そもそもの始め〜父母のことをチラリ

2005年08月21日(日) 1時00分
貧乏な朝鮮人が、大抵そうであるように、我が家は、朝鮮総連のお世話になっておりました。それで今だに「金日成将軍を讃える歌」が歌えます。しかし只のカタカナで覚えたので、歌詞の意味は分りません。正式なタイトルも知りません。父は本気で共産党をやってました。つまり、本気で革命をやるつもりだったわけです。しかし、共産党は革命闘争をやっていた癖に「平和人権反帝国主義」とお題目を唱えているうちに、自己矛盾を起こし、政治団体というより、むしろ宗教団体のようになってしまいました。今じゃ戦うどころか小学校の運動会まで「競争させちゃ可哀想だ」なんて言い出す始末。革命をせずスローライフにはまる「共産党」なんてカフェインのないコーヒーみたいなモノで、そもそもなんのために存在しているのか、わかりません。おかげで自民党からは相手にもされず、公明党だけに(宗教だから?)目の敵にされてます。父は私よりも典型的なADHDで、衝動的だけど、頭が柔らかいので、こういう矛盾にすぐ気がついてしまいました。機動隊の催涙ガス弾を素手で投げ返していた父は「カクメイ」の「ヘイタイ」だったわけで、戦わない共産党には、用なし。挫折です。
 母は学校の先生で当然のように日教組でした。つまり共産党カップルで2人は夫婦別姓でして、戸籍上は、内縁関係。私は母の戸籍に入って日本籍。父は、祖父母の出身地とは、全く関係なく北朝鮮籍。貧乏人の面倒をみてくれるのは、朝鮮総連だけでしたから。
 2人はオートバイの2人乗りでデートして、こけて怪我しても、スカートで隠して、知らん振りして帰り、結婚したら2人でインドへ行こうと、相談していたという、お茶目な、バカップルです。インドと言えば、’60後半はヒッピーの時代です。しかし、いっときますけど、2人共、ビートルズ世代では、ありません。それよりずちょっと上で戦時中の生まれです。ビートルズどころか、父は戦後の流行歌の「りんごの歌」さえ、さびの所で「♪り〜んご〜の っきもぉちぃはぁ♪」と「気持ち」が「っきもぉちぃ」になるのが、人をばかにしてるようで、どうしても、許せない!と言ってた人なんです。なんでインド?
 
 
 
  • URL:https://yaplog.jp/hanano-raika/archive/2
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。