「岡本ホテル」事務所など家宅捜索を開始 出資法違反の疑い(産経新聞)

May 29 [Sat], 2010, 5:43
 ホテル事業を展開する「岡本ホテルシステムズ」(東京都中央区)と関連会社が5年後の元本保証をうたい、会員制クラブへの入会金名目で預託金を不正集金したとして、警視庁などの合同捜査本部は26日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、同社事務所など関係先の家宅捜索を始めた。捜索先は約90カ所にのぼる見通し。

 出資者は少なくとも5千人超にのぼり、同社は計約200億円の預託金を集めたとみられる。預託金の一部は活動資金として暴力団側に渡った可能性があり、捜査本部は不正資金の実態解明を進める。

 捜索容疑は同社は17年4月以降、会員制温泉クラブ「岡本倶楽部」への入会を勧誘する際、100万〜1千万円の預託額の元本保証を約束したうえ、岡本ホテルグループのホテルに宿泊できるポイント券(60万〜815万円分)を交付。「宿泊に使用しない場合60〜75%で買い取る」と宣伝し、首都圏を中心とした5千人超から計約200億円を出資させたとされる。

 捜査関係者によると、預託金の一部は暴力団が関与するヤミ金業者などに流れた疑いがある。解約時のトラブルも複数あり、預託金の募集を始めた当初から、元本保証が確約できるシステムではなかった可能性が高いという。

 「岡本倶楽部」は18年10月、岡本ホテルシステムズの関連会社(東京都)に運営が移管されている。

 岡本ホテルシステムズは昭和62年に不動産会社として設立。平成10年ごろ休眠状態に陥ったが、12年に元会長が経営に参加し、別会社が経営していた施設を買収するなどしてホテルグループを形成。現在は関連会社を含め全国7県で11のホテル経営にかかわっている。

【関連記事】
「岡本ホテル」きょう捜索 出資法違反容疑 200億不正集金か 一部暴力団に流れる?
バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕
後藤元組長逆転有罪 武闘派組長から一転、得度、自叙伝も
相撲協会、2親方処分へ 暴力団幹部ら観戦問題
現場に残った数千万円…絞り込めない犯人像 板橋の資産家夫婦殺害事件1年
虐待が子供に与える「傷」とは?

警察庁「即遮断」、総務省「条件付き」 児童ポルノブロッキング手法で対立(産経新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
覚せい剤1.3キロ飲み込み密輸=ナイジェリア人逮捕―成田(時事通信)
<口蹄疫>特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
口蹄疫で追加支援策 赤松農水相 一律補償を撤回(産経新聞)

<フィギュアスケート>夏も人気 満員続くアイスショー 現役トップが目白押し(毎日新聞)

May 26 [Wed], 2010, 12:57
 華麗なジャンプと舞、きらびやかな衣装。バンクーバー五輪女子銀メダルの浅田真央(19)=中京大=や、男子銅メダルの高橋大輔(24)=関大大学院=ら一流選手の演技を間近に見られる「アイスショー」が人気だ。4〜5月が最盛期で夏場にも開催される。かつては現役を引退したショースケーターの舞台だったが、今や現役選手の出演は当たり前。アイスショーの世界ってどうなっているの?【芳賀竜也】

【特集】フィギュアスケートの最新情報と写真

 5月初めに横浜市で行われた「プリンスアイスワールド」。高橋は華麗な演技の後、観客の目前まで近づいて笑顔で手を振り、大きな声援を浴びた。5日間の公演では荒川静香さん(28)や本田武史さん(29)らかつての名選手に加え、バンクーバー五輪出場の浅田、高橋、鈴木明子(25)=邦和スポーツランド、小塚崇彦(21)=トヨタ自動車=らも出演した。

 フィギュア選手が競技以外で演技を披露するアイスショーは北米が盛ん。代表格の「スターズ・オン・アイス」は1984年サラエボ五輪男子金メダリスト、スコット・ハミルトン氏が提唱して86年に始まった。日本公演も2007年から毎年開かれ、4月9、10、11日の「スターズ・オン・アイス」東京公演は、代々木第1体育館の約1万席がほぼ満席に。

 ほかに7、8月にも六つのショーが予定されている。

 日本では、78年に始まった「プリンスアイスワールド」(主催・プリンスホテル)が草分けだ。現役選手が出演するようになったのは、10年余り前から。日本スケート連盟が98年12月に競技者資格規定を改正。選手の商業活動を禁止するアマチュア規定を廃止し、連盟が承認するショーであれば、出演して報酬を受け取っても構わないことになった。

 アイスワールドを主催するプリンスホテルのマーケティング推進部、飯田広文担当部長は「今でこそ大勢のお客さんが来るが、昔は全日本選手権ですら満席にならなかった。観客でいっぱいになるウチのショーで、勝負度胸をつけてもらう狙いもある」と語る。

 国際スケート連盟でも同様の規定がある。ショー出演を認めたのは、五輪などで名声を得た選手がすぐ現役を退き、ショーの世界に流出するのを防ぐため、といわれる。バンクーバー五輪を制した韓国の金妍児(キムヨナ)(19)は現役を続けるかどうか表明していないが、4月中旬には地元ソウルでアイスショーに出演。母親が代表取締役を務めるマネジメント会社を設立し、今後はショーも開催するという。

 日本連盟によると、この1年に連盟が「後援」の形で認めたのは計10公演。久田順子事務局長は「内容などを審査して後援の可否を決めている」と話す。出演料の取り分は原則として選手側8割、連盟2割。その額は「契約があり、公表できない」(プリンスホテル)が、海外のメダリストらは高騰するようだ。

 既に競技はシーズンオフになり、「アイスショーを楽しんでいる」と浅田。競技の重圧から解放され、伸び伸びと滑るトップスケーターの演技がアイスショーの魅力だ。

【関連ニュース】
【写真特集】世界選手権優勝の高橋大輔、浅田真央が帰国
【写真特集】浅田が逆転優勝を飾ったフィギュア世界選手権
【写真特集】高橋大輔が世界フィギュアで優勝 日本人男子で初
【写真特集】目指せソチ五輪:フィギュアスケート 次世代を担うスター
【明快にわかる】図説:フィギュアスケート

<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破−−福島・飯舘(毎日新聞)
口蹄疫対策で特措法案提出へ=公明・山口氏(時事通信)
<未解決事件>埼玉・熊谷の小4男児ひき逃げ 母の執念 ナンバー追跡2万台(毎日新聞)
哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相(時事通信)
<軽自動車税>未納者に「納付済み」送付 09年度分で 仙台市(毎日新聞)

ニセ医師「病院や市民に迷惑かけた」反省の言葉(読売新聞)

May 20 [Thu], 2010, 1:44
 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任するはずだった女性が無資格だったとされる事件で、医師法違反容疑で逮捕された一宮輝美容疑者(44)が、接見した弁護士に「宮古病院や市民に迷惑をかけた」などと反省の言葉を口にしていることが13日、わかった。

 弁護士によると、一宮容疑者は逮捕された8日夜から12日午前まで、署が差し出した食事に全く口をつけておらず、「宮古病院にだいぶお金をかけさせておいて、これ以上税金を使わせるわけにはいかない」などと話しているという。

 一方で、一宮容疑者は捜査関係者が動機を尋ねても、ほとんど口を閉ざしたまま。捜査関係者によると、一宮容疑者は取り調べ中に「具合が悪い」などと体調の悪さを繰り返し訴えることが多いという。

「児童に重大な損害を与える」 江戸川区立小学校に包丁と脅迫文(産経新聞)
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕−福岡県警(時事通信)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)
介護報酬「特養過払い」新たに佐賀・広島で(読売新聞)

ほめられたら要注意…多額現金請求の悪徳商法(読売新聞)

May 14 [Fri], 2010, 9:49
 高齢者が趣味で取り組んでいる短歌や俳句、絵画などの作品を褒めちぎり、掲載料名目で多額の現金を請求する新手の勧誘行為が急増している。

 才能を認められる喜びと、つけ込まれた羞恥(しゅうち)心を巧妙に突いた手口で、掲載物自体が存在しない詐欺的被害も多い。埼玉県消費生活支援センターは「ほめあげ商法」と名づけ、注意を呼びかけている。

 絵画が趣味という県内の80歳代の男性。広告会社の社員を名乗る男から今年、作品を褒める電話がかかってきた。その後も電話は次々と入った。「絵を画集や紙面ギャラリーに掲載しませんか」。男性は結局、約20社からの勧誘を承諾した。後日請求された掲載料は、計約400万円に上った。

 「すばらしい短歌ですね」。県内の80歳代の女性宅にも昨秋、広告会社を名乗る人物から電話がかかってきた。「作品を本に載せませんか」という誘いに乗ると後日、8万5000円の掲載料を請求する書類が送られてきた。

 いずれのケースでも、勧誘時に掲載料の説明はなく、掲載された本などが送られてくることもなかった。

 国民生活センターによると、短歌や俳句の掲載料トラブルに関する相談は、2006年度までは1ケタで推移していたが、07年度は49件、08年度には150件と急増し、昨年度は少なくとも359件に上っている。不当請求の平均額は約29万9000円。相談者の平均年齢は79・5歳で、女性が8割を超えた。

 同様の勧誘トラブルの相談は、県消費生活支援センターにも2年ほど前から寄せられるようになった。

 「すばらしい作品」と絶賛し、中には高齢者を「先生」と呼ぶ業者もいた。心理をくすぐられた高齢者たちは、褒め言葉に喜ぶ余り、掲載条件などを確認せず、無料と思いこんで掲載を承諾するケースがほとんど。解約を申し出ても、「すでに印刷しているので無理」と言われたり、掲載したとされる雑誌や海外のギャラリーなどが存在しなかったりした事例もあったという。

<普天間移設>平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ(毎日新聞)
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)
<たちあがれ日本>元巨人の中畑清氏擁立を検討 参院選(毎日新聞)
介護サービスへの苦情、1割減−東京都国保団体連合会が調査(医療介護CBニュース)
参院選出馬松田公太 「イケメン経営者」の正体(J-CASTニュース)

「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚−奈良(時事通信)

May 11 [Tue], 2010, 18:28
 9日午前9時50分ごろ、奈良県斑鳩町のJR関西線王寺−法隆寺間の踏切付近で「線路内に人が立ち入っている」と、JR西日本に連絡があった。社員が現場に駆け付けたところ、線路脇にカメラの三脚を発見。近くにいた男性が「自分の三脚だ」と申し出たため、同社は持ち主確認のため県警西和署に通報した。
 同署によると、男性は兵庫県尼崎市の50歳。「風景がバックに入った電車の写真を撮りたかった」と話しているという。同社は被害届は出さず、三脚は男性に返却された。
 このトラブルで、関西線は上下2本が部分運休、5本が最大で16分遅れ、約1300人に影響が出た。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【動画】東武博物館リニューアル
【動画】鉄道博物館-鉄道マニアの聖地
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ
「北陸」「能登」ラストラン=半世紀の歴史に幕

徳之島3町長「反対を首相に伝える」1千人が壮行(読売新聞)
毎日動画アワード 大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
九年庵 新緑の庭園、初の一般公開 佐賀・神埼(毎日新聞)
司馬さんの庭 新装(産経新聞)