<鳩山首相>韓国艦沈没「隣国がとんでもないことを」(毎日新聞)

May 27 [Thu], 2010, 20:46
 鳩山由紀夫首相は22日、札幌市で開かれた民主党北海道連のパーティーで、首相公邸からテレビ中継であいさつし、韓国の哨戒艦が北朝鮮製魚雷で沈没したと韓国政府が断定したことに関し「とんでもないことを私たちの隣国が犯してしまっている」と北朝鮮を批判。「国際的に協力してしっかり戦っていかないといけない」と述べ、日米韓を中心に緊密に連携していく考えを改めて示した。

 首相は「大事なことは韓国をしっかりと日本が支持することだ。二度と北朝鮮がこのようなことを起こさないよう、国際的な環境を作る」と語った。首相は沈没事件や宮崎県で広がる口蹄疫(こうていえき)の対応のため、パーティー出席を中止していた。【大場伸也】

【関連ニュース】
普天間移設:首相、23日に2度目の訪沖…政府方針説明
国会:「会期延長せず」首相と参院議員会長一致
首相補佐官:韓国公使発言に勇み足
山崎飛行士:鳩山首相を表敬訪問
韓国哨戒艦沈没:鳩山首相「北朝鮮の行動は許し難い」

堀内氏、石井氏と共闘!秋田でセミナーに参加(スポーツ報知)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
カビ混入、「ボルヴィック」43万本を自主回収(読売新聞)
「前政権のこと」激しい応酬=電気工事技術講習センターめぐり―事業仕分け(時事通信)
外交文書、30年で自動公開=新規則に明記、陣容も強化―外務省(時事通信)

優れた高齢者福祉機器を募集―日本リハビリ工学協会(医療介護CBニュース)

May 21 [Fri], 2010, 18:40
 日本リハビリテーション工学協会はこのほど、高齢者、障害者向けの優れた福祉機器を表彰する「福祉機器コンテスト」の作品募集を開始した。入賞作品の発表と表彰は、9月29日―10月1日開催の「国際福祉機器展HCR2010」で行う。

 コンテストは、一般向けに募集する「機器開発部門」と学生に限定した「学生部門」に分けて実施。書類提出と動画審査の一次選考(学生は書類のみ)、実物審査の二次選考(学生は動画審査があるが、小中学生は動画不要。実物以外に模型も可)を経て、入賞作品を決める。選考基準は機器の有効性、独創性、実用性、費用対効果など。学生部門では発想の豊かさや将来性も考慮する。

 募集期間は機器開発部門が6月14日、学生部門が7月12日まで。


【関連記事】
福祉用具レンタル、9割がリピーター
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省

男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取―大阪府警(時事通信)
大卒就職率91・8%、過去2番目の低さ(読売新聞)
宮崎の口蹄疫、家畜の殺処分11万頭突破へ(読売新聞)
重体女児が死亡=逮捕の母親、虐待疑いも―静岡県警(時事通信)
結局、辺野古「埋め立て」へ…普天間移設(読売新聞)

お帰りなさい、山崎さん=25日まで一時帰国―「科学の重要さ伝えたい」(時事通信)

May 18 [Tue], 2010, 10:24
 国際宇宙ステーション(ISS)に約2週間滞在した宇宙飛行士山崎直子さん(39)が16日午後、一時帰国した。25日まで滞在し、文部科学省などへの表敬訪問や記者会見を行い、宇宙滞在の体験を報告する予定。
 成田空港に降り立った山崎さんは、髪を肩の辺りまで切りそろえ、白いスカートスーツ姿。
 山崎さんは「日本語を話していると『帰ってきたなあ』という感じで感無量。いろんな人にお世話になったので、たくさんの人にミッションの報告をしたい」と満面の笑みを浮かべた。滞在中の抱負については「科学なくして国際宇宙ステーションはできない。科学はいろいろな分野を支えている重要なものということを伝えたい」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業
「宇宙滞在」の種子、紛失か=山崎さんシャトルで回収後

受信料未収者に強制執行の予告通知 NHK(産経新聞)
“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)
アイヌ 「知里幸恵記念館」着工 伝統儀式で安全祈願(毎日新聞)
<雑記帳>イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)
「としまえん」で遊具から生徒転落 「怖くて二度と乗れない」(産経新聞)

中小企業憲章の原案公表=経産省(時事通信)

May 13 [Thu], 2010, 2:00
 経済産業省は12日、中小企業振興の基本方針となる「中小企業憲章」の原案を公表した。民主党が衆院選のマニフェスト(政権公約)に作成を盛り込んでいた。パブリックコメントの募集などを経て、6月にも閣議決定したい考えだ。
 原案は、政府を中核に国の総力を挙げて中小企業を振興するとの理念を明記。地域社会や住民生活への貢献、伝統技能や文化の継承を踏まえ、中小企業を「社会の主役」と位置付ける一方、従来の大企業偏重を改める姿勢を示した。
 その上で基本原則として(1)起業や海外展開の促進(2)大企業の不当な圧力を排除した公正な市場環境の実現(3)セーフティーネットの整備−などを掲げ、具体的政策を実施するとした。 

<南アW杯>記念切手を発行 31日から発売…郵便事業会社(毎日新聞)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)
ニセ女医の「勤務先」、実際は「通院先」(読売新聞)
不法投棄、罰金を最高3億円に=改正廃棄物処理法が成立(時事通信)