自分の信用情報を見るには

September 11 [Wed], 2013, 15:17
借金の返済が滞って何年も経つと、どこからいくら借りたのか忘れることもあります。

時効を考えるほどでしたら、5年以上は経っていることになるので、記憶に自信がないと思います。

現在の借金の状況は、信用情報に載っています。詳しく知りたいと思ったら、あなたの個人信用情報を取り寄せることができます。

よく聞くブラックリストは、この信用情報に自己破産や滞納したときに書かれる事故情報のことです。
信用情報には、CIC、JICCといった機関があります。
本人であれば、各信用情報機関の「本人開示制度」によって見ることができます。
窓口で直接受け取るか、郵送で申し込んで返送してもらう方法があります。
開示手数料がかかるので、詳しくは問い合わせてみましょう。

借金の時効には、借金の存在を認める行為をすると中断になるという規定があります。
借金を認める行為はとは、消費者金融に借金のことで連絡をしたり、といったことです。

この信用情報を開示することは、債権者と連絡を取るわけではないので、時効の中断には当たりません。

不安な人は時効に詳しい専門家に相談してからでもいいと思います。


アヴァンス行政書士法人

消滅時効の援用に関する質問・疑問、無料でお問合わせ出来ます。




  • URL:https://yaplog.jp/h3jtm754/archive/8
消滅時効援用のことならエストリーガルオフィス


くる天 人気ブログランキング
@With 人気Webランキング

一括ランキング投票

月別アーカイブ