おかげ

June 14 [Thu], 2012, 15:46
「クライブは不良少年で親ももてあました、それでインドへ追いやられて会社の腰弁
こしべん
になってるうちに自分の手腕をふるってついにインドを英国のものにしてしまった、おれもどこかへ追いだされたら、一つの国を占領して日本の領土を拡張しよう」
 こういう考えは毎日のようにおこった、かれは実際喧嘩
けんか
に強いところをもって見ると、クライブになりうる資格があると自信している。
「おれは英雄だ」
 かれはナポレオンになろうと思ったときには胸のところに座蒲団
ざぶとん
を入れて反身
そりみ
になって歩いた。秀吉になろうと思った時にはおそろしく目をむきだしてさるのごとくに歯を出して歩く。かれの子分のしゃもじは国定忠治
くにさだちゅうじOut Personals 評判
や清水
しみず
の次郎長
じろちょう
がすきであった、かれはまき舌でものをいうのがじょうずで、博徒
ばくと
の挨拶
あいさつ
を暗記していた。
「おれはおまえのような下卑
げび
たやつはきらいだ」と巌がしゃもじにいった。
「何が下卑てる?」
「国定忠治だの次郎長だの、博徒じゃないか、尻をまくって外を歩くような下卑たやつはおれの仲間にゃされない」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:でんきち
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/grgrggrgr/index1_0.rdf