驚くことに直腸癌の発症率を5割以上も減らせた

December 20 [Sun], 2015, 22:24
脳卒中のクモ膜下出血は実に8割以上が脳動脈瘤と言われる脳の血管にできた瘤(コブ)が裂けて脳内出血することが要因となって起こってしまう深刻な病気として認識されるようになりました。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、両手両足が麻痺したり脚のむくみなどが標準で、発症から時間が経ってしまうと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全も起こす可能性があるということです。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林の杉やヒノキ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉に誘発され、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などの不快なアレルギー症状を発症させる病気として認識されています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、身体の中の脂肪の溜まっている歩合のことで、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算式によって算出することができます。
めまいは起こらないのに、長く続く耳鳴りと難聴を幾度も発症する症例を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病(Cochlear Meniere's Disease)」という名前で呼ぶ場合があるということはあまり知られていません。
20代、30代で更年期になったとすれば、医学用語で表現すると「早発閉経(early menopause)」という病気にあてはまります(日本では40才未満の女の人が閉経してしまうケースをPOFと定義します)。
トコトリエノールの作用は酸化を遅らせる効果が最も認識されてはいますが、更に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりすることが認められています。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではなく覚醒状態で命を維持していく(心臓の鼓動、呼吸、腎機能の活動、体温や筋緊張のキープなど)ために欠かせない最低限のエネルギー消費量のことを指します。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを防御し、様々な分泌物質の覚醒などを支配しており、うつ病(単極性気分障害)に罹患している人は作用が弱体化していることが科学的に判明している。
明るくない所だと光量不足により見るのが難しくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼のピントを合わせるのに多くの力がかかってしまい、結果的に日の差す所で物を眺めるより疲れやすいです。
ハーバード医大(HMS)の調査によれば、普通のコーヒーと比較して1日2〜3カップのカフェインレスコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸癌の発症率を5割以上も減らせたそうだ。
毎日の折り目正しい生活の保持、腹八分目の徹底、適度な軽いスポーツなど、アナログともいえる体についての思いが皮膚のアンチエイジングにも役立つといえます。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、臨床データに基づいた研究により、予防の効用が期待されるのは、注射した14日後から約150日程度だろうということです。
亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に関係している特殊な酵素や、細胞や組織の交替に欠かせない酵素など、200種類以上もの酵素を構成する物質として欠かせないミネラルの一種なのです。
グラスファイバー製のギプスは、大変丈夫で軽量な上に耐久性があり、雨などで濡れても大丈夫という特長があるので、現在採用されているギプスの王道でしょう。

ライザップトレーニング
  • URL:https://yaplog.jp/h9ltg192384/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h9ltg192384
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/h9ltg192384/index1_0.rdf