オオムラサキだけどさおりん

April 01 [Fri], 2016, 22:14
不妊の根本的な原因は、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など婦人科面での要素と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性の方の要因が挙げられるでしょう。



原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。





きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けると解決への糸口となるでしょう。



妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。

こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。





または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。

こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱に弱く分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、摂取するようにしましょう。







少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。



ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと知っていたので、彼女に伝えました。



やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思っているんです。妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。



例えば、葉酸です。



妊活中の時から葉酸を摂取するように、と雑誌に掲載されていました。どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。



ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合はサプリを服用するのが良いそうですから、ちょっと安心しました。食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。







ですから、過剰摂取に陥らないよう、決められた用法と容量を必ず守ってください。





どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。

葉酸の摂取期間についてお話しします。







皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。



ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、それは違います。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。



妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。

妊活中において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。葉酸の成分には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、他には、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。





妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。

しかし、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。





それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。



質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。







冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。



体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が落ちるといった報告があります。

このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経の働きを促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。





冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素です。





とはいえ、つわりや体調によっては、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しい、なんてこともあると思います。そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、サプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足した葉酸を確実に摂取できるという訳ですね。


  • URL:https://yaplog.jp/h3ipyrcwuotel4/archive/9
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:慶太
読者になる
2016年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる