口癖

September 28 [Mon], 2009, 11:37
サイアクというのが私の口癖でした


サイアクというのが私の口癖でした

サイアクというのが彼女の口癖でした

いつも目玉をくりぬいて世界を見て

いつも鼓膜を破って愛の言葉を聴いて

「あんな、深い海の底に椅子があってな、

それは白い綺麗な私のために待っている椅子でな、

そこに座るために私は生きてるような気がすんねん

そこに少しでも座れたら私は浮上すんねん

浮上の鍵を貰うねん」

「誰から?」

「わからん。神様とか、そういうの」

サイアクというのが口癖の彼女でした

いつも両足を切り取って地面を走ろうとして

いつも喉を切り裂いて歌を歌おうとして

「そこからしか始まれへんねん、本当の私は」

うん、これってもう何年前だろう?

海底の白い椅子はどこへ消えたのだろう?

サイアクというのが誰かの口癖でした






  • URL:https://yaplog.jp/h-merutomo/archive/28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:h-merutomo
読者になる
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30