サブプライムローン問題 

October 13 [Wed], 2010, 19:26
2007年8月に世界同時株安となり、為替相場が乱高下しました。
その原因が「サブプライムローン問題」です。 ファンダメンタルによる市場の影響の強さを表しています。

そこで今回は、サブプライムローン問題について解説しようと思います。
サブプライムローンとは、米国での「信用力の低い」人向けの個人向け住宅ローンのことです。

「信用度の低い」人というのは、一般的には年収が25,000米ドル以下の人が対象の所得が著しく低い人、また、過去にクレジットの延滞をしてしまったような人のことを指しています。

信用力の低い人向けとあって、その審査基準はゆるめに設定されていますが、金利は10%以上と極めて高いという点が特徴です。

サブプライムローンは当初数年間は5%程度の低い金利なのですが、その後 いきなり金利に跳ね上がるようなしくみです。 ですから所得の低い契約者は、金利が上がる前に一般向けの「プライムローン」のような金利の低いローンに借り替えるのが現状です。

借り換えの方法は、米国の住宅価格が2003年頃から最近までずっと上昇基調にあることで、サブプライムローンにより購入した住宅の値上がり分を担保にして、サブプライムローンの金利が上がる前に金利の低いローンへと借り替え、高金利のローンの支払いを回避するというものです。

また、住宅価格が数年後でも上昇するので、住宅を転売してローンを返済し、さらに売買差益まで得られるケースもありました。 日本では考えられませんね。
第一次「サブプライムローン問題」

米国の住宅価格の上昇が鈍化した2006年末からサブプライムローン問題が顕在化しはじめました。 住宅価格の上昇ペースが鈍ってしまい、サブプライムローンの借り手は、住宅の値上がり分を担保にした低金利のローンへの借り換えが難しくなってしまったのです。

そして、サブプライムローンの金利の急上昇に耐えられずに返済出来なくなり、サブプライムローンの不良債権化が急増し、取り扱う業者の経営が軒並み悪化することとなりました。

そしてついに2007年3月、サブプライムローン業界大手企業が取引銀行からの融資を打ち切られ、ニューヨーク証券取引所への上場が廃止となったことを皮切りに米国株が急落、これに端を発した世界同時株安が発生したのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h2cn9p5
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる