対馬から韓国人による仏像盗難相次ぐ 

November 30 [Sun], 2014, 13:05
先日、対馬からまたも仏像が盗難された。

何でも朝鮮半島で作られたものだそうだ。

対馬に観光に来ている韓国人によると「韓国で作られたものだから盗んでも構わない」とのこと。

少数ではあるが、秀吉の朝鮮征伐の時に持ち去った文化財や大日本帝国が併合していた時代に

持ち去ったものも確かにあるかも知れない。

しかし、時代の古いものは、朝鮮半島から仏教が伝わった頃に日本で買い取ったものだ。

彼らの論法からすると、朝鮮半島で作ったものは、まともに金を払って手に入れたものでも

韓国人は盗んでも構わないということになる。

ということは、サムソンやLGのスマホや電気製品を買った人は、いつ韓国人に盗まれても

文句が言えない。韓国焼肉が好きな人やキムチが好きな人は身体が韓国製なので、

何時韓国人に誘拐されても文句が言えない。という事になる。

むちゃくちゃな民族である。

みなさん!危険なので韓国製品や、韓国食品は買ったり食べたりしてはいけません!!

日銀にメール:インフレ・ターゲット論について! 

October 11 [Thu], 2012, 12:39
「デフレ脱却、日銀には果断な政策運営を期待=野田首相
ロイター 10月11日(木)6時7分配信

10月11日、野田佳彦首相は、早期のデフレ脱却に向けて政府・日銀が協調して取り組む必要性を訴えた。」
との報道であるが、歴代の政権は常に「デフレ脱却」を訴えており、その責任が日銀にあるかのような主張を繰り返してきた。

政治家というのものは自己の責任に属するものであっても、他人に責任転嫁する特質がある。

1.まず第一に現在の日本におけるデフレ構造は、高齢化によって年金生活者が増加、低賃金労働によって低収入者が増加、失業などから生活保護に転落し、脱却
できない者の増加、による安い物を求める需要が大変に強く、「デフレ圧」となっていることに起因する。
2.しかしながら、下手な金融緩和は商品市場に資金を供給し、実需に流れず、徒に原材料価格を投機的に高騰させるに過ぎないことは既に実証されている。
3.かといって、日銀職員が機関銃をもって、これら低収入者を”果断に”殺害して歩くわけにはいかないのは論を待たない。
4.この「デフレ圧」を解消する最も効果的な方法は金融緩和ではなく、企業による雇用者の賃金値上げである。
5.企業の利益・株主への配当を当面削ってでも、数年程度正規・非正規を問わず賃金を上昇させる。
→この雇用者の収入増加によって国内でモノやサービスを販売する業者は原材料価格が高騰した分の価格転嫁が充分にできる価格設定が可能となる。
→結果として一時的には企業は利益を犠牲にすることになるが、最終的には消費者でもある雇用者の賃金上昇によって、物価が上昇し、充分な利益確保
ができる。
→このサイクルに入るまで数年程度はかかるものと思われる。

したがって、経済団体に対して賃金を上昇させるように圧力を掛けられるかどうかの「政治力」の問題であって、日銀が努力をする・しないとは無関係の問題
である。日銀も言うべきははっきり言った方が良い。「デフレ解消できるかは貴方達の政治力の問題である」と。

国民より政局に走る自民・公明-日本滅亡への画策か? 

September 08 [Sat], 2012, 13:31
国会が閉会した。自民・公明は「とっとと衆議院を解散しろ」と圧力を掛けるために、「特例公債法案」を廃案(参議院で審議しない)にしてしまった。今、日本国の予算は税収が半分・借金が半分で成り立っている。(一般会計)で、一般会計の約40兆円余りの国債発行の大部分は今までした借金を返すための「借換債」である。実際に国の事業に回している金額は6兆円くらいしかない。

更に特別会計での借金がある。「国債整理基金特別会計」での今年度返済予定分の借金である。こちらは大きい。百数十兆借金を返すための借金を国債で発行しなければならない。
つまりは、国のやる事業に対して税収が少ないから、赤字の埋め合わせとこれまでの借金の今年返済分も無いので、これも利息を含めて借金で賄う。。悲惨なまでのサラ金地獄のような会計である。無論「財政法」では「赤字国債は発行してはならない」という決まりがある。でも足りないものは足りない。なので毎年度”特別に今年度は赤字国債を発行してもいいですよ”という法律を作ってきた。これを決めたのは何を隠そう自民党である!今回、谷垣総裁は「赤字国債を安直に発行しすぎる」云々テレビでは言っていたが、”安直に赤字国債を発行するように慣例を作ったのは自民党”である。

つまり、自分達がやり始めたことの責任を今になって民主党に取らせようとしているのに過ぎないのだ!やり方が汚い!

この「公債特例法案」が通らないと、財務省は日本国債が支払い不能に陥らせないために、他の予算をバンバン削ってとにかく選挙でも何でもいいから、政治屋たちが納得行くようにさせて、「特例公債法案」を国会で通してくれるまで、耐え凌ぐしかない。安住財務によると、1.まず地方交付税は9月分・10月分全部の自治体あわせて7000億円払ってお終い。地方交付税は1ヶ月当り1兆円ちょっと自治体に交付してきたのだから全体で3000億以上支払わないことになる。更に国がやるべき仕事(法定事務)を自治体に代わってやってもらっている(自治体の仕事の8割はこれである)事に対する支払いである国庫交付金も払えない
。この中には義務教育費(主に小中学校の教師の給与)、戸籍、介護保険医療費、生活保護、障害者福祉など国民生活に重要なものがたくさん入っている。

こういうものに支障をきたしてでも、「選挙をやって自分達が総理や大臣になりたい!」というのが自民・公明の議員たちなのである。これではもう、どうにもならない。開発途上国のいい加減な汚職政府の意識となんら変わりが無い!

さて、「自民党が保守政党だ」と信じている人にはショックだろうが、実は1955年に自民党が出来た時に多額の資金を提供したのはコリアンである。通称名 笹川良一、本名文尭、あのいかがわしい「統一教会」の文鮮明とは親戚である。当然日本で統一教会を布教するに当っては自民党が影になって協力した。
詳しくはhttp://pojinihon.fuma-kotaro.com/「日本の未来を考える」サイト冒頭の文字リンクをクリックして内容を見て欲しい。
どうして、尖閣に日本人が上陸してはいけないのか?どうして拉致問題は解決つかないのか?何故竹島を韓国に盗られても満足な対応をしてこなかったのか?自民党の謎が解けると思う。

コリアンは日本の支配者になりたがっている。最初、大韓帝国(当時は北も含んでいた)の李という大臣が「ロシアの圧迫に耐えられないので日本の領土にして守って欲しい」との申し出があった→日韓併合条約を結んで日本領土とした→近代化の遅れていた朝鮮半島に発電所・学校・オフィスビル。橋、道路、港湾整備など多額の資金をつぎ込んで近代化してあげた→日本が戦争に負けた→従軍慰安婦とか様々な問題をひっくるめて多額の賠償金を韓国に払った→戦後のドサクサに米軍でさえ「そこは韓国領ではない」と言ったのに竹島をかっぱらった。→そして在日コリアンたちは競艇やパチンコで儲けた金で自民党を操り、その後民主党も作った。→自民党が韓流ブームをマスコミを利用して作った→一方の民主党は外国人参政権を党の綱領に掲げた。→社会ではコリアンに批判的な人たちが学校や会社でイジメに遭って世の中からハジキ出されるようになった。

誰が見ても分る。これは日韓併合の時からコリアンが仕組んだ{日本乗っ取り計画}だったのだ!!

しかし、金欲しさにこんな計画に揉み手をして協力してしまう議員という連中が情けない!

我々日本国民は銃を持ってこんな腐った政治屋どもを殺しまくる以外に自分達の国を正常化する方法が無いのだろうか?


LED照明に変えてみた!! 

January 26 [Thu], 2012, 13:47
居間の蛍光灯が壊れた。何をどうやっても付かない。今月は長年壊れていたコタツを寒さに耐えかねて、ネットで「電熱器部分3900円」「コタツ布団2980円」というのを送料と振り込み料を入れて約8000円也で購入。古いコタツだが台はしっかりしているので、ヘッコラ取り替えた。

ヤレヤレ(^^;と思ったら、居間のガラス窓が割られた。朝起きたら、野球ボール大の穴が空いていて底から放射線状にヒビが入っている。寒い。。。「づぉ〜して居間ばっかりなんだ!!」凸(−−メ)と思ったが、不思議なことに外から石とか投げられたのなら、丸く割れた部分は家の中に落ちるはずである。ところが丸く割れたガラス片は外に落ちていた。おいらは割られたと思われる時間帯はぐっすり寝ていた。別の部屋だ。
「う”これはオカルトか!?」とも思ったが、とりあえずこの窓を修復しなくては寒くてテレビも見ていられない!といって、ガラス屋とかに頼むと板ガラスというのは高いので、多分工賃を入れると数万円はかかる。そんなに出したくない!おいらが割った訳ではないし。ということで、ホームセンターに行ってプラスチック(塩ビ)の透明の板+コーキング(ゲル状のシリコン)を買ってきた。プラ板1580円、コーキング285円。慎重にガラスの破片を取り去り、ガラスのシーリングゴムを外し、アルミサッシの溝も含めたサイズを測る。そのサイズより数mm小さめに(はめ易くするため)プラ板をハサミでカット。何とかはめ込んだ。当然溝より薄いのでガタ付きがある。その隙間を先ほどのコーキングで埋めていく。固まったらしっかり安定!何しろこのシリコンゴムというのは原発のセンサー類を取り付けた穴の漏れ止めにも使われているのだ。シーリングとしては最高の性能がある。

これで、一安心。。ではなかった。突然居間の(またかよ!)蛍光灯が付かなくなった。蛍光灯やグロー管の問題ではなく本体がイカレタようだ。「今月はもう出費したくない」と思ったので、秋にネットで買った「キャンプ用灯油カンテラ」を明かりに使った。実はパソ部屋用の暖房を電気ストーブにしていたのだが、電気使用量が馬鹿にならないため、暖房に使えないか?と思って買ったのだが、ススは出るは、あまり暖かくないわで、止めにしたものだ。早速、灯油を入れて夜使ってみる。なかなかムードはよろしい。でも8畳間を照らすには、余りに暗い!夜飲む薬があるのだが、どの薬か判別ができない!1週間頑張ったが、イライラしてきたので、どうせなら「今流行りのLED照明にしてやろう」と思ってネットで幾ら位か探してみた。LED電球を店より安く売っているショップがある。照明器具を店より安く売っている店もある。で、気に入ったものを選ぶと別のショップだったりして、送料と振込み料を加えると2000円くらい高くなる。悩んだ(・・;)

ふと「待てよ。LEDは電球タイプが主流。ということは子供の頃家で使っていた、例の松下幸之助考案」とかいう「二股ソケット」で充分なんじゃないのか?早速、ホームセンターに突っ走る。今月出せる予算はあと3000円しかない!行ってみたら、なんと「あるじゃ〜ん」(^v^)
昔懐かしい「二股ソケット」である。後は、繋ぐ布被服コードと肝心のLED電球と今の照明器具で使っている四角い電灯端子を買えばいいのである。

二股ソケット(片方が蛍光灯の豆電球用)254円
電灯用端子。。。。。。。。。。。。。。95円
布被服コード1m(m単位でしか売ってくれない)180円
LED電球(60Wタイプ)。。。。。。。。。1980円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計                 2509円
みごとに予算内である。

必要なものはたったこれだけ。但し豆電球のLEDはだいぶ前に蛍光灯に付けていたので流用。天井の端子を外したり、取り付けたりするのに必要な脚立は家に元々あった。

さて、組み立てである。
買ったLED電球は一番価格の安い「一般電球」というタイプ。大体80度くらいの範囲しか照らさない。他にもっと広い範囲を照らす「ボール型」と呼ばれるものがあるが、価格は1.5倍くらいする。照らす範囲が蛍光灯より狭いということは、余り低い位置に付けると部屋全体を照らすことはできない。
ということで、おいらの家の天井は床から2.4mなのでコードの長さを50cmに決定!
ハサミで布被服コードを半分にぶった切る。この時注意したいのは「布被服コードは切ったらそこから布がどんどんほつれていく」ということ。切る位置が決まったらその部分にビニールでもガムテープでも巻いて、巻いたテープの真ん中で切るようにしましょう!
で、使う方のコードの布をはがしてコードの後ろ側にめくると、こんな具合。

ふさふさになってしまう。これをまず、片側に電球ソケットのふた部分を通す。
ちなみに、写真を撮り忘れたけど、二股ソケットのふたを外してコードを付ける部分を出すには、
電球を付ける穴の奥にネジがあります。2つあって、一つはふたを止めているネジ。もう一つは電線を付ける中の電極を止めているネジ。もし、電極を止めているネジを先に外してしまったら(中でカラカラ音がする)、部品が散らばらないようにして、もう一つのネジを外してふたを取り、取れてしまった電極をネジで止めましょう。その際、何かプラスチックの板みたいなものが出てきますが、これは+と-極の絶縁用なので、もう一つある電極と外れた電極が触れそうになっている部分に挟むようにして一緒にネジで止めましょう。
さて、ふたを先に布被服線にくぐらせてから、ふさふさになった布をテープで止めます。線と線との間もテープを細く切って、ちょうど「Tバック」を穿かせたように止めます。

こんな感じ。ネットで調べたら、糸でTバック状に止めるように書いてあったのですが、かなり難しいです。余った布ふさふさはハサミで切りましょう!ほつれた糸が電極に触れるとショートする危険があるので、ここはきっちり止めるように。
反対側の天井に付けるコネクターも穴に線を通してから、先ほどと同じようにしましょう。
それぞれ、電極のネジに巻きつける長さの分だけビニール被服を剥します。おいらは昔模型工作をやっていたときの経験で、軽くハサミで剥く位置を満遍なく、軽くカジカジと切れ込みを入れて、中の銅線が見えてきたら、ビニール被服だけハサミに挟んで、栓抜きのようにグイっと引っ張ります。まあ、方法は人それぞれなので。
コネクターに電線を取り付けた状態です。

後は脚立に乗っかって、天井にコネクターを取り付けるだけ。ちなみにコネクターを天井に取り付ける時に瞬間的に大電流が電球を付けるソケットに流れることがあるので、LED電球はコネクターを取り付けてから、ソケットに付けましょう!

できあがり(^_^)v

電灯の明るさを表す単位としてルーメンスとルクスがありますが、放射線と同じでルーメンスは電灯などの光源の光の強さ(ベクレルと同じ)。ルクスは実際の生活場所での明るさ(シーベルトと同じ)
で、丸型蛍光灯のルーメンスは1400lm。60wタイプのLED電球は810lmで、実は蛍光灯の方が光源としては強いのです。ところがLEDもさるもの。電球の中に反射板を入れてあるので、実際に付けて見ると、丸型蛍光灯2本分くらいの明るさがあります。これで、実際の消費電力は8.9W!!全然少ないのです。
おいらは蛍光灯と同じ色の昼光色にしましたが、電球色、白色もあります。用途によって使い分けてください。案外このようなシンプルな方が自分でランプシェードを作ったりしてオリジナルな照明にできるかも知れません。また、感覚的には蛍光灯は新しくても1秒間に50〜60回またたいている(電力会社のHz)のですが、LEDはまたたきません。最初はちょっと奇妙な感じがしますが、目にはこちらの方がいいようなきがします。
ではでは。

今、日本にあるお金で、今年分の国と地方の借金が賄えるのか? 

September 21 [Wed], 2011, 14:58
今月20日、日銀から「資金循環速報4-6月期」が発表になった。そのまま掲載しても一般にはなじみの無い統計表なので、分かりやすく集計してみた。以下がその数字である。合計の数字の内、企業、政府、団体も含めた金融資産は約200兆円ある。7月以降来年3月までに発行される政府と地方の借金が200兆円以下なら多分大丈夫なのだが、かなりタイトな感じである。ちなみに表で「一般政府」と書いてあるのが国と自治体のことである。右側は、個人金融資産で、こちらだけだと96兆余りしか余裕が無い。シビアだ

次の表は資金循環統計に載っていない7月〜9月までの国の借金だ。これも財務省は「何月何日幾ら国債を発行した」というデーターしかないので、月別に計算した。(疲れた)10月以降幾ら国債や政府証券を発行するかは、1週間前にHPなどで公開すればいいことになっている(法律上)下手すると、パンクする可能性もある。何故なら株式などは+の資産として計算したので、207兆まで大丈夫と言っても、みんなが企業も含めて株を売り払って国債とかを買ってくれないと、シビアだからだ。

我が、日本国は毎年度返済する借金を、その年に新たに借金をして返済している!もう、とっくにサラ金地獄に落ちているのだ。つまり、予定した国債が売りさばけなくなったら、借金の支払いができなくなる。今年、償還(借金の返済)する分の国債の支払いができないと「デフォルト債(支払不能)」となって、日本国債は「ジャンク債(ゴミ)」と国際市場でランク付けされて、一般公募では売れなくなる。もし、中国とかが「それでもいいよ。買ってやろう」と言い出したら、財務省も民主党もホイホイ売ってしまうだろう!そうすると日本は中国の言いなりになるしかない!元民主の河村名古屋市長、「減税日本」党など作ってしまったが、馬鹿である。名古屋市も国から地方交付税を貰っている”生活保護自治体”なのにずうずうしくも「減税しましょう!」と言って名古屋市民も大局が見えないので、住民税を値下げした。一方、横浜市は「国に頼らない財政」をモットーに10年くらい前から、法人地方税を法律に定めた限界まで値上げした。どこも実際には住民税は法律の限度額一杯までは取っていないのに。そして、昨年は「人口に対して十分な税収がある」ため、地方交付税を貰えない自治体に自ら進んでなった。どちらのほうが「日本国全体のことを考えている市民」なのだろう?考えねばならない課題だ!破綻はもう、かなり近い!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h_souhonke
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1958年5月16日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
本編<a href="http//:www.geocities.jp/pojinihon/index.html">日本の未来を考えるサイト</a>も宜しく!
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる