休息

August 29 [Mon], 2016, 22:14
 とにかく体がだるくて
長時間休みました。

 休むと、自然とまた活力が
沸いてくるものなのですね。

 そういうものなんだ。

 ワクワクな一日を!

柏原市へ

August 28 [Sun], 2016, 22:16
 今日は、レッスンをしている生徒が
通っている芸能スクールの発表会が
あるということで、柏原市へ行ってきました。

 久しぶりに電車に乗りましたが、
窓から見える風景一つをとっても、以前とは
感じるものが違うようです。

 なぜ、街路樹があるのかってこと。

 都会では、土とはほぼ切り離された暮らしを
しているわけですが、道に街路樹が植えてあったり、
公園には草木が生えていたり。

 それには、理由があるんだね。

 僕たちは、動物的な本能として
緑を求めているところがある。

 緑の周りには、動植物が生息しており、
本来は、その様々な生命体の命の連鎖があって、
僕たちが生きている、生かせてもらっているということ。

 随分、忘れてしまったことだとは、
思うけど、道を歩いていて、トンボが飛んで行ったら、
なんか季節を感じたり、耳をすませば、
虫の鳴き声が聞こえたり、そういうことに
なんとなく心が喜ぶのは、自然なことなんだと思う。

 さて、発表会は、
スケールが大きくて、びっくりしました。

 プロのアーティストのコンサート会場並みの
照明や音響機材が並んでいました。
レーザー光線が飛び交っていました!

 キッズとは思えない動きをしていて、
積み重ねてきたものを感じました。

 さらなる成長を楽しみにしていますー!

 

パンの行方

August 27 [Sat], 2016, 9:08
 昨夜、発酵させておいたパン生地ですが、
あまり膨らまず・・・(笑)

 しかしながら、4時45分くらいに起きて、
分割、整形して2時発酵。

 で、そのあと、田んぼに行ってきました。

 

 やはり、左側のイノシシに荒らされたところは、
見るも無残・・・

 まだ無事なところでは、
赤米の稲穂が少し垂れ下がっていました。

 たわわに実っています。

 

 今朝、田んぼに行っておいてよかったです。
水路が外れていて、田んぼの水が切れていました。

 お米作りは、日常的な水の管理も大切になってきます。

 家に帰り、パンを焼きました。

 

 発酵が弱かったので、かたいパンになってしまいましたが、
味はおいしい。

 パン種の段階の雰囲気と、それを使った時の
パンがどうなるか、成功と失敗を重ね、
だんだんとわかってきました。

レッスン

August 26 [Fri], 2016, 22:16
 今日は、歌のレッスンのお仕事!

 朝のうちに、ご飯の支度〜後片付け、洗濯を済ませ、
その後、畑へ収穫に。

 ちょうど精米したので、精米所で米ぬかを手に入れて、
それを畑に還してきました。

 畑に生えているイチジクがいい感じに熟してきていて、
いくつかもぎってきました。

 生で食べてもおいしいのですが、
たくさんあるので、ジャムにしようということで、
ぐつぐつ煮込みました。

 同時進行で、収穫できたトマトで
トマトソースも作ったりなんかして。

 保存食づくりは、楽しいね。

 さて、お昼からはレッスンでした。

 いま、島唄を練習しているのですが、
みなさんの歌声が素晴らしく、感動ものです。

 島唄というのは、沖縄での戦争の悲惨さ、
そして平和への願いを込めて作られた曲で歌詞の中身をかみしめながら聞くと涙が出てきます。

 そして、今は、ファムレウタという沖縄の曲が
リピートで流れていますが、これまた、心に響いてきます。

 歌詞は、うちなーぐちで歌っているので、
ほとんどわからないのですが、メロディと響きと、
声と、全体が溶け合って、素晴らしいですね。

  イチジクで酵母を起こしたので、
自家製酵母のパンを仕込みました。
ぼちぼち寝るとします。


 しかし、さっき仕込んだから、
夜中に起きて、二次発酵させなきゃ
酸っぱくなるだろうなぁ・・・

COCO de Planter`sさんのところへ

August 25 [Thu], 2016, 20:55
京都の南丹市で食やエネルギーの自給などに積極的に
取り組まれているCOCO de Planter`s さんに
会いに行ってきました。

急なお願いにも関わらず、
快く応じて下さって感謝。

普段の調理には、薪を使った
キッチンストーブを使っておられました。
オーブンもついていて、お湯も沸かせるという
すぐれもの。
ヨーロッパのメーカーのものだとのことでしたが、
とても優れた調理器具って感じでした。
素晴らしい。

次に、初めて見たのが、
ソーラーボイラー。



太陽の熱を集めることで、
水を温め、お風呂に使っているとのこと。

60度近くまで温度が上がるとのことで、
お風呂には十分ですね!

井戸水も使っておられました。

車も、てんぷら油の廃油で走れるように
改造された車に乗っておられました。



これは、てんぷら油をろ過しているところ。

持続可能な暮らしってのは、一つの側面からみると
少々手間暇がかかる暮らしとも言えるのかもしれませんが、
そういうことの中に、喜びであったり安心感であったり、
もちろん実益も兼ねていたりするし、
やっぱりいいなと実感しました。

COCO de Planter`s さんは、
そういう暮らしが、すっと生活の中に馴染んでいるんですよね。

とても温かい奥様と、野生的なお子さんたち。

話を聞いていても、うんうんと共感できることが多く、
刺激的な一日でした。

洗濯機の分解洗浄

August 24 [Wed], 2016, 19:13
我が家は、洗濯の際に粉せっけんを使っています。

そのためか、石鹸カスがたまりやすいようです。

最近、洗濯した後の衣服に、ワカメのような黒いものが、
つくことが増えてきました。

というわけで、思い立って、
洗濯機の分解洗浄をしました。

もう5回目くらいなので、
慣れてきました。



ネジをはずして、ナットを外して、
ちょちょいのちょいと。



洗濯槽の裏側を見ると、やっぱり!
真っ黒だ・・・

ということで、たわしでゴシゴシすると・・・



ぴかーん!

洗剤使わなくても、こすれば綺麗になりますねー!

分解洗浄のあとは、
組み立て。

これがちょっとややこしかったのですが、
今回は、とてもスムーズに。

ピカピカの洗濯機は気持ちいいね!

こういうのも、業者に頼んだら、
えらい金額になりますからね。
自分で出来ることをどんどん増やしていこう。

紫蘇ジュース

August 23 [Tue], 2016, 22:17
今年3回目の紫蘇ジュースづくり。

畑では、赤紫蘇が勝手に育っていて、
有効活用しようということで、
梅干に使ったりしましたが、
ぐんぐん育っていくので、
紫蘇ジュースにしています。

洗って、
たっぷりの水にいれて、
火をかけてゆでる。
15分くらいかな。

煮えた紫蘇を出して、
砂糖などで適当に甘みを付けて、
そのあと、酢をいれる。

レモンがあったら、それがいいらしいですが、
ないから、米酢の富士酢。
富士酢はいいねー!

それを空いた瓶にいれてと。

随分前に大三島とかで買っていた
天草があって、
それでトコロテンを作ったのですが、
そのトコロテン(寒天)をさいの目に切って、
それに紫蘇ジュースをかけて食べる。

これが美味しいんです。

フローズンを作る便利グッズみたいなのがあって、
紫蘇ジュースフローズンを作ったり。

時間をかけて、手間暇をかけて
丁寧な暮らし。

やられました

August 23 [Tue], 2016, 21:05


今年始めた田んぼ。

畔づくりから、取水工事をはじめ、
苗床を作り、苗を育て、田植えをし、
水の管理をして、見守ってきたお米。

イノシシにやられたー!鹿も入ってたー!

稲がなぎ倒されて、穂の部分が食べられてる・・・
畔豆としてまいた、大豆の若い葉っぱが鹿に食べつくされている・・・

田んぼ周辺のイノシシ被害がすさまじいのは
わかっていたので、柵を作ってはいましたが、
こちらの甘いところをまんまと突かれました。

柵自体は、友人にも助けてもらいながら、
田んぼ周辺でとれる竹を利用して作っていました。



田植え直後の様子。

8月の頭には、すくすく育って・・・



稲穂が出てきて、ワクワクしていたところでした。

獣害って、頭ではわかっていても、
いざ当事者になって体感してみると、
その厳しさは、なんとも言えない徒労感があります。

この田んぼの周辺のイノシシは、
食べ物に困っているのか、荒らし方がひどいようです。

周辺で、ダムの工事や高速道路の工事で、
山がなくなり、野生動物の食料はどんどん
なくなってきているんだろうなぁ。

周辺の林だって、手つかずの荒れ放題。

ひとたび、人が手を入れた山、
かつては共に暮らしていた里山の環境は、
人が手をかけ続けないと、荒れていくんですよね。

こういう事態は、全国的にどんどん増えていっている一方だと
聞いています。

山があり、川があり、海があり、雨が降り、
生き物がはぐくまれ、その恩恵で
ぼくたち人間も生かされているということを、
知ることがとても大切だと思う。

小さな微生物たちだって、
巡り巡って僕たちの命と繋がっている。

なかなか現代の日本で、特に町で暮らしていると、
自然との関わりを普段の暮らしで感じることは
ほとんどないので、
そういうった生物の多様性や、山の重要性を
体感することは難しいと思うのですが、
実は、めちゃめちゃ大切。

思いを巡らし、想像力を働かせて、
前向きに取り組んでいきたいです。


今日は、イノシシ・鹿対策ということで、
友人と一緒にネットを張りました。

夏野菜の成長

August 22 [Mon], 2016, 20:14


これは約2週間前の収穫です。

今年は、トマトがいい感じに育っています。

不耕起、無農薬、少肥料でチャレンジして、
4年半くらい。

だんだんと、土が変わってきているのを実感します。

何か所かの畑で、野菜を育てているので、
野菜の成長の違いが、はっきりとわかります。

摂津峡のほとりにある畑は、
一番長く取り組んでいるところで、
明らかに生命が豊かです。

草もいろんな種類の草が生えているし、
地面を覆っている草をはぐれば、
たくさんの虫がいる。

特定の虫に集中攻撃されて
野菜が育たなくなるということは、
なくなってきました。

何というか、安心感が高まってくるようです。

今の時期に露地栽培で収穫できる野菜は、
ある程度決まっていて、
そればっかり食べる毎日です。

でも、それがいいんだと思っています。

遠い地から、多くの輸送エネルギーをかけて
運んできた食料にも、
恩恵は感じていますが、
できる限り、自分の暮らしがある地域で
食料を賄えるようにしたいと思います。

スーパーで野菜を買う機会は随分減りました。

例えば、焼きそばをするときでも、
わざわざキャベツを買ってくるではなくて、
夏野菜をふんだんに使った焼きそばに。

それでいいし、
むしろ、
それがいい。

今日は、カレーを作りましたが、
トマト、ジャガイモは、畑でとれたもの。
玉ねぎは、いただいたもの。
スパイスであるコリアンダーとターメリックも実は
畑で採れたものを使いました。

地鶏の肉を多めにいれたこともあって、
とてもおいしいカレーが作れました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:小濱達郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:2月8日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
ゆっくりと、ぽかーんと、
幸せ感じながら・・・


2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる