最近は毎朝 畑に

July 23 [Sat], 2016, 21:34
朝5時くらいに起きて、
梅干を干す準備をして、ざるを外に出し、
畑へ出発。

2時間くらいの作業は、あっという間。

草刈りをしたり、里芋の土寄せしたり、
トマト、きゅうり、オクラ、ニンジンなどの収穫、
みょうがや、ニラ、紫蘇なんかは、
家族では食べきれないくらいにできている。

頭で考えることから離れよう

July 15 [Fri], 2016, 21:19
人の気持ちをあれこれと考えるよりも、
まずは、自分が何をしたいのか、
そこにもっと本気で向き合わないといけない。

徒然と・・・

July 14 [Thu], 2016, 22:28
世界中から戦争をなくすことは できるのでしょうか?

世界中から、社会的に虐げられて、苦しい思いをしている人を なくすことはできるのでしょうか?

どんな状況におかれたとしても、心が豊かであれば、幸せに生きられるのでしょうか?

人類の歴史は、戦争の歴史でもあるようです。

現代社会においても、いまだに戦争は続いていて、それらが収束する気配はまだ感じられない、

僕の住んでいる大阪では、それなりに平和な日々が続いている。

平和とは何か?

戦争状態ではないことでしょうか?

飢えで苦しむことがなく、寒さや暑さ、雨露をしのげる住まいがあり、
時には起こり、時には笑い、自分のやりたいことができる、そんな毎日のことでしょうか。

その一方で忍び寄る、近い未来の危機を感じ、憂い案ずる。

それは、自分の知らないどこかで、
誰かが理不尽に苦しんでいる現実があることを知っているからなのかもしれない。

日本では、大阪は平和かもしれないけど、
在日米軍の基地が多くある沖縄をはじめとした地域や原発事故のあった福島はどうだろう。

この町の平和の陰に、そのようなどこか遠い町での、平和ではない現実がある。

それは、平和と言えるのだろうか。

戦争の当事者同士は、両者ともに正義を抱え戦っている。
勝ったほうが幸せで、負けたほうは幸せでないのか?

もしその戦争が仕組まれたものだったら?

仕組んだ人たちは、幸せなのか?

何をもって幸せとする?

権力?お金? それは他人と比較した場合、上下関係が明白だし、所有欲は満たされるのかもしれない。

でも、その先には何があるんだろう。

自分の幸せのために、誰かを殺す。

生きるために、動物を殺して食べる、植物をころして食べる。

本当は、食べた後の排泄物であったり、死んだあとの肉体が、
他の生物の命へとつながって循環していっている。

だから、一方的に人間が搾取しているというわけでは、本来なかったはず。

だが、今は、人間は搾取してばかり。
搾取にとどまらず、無慈悲に破壊をする一方。

だから、生態系はバランスを崩し、
地球の環境は悪化してきている。

一方で、自分の幸せのために、他の誰かを犠牲にするということは、
生きていくうえで、必要のないこと。
自分の幸せを得るために、他のものの幸せを奪う。そこにある幸せとは一体なんだ?


自分と違うものを排除しようとする感情。

大事な人やものを守りたいと願う感情。

自分の力を誇示したいという欲望。

より自分の力の行き届く範囲を広げたいという欲望。


やられたらやりかえす。

そしてまた、やり返されたほうも、再びやり返す。 繰り返し。


大切なものを守りたいという感情。

この感情ほど、当たり前で、その反面危ないものはないように感じている。

どこからどこまでが 大切で その境目を超えると大切じゃなくなるの?

そもそも、どこかで繋がっているはずでしょ?

じゃあ、どこに線引きがあるの?

家族? 友達? 国? 宗教?

家族は何としても守りたいけど、知らない人は関係ない?

本当にそうなの?



一度、関係が崩れてしまったものを 修復することは出来るのだろうか?

いま、世界は大きな危機をはらんでいる。

その一方で、もしかしたら、大きな愛の時代へと舵を切ることができる時代なのかもしれない。

その希望を捨てることなく、自らが思いをつなぐ懸け橋となり、すべての人が持っている
心の美しさを見つめなおしてみよう。

それこそが、一番大切なことなんじゃないか。

政策、方法論を語るもよし、知恵を絞るもよし、
でも、きっと最終的な部分では、人の心しかない。

お互いが、いやな気持になることなく、お互いが喜び合える。

そんな関係性を築くことができたら。



日本は、いま、憲法改正、集団的自衛権の行使、基地問題、原発問題、社会的弱者、格差の拡大、年金問題、など様々な重要な問題を抱えている。

賛成、反対に分かれて、意見を戦い合わせ、どちらが論破した、勝ち負けを決めることに、
もはや執着している場合ではないだろう。

事態は、歴史的な背景もあり、極めて複雑な問題で、1か0かで決められる問題ではない。



yesを唱える人の、その真意、根本的な感情がどこからくるものなのかを共に掘り下げ、
またnoを唱える人にも、yesの人の感情を他人事のように切り捨てることなく、自分自身のものとして受け止めること。

この感情の問題を ないがしろにしたまま、論理的な方法のみで解決することなど
できるはずがないのだ。


確かに、幸せの定義は人それぞれに違う。
その定義を押し付けることなんてできないのかもしれない。

でも、どこか一つでも共通するところはあるだろうと、願わずにはいられない。

本当にこのまま憲法改正へと進むのか・・・

July 08 [Fri], 2016, 9:27
大手メディアの情報によると、
改憲勢力が2/3に届きそうらしい。
ほんまか?

でも、街中で選挙にいこうとチラシを配っても、
反応は薄いように感じる。

知らない。
無関心。
政治なんて興味ない。

でも、
憲法改正って、めちゃめちゃ大事なことです。

改正草案で
どう変わるのか、
もしくは、
変わるかもしれないのか、
そのあたりを、
しっかり理解しないままに、
変わってしまうのは、危険だと感じています。

国民主権、とか、基本的人権とか、平和主義、とか、
漢字ばっかりで、
中学の時の社会の授業を思い出すようで、
意味を理解しようという気持ちになりにくいのは確か。

でもちょっと待って。

選挙、政治にも、もっと向き合っていきたいよ。


投票にいこう!

July 04 [Mon], 2016, 23:59
 参議院選挙の真っただ中です。

 今回の選挙は、これからこの国が
どこへ向かっていくのかを決める、
めちゃめちゃ大事な選挙だと思っています。

 では、僕にできることって何だろう。

 そう考えて、

 今、駅前に立って、
歌を歌いながら、投票にいきましょう。

 と呼び掛けています。

 友人に投票にいこう!という内容のチラシを
配ってもらっています。



 政治のことがもっと僕たちの
身近なものであったらいいな。

 半数近くが投票に行っていないという
現実があって、そこを何とかしたい。

 改憲草案のこと。

 今回の、最も大切な争点です。

 この改憲草案を読んでいなかったら、
僕自身、こんな行動には出ていなかったかも
しれません。

 知らないまま、無関心なままでいるには、
あまりにも重大。

 一市民が街頭でできることは、
範囲が限られている。
でも、少しでも
選挙のことへの関心を高めることができたらと
思って、続けています。

 昨日までに
7日間 一時間ずつやってみました。

 明日、あさってもやる予定です。

 そして、身近な人へも、
選挙の話題をしていきたいなと思っています。

ライブのお知らせです

July 01 [Fri], 2016, 21:17
7月8日(金)祇園SILVER WINGS

■OPEN 18:30 ■START 19:00
■ADV ¥1,700+1drink
■DOOR ¥2,200+1drink

出演者(出演順)
1.Takacho
【19:00〜19:30】
2.小濱達郎
【19:40〜20:10】
3.前田和亮
【20:20〜21:50】
4. Sentimental Lion
【21:00〜21:30】
5. 杉本民名
【21:40〜22:10】

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:小濱達郎
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:2月8日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
ゆっくりと、ぽかーんと、
幸せ感じながら・・・


2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる