
梅の季節です

今年で4年目の「梅干作り」
塩とシソ以外の、余計な物の入っていない梅干を
食べさせたくて、今年もまた梅干作り。

1,2年目は大成功だったのに、去年は気の緩みからか、
屈辱の「カビ」発生。
今年は気を緩めず頑張ろうと決意する次第です。

まずは小梅。
熟した小梅は売っていないので、店頭に並んで
数日過ぎた、ちょっと熟し始めた小梅でつけます。
でもまだまだ青いので、硬めの梅干になるでしょう。。。


2キロを15%の塩で漬け込み。


アク抜き&種離れを良くするために、数時間水に漬ける。


ざるに広げ、水分を乾かし、梅の「ヘタ」を取る。


梅→焼酎少々→塩の順に、数回に分けて入れる。



4キロの重石をして、紙で蓋をして、冷暗所に保管。
これから毎日最低1回、様子見がてら、
容器をゆすったりしながら、梅を動かす作業をする。
これが案外楽しみ。
「今日はどうなってるかな〜?」って



 翌日1日目 水分が少し上がっている



2日目 うーん良い感じ、良い感じ




今年は絶対にカビが発生しませんように・・・




HANA*PPE
■代替テキスト■
ハナッペ  
お菓子やパンを作るのが楽しい。                  でも毎日の食事は非常に苦手・・・ 予算もなく、食べたい物だけ作るなら楽しいんだけどな〜
夫・・・ヒデ氏 長女・・・ハナ子 2000年1月生まれ    長男・・・ペー助 2004年9月生まれ との4人家族
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31