大学生らの小型衛星3基公開=「あかつき」に相乗り−宇宙機構(時事通信)

April 20 [Tue], 2010, 1:33
 宇宙航空研究開発機構は15日、大阪府東大阪市の関西サテライトオフィスで、5月18日に打ち上げ予定の日本初の金星探査機「あかつき」に相乗りすることが公募で決まった小型人工衛星4基のうち、3基を公開した。
 3基は早稲田大などが開発した「WASEDA―SAT2」、鹿児島大の大気水蒸気観測衛星「KSAT」、創価大の「Negai“☆」。いずれも一辺約10センチの立方体で、あかつきとともにH2Aロケットで打ち上げられ、地球上空約300キロの軌道を周回する。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」

NHKに「工藤会」名乗る抗議電話 警視庁が捜査(産経新聞)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)
<特養老人ホーム>個室面積の最低基準緩和 施設建設推進で(毎日新聞)
かば焼き縁遠く…シラスウナギ漁獲量激減(読売新聞)