高分子フィルム用い野菜栽培実験

February 02 [Mon], 2009, 21:55
 島根県農業技術センター(出雲市芦渡町)が、早稲田大発のバイオベンチャー企業、メビオール(株)(神奈川県平塚市)が開発した高分子フィルム(養水分透過膜)を使ったイチゴやトマト、青ネギの栽培を実験している。水と栄養分のみを通す同フィルムで養液と植物を隔離する仕組みで、品質向上や病原菌汚染の防止、コスト削減などにつながるという。既成概念を覆す斬新な手法で、現場での普及に向けて生産体系の確立を目指す。

高分子フィルム用い野菜栽培実験(2月3日号)

こういった、生産技術を駆使すれば、日本も将来、食料輸出国になれるのではないだろうか。

  • URL:https://yaplog.jp/hackingnice/archive/24
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R