借金の取り立てから逃げ続けると

September 18 [Wed], 2013, 13:18
借金が時効になる場合とは・・・

時効ですから、決められた期間を過ぎている必要があります。
借金の時効の場合、その借金をまったく払わず、督促等も無視した状態で5年以上経過したときです。

まったく払わないで、督促も無視するのは簡単なことではありません。
借金の契約時の住所では電話や督促が家にくるので、住民票をそのままにして引越しをすることになります。

引越しできたとしても、住民票がないと正社員で職に就くことは難しいです。
アルバイトなどで生活できればいいですが、年をとればアルバイトも限られてきます。

それでも返済から逃げ続けていると、気づけば5年経っていることも・・・

借金の返済から逃げてしまったら、どこかで借金と向き合う必要があります。

一生逃げるよりも、時効や債務整理という方法があることを知ってください。
そして、相談してください。



アヴァンス行政書士法人

消滅時効の援用に関する質問・疑問、無料でお問合わせ出来ます。








  • URL:https://yaplog.jp/h3jtm754/archive/9
消滅時効援用のことならエストリーガルオフィス


くる天 人気ブログランキング
@With 人気Webランキング

一括ランキング投票

月別アーカイブ