台風5号が過ぎ去って

August 04 [Sat], 2007, 21:22
思わぬところに思わぬ甚大な被害がありました。

消防小屋の直ぐ横の細見川に架かる山口橋も大量の流木に襲われたようです。
細見川橋の下流にあるお寺の参道の泥が懸命に取り除かれています。
作業の人も暑さで大変でしょう。
田んぼの中には、こんな流木があちこちに流されていました。
細見川の堤防上の桜の根っこは沢山の流木で覆いつくされていました。
この田んぼの向うに高千穂鉄道と国道218号線、五ヶ瀬川があり、この地点から五ヶ瀬川までの距離はおよそ250m程でしょう。
五ヶ瀬川に流れ出た流木は川を下って、支流の大瀬川ヘと流され、大貫町の堤防下の河川敷で力尽き、サッカー練習場に横たわっていました。

思わぬところで思わぬ被害が

August 04 [Sat], 2007, 16:42
工事中の細見川橋の上から細見川流域の被災地を見下ろしています。

田んぼも道も、全て濁流に飲み込まれ、現場内の作業員控え所や仮設トイレ、材料と工具保管用のコンテナハウスなどが流出してしまったそうで、クラッシャーランで覆われていた場内も、ご覧のように泥でどろどろです。


細見川のすぐ横に建っていた南方分団の消防小屋も基礎部分からエグリ取られ、哀れな姿をむき出しています。

台風がのびおか上空を通過したであろう午後6時を過ぎる頃には風も治まりました。
そして午後7時頃には雨風共に小康状態となり、現場関係者や部落の人々も一先ずほっとしたそうです。
ところが、午後9時前頃から急激に水かさが増し始め、あっと言う間に一面は濁流に飲み込まれたそうで、浸水した住民の人たちは逃げるのがやっとだったそうであります。
こうして被害は、一昨年の台風14号よりも大きく甚大なものとなったのでありました。

一番下の画像の手前に見えているのが細見川ですが、普段はチョロチョロの水量しかない小川なんであります。
しかし、雨の降り方や、降った地域によっては、こんなにも大きな被害へと繋がるんですね。

曽木川と細見川流域の被害の原因が単なる天才であったのか、或いは人災であったのかは、今後の調査次第でしょうが、私は上流の星山ダムからの放水も多少は影響したのではないかと思っている一人であります。
しかし悲しいかな、このことについてただの一言もマスコミなどからの言及がありません。
天下の旭化成相手に無謀なことは慎んでいるのか、或いは放水は全く関係が無かったのか、宮崎県や国土交通省などの原因究明の結果を興味深く期待して待つことにします。

自然の力の前には、所詮人間の力など無力なのかもしれません。

上流の日之影の綱之瀬川流域では、もっとひどい被害が発生してるそうで、心からお見舞い申し上げ、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

家の周りの生き物(クマゼミ)

August 04 [Sat], 2007, 8:17
今年は家の周りでクマゼミの鳴き声を聞かないなぁ〜と思っていたところ、私の気持を察したかのように、玄関先の梅ノ木で鳴き始めました。
ところが鳴けば鳴くで五月蝿いもので、朝からのこの鳴き声は夏の暑さに一層拍車を掛けます。

カメラを近付けても気が付かないほど真剣に、「ワシワシワシワシ」とけたたましく鳴いてるクマゼミに接近、接写を試してみました。

鳴き声のリズムに合わせてお尻を上にぴくぴくと動かし、羽を小刻みに震わしています。

台風の置き土産

August 04 [Sat], 2007, 5:43
北川と祝子川、五ヶ瀬川の三つの河川が一つになって日向灘へと流れ出ている東海の河口です。
物凄い濁りの水と流木が大量に海へ流れ出ていました。
東海一帯の地磯の1級ポイント、東海のテトラです。
前回の台風4号も夥しい量の流木を海に流しましたが、今回もまたまた沢山の流木が海へ流れ出ました。
台風通過後のあり難くない、誠に迷惑な置き土産なのであります。

この濁り、土々呂や門川、南浦などにも拡散して行きますので、数日間は磯釣りにも影響を与えそう、週末の釣果は如何なものでしょうか
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
★ プロフィールその他 ★
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:への河童
  • アイコン画像 誕生日:1948年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:宮崎県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-磯釣り&ルアーフィッシングの他、アウトドア全般。
    ・グルメ-ビール&日本酒、焼酎の他、魚&肉料理、韓国料理。
    ・音 楽-井上陽水&小椋佳の他、ベンチャーズのエレキサウンド。
読者になる
アイコン画像 釣りの原点は小学の頃のフナ釣りととテナガエビ釣り。
24歳の時のイシダイ釣りが磯釣り初デビュー。
その後グレ、チヌは勿論、トカラ列島のヒラアジやアラなどの巨魚、南西諸島や男女群島などでのビッグオナガ、磯や船からのヒラマサ、ルアーでのヤマメやシーバス、ブラックバスなどあらゆるジャンルの釣りを楽しんで今日に至る。

アイコン画像 過去43年間の主な記録はチヌ60a、スズキ8.2`、ヤマメ42.5a、ブラックバス57aなど。
そして阪神淡路大震災発生前日の1994(平成6)年1月16日の夕刻に男女群島中ノ島の「吉田の2番」で仕留めた71.4a・4.75`のオナガグレが自己最大の記録。

アイコン画像 これまでの主な大会での優勝・入賞歴はオールジャパングレ磯ロイヤルカップ4回の優勝と3回の入賞(鶴見)、東レスーパースターカップ優勝(下五島大宝)、WFG2年連続優勝と入3回(鶴見及び五島列島)、亞洲海釣錦標選抜賽第3位(韓国)、スポーツフィッシングワールドカップ第3位(オーストラリア・ゴールドコースト)、G杯争奪チヌ九州大会(宮之浦)、G杯争奪グレ九州大会(鶴見)、GFG杯争奪チヌ(九十九島)、がまかつテスター会グレ(紀伊大島)、日韓親善スポーツグレカップ(上五島)、NBCチャプター熊本野尻湖戦(野尻湖)優勝2回などなど。

アイコン画像 天孫降臨の地、宮崎県高千穂町の神々の里に生まれ、現在はかみさんと二人、延岡でぼちぼち暮らす。
今まで数々の夢と感動を与えてくれた釣友と魚たち、そして家族に心から感謝し、孫の成長に癒されながら、国内や海外旅行を楽しませて頂く。
がまかつ会延岡磯研、釣研FG延岡支部、MFG九州、GFG宮崎県支部、TFT九州所属。
全九州釣ライター協会常任幹事、釣研FG 副会長。NPO法人ひむか感動体験ワールド理事。

アイコン画像 目標は生涯現役釣り師。夢はオナガグレ71.4aの自己記録更新。
★ コ  メ  ン  ト ★
アイコン画像への河童
» お袋さん (2019年05月22日)
アイコン画像への河童
» お袋さん (2019年05月22日)
アイコン画像への河童
» お袋さん (2019年05月22日)
アイコン画像おばちゃん
» お袋さん (2019年05月22日)
アイコン画像麻衣子
» お袋さん (2019年05月21日)
アイコン画像かじゅ
» お袋さん (2019年05月21日)
アイコン画像への河童
» 久々の咲空ちゃん (2019年05月20日)
アイコン画像おばちゃん
» 久々の咲空ちゃん (2019年05月19日)
アイコン画像への河童
» 今日の〆 (2019年05月19日)
アイコン画像、隊長とか大佐Z
» 今日の〆 (2019年05月19日)
アイコン画像への河童
» 今日は「母の日」 (2019年05月13日)
アイコン画像への河童
» 今日は「母の日」 (2019年05月13日)
アイコン画像akoako
» 今日は「母の日」 (2019年05月12日)
アイコン画像麻衣子
» 今日は「母の日」 (2019年05月12日)
アイコン画像への河童
» 延岡磯研役員会 (2019年05月11日)