新年明けまして…(以下略)

January 07 [Fri], 2005, 20:14
クリスマスにやっていたはずの種の感想を今更とは思うものの、やらなきゃやらないで気分が悪い。

第11話「選びし道」脚本:大野木寛・両澤千晶
状況が動き、選択を迫られた時、自分の足で歩き始めたアスランと、流されて何も出来ないカガリの対比が面白い。
そういえば前作でもキラがアスランと決別をするのが第10話だったなぁ。
無理無茶無謀を突き通すカガリのカガリらしさが全く持って失われているのが、なんつーか前作否定をさらに強めている気がするのは気のせいか。
前作のキャラクターの出番が多いのは別に構わないのだが、カガリを筆頭として、キラといいアスランといい、乳艦長といい虎といい、基本的に報われていないパターンが多い。
しかもそんな前作のキャラクター達の苦悩や葛藤にばかり描写を裂いて、彼らを否定すべき新キャラがおろそかになっているのは本末転倒では。

第12話「血に染まる海」脚本:野村祐一・両澤千晶
スペシャルなのでまとめて。
前回から打って変わって、ミネルバ中心の戦闘がメイン。
やっぱりロボットアニメは派手にロボットが戦ってナンボだと言うことを改めて認識させられる。
そして、2話一気に放送されると、やっぱり単発で見るよりは、ある程度まとめてみたほうが面白い番組なんだということも再確認。
なんせ、主人公達が前回まともに戦闘したのが第6話。
1クールの半分は主人公達が全く無視されていると言うペース配分。
さすがにファンも耐えるのは辛いのではなかろうか…。
そして肝心の戦闘シーンは、地球軍の新型MSにフライトユニットがついていたり(ドラグナーファンの自分には感涙モノ)、ザムザザー、シンの種割れと、結構見ごたえ十分だったりするからまた困る。
最近のアニメの中ではダントツのクオリティではなかろうか。
なんにせよ、やっぱり戦闘があると盛り上がるな。

今週もいってみよ(ちょっと長め)

December 18 [Sat], 2004, 23:33
第10話「父の呪縛」脚本:野村祐一・両澤千晶 絵コンテ:鳥羽聡
いやぁ、ギルバート・デュランダル議長殿。もう今週は彼だけでお腹いっぱい。
ラクスの持ち上げ方(まあ、偽者だが)は、ちょいと強引過ぎかと思ったけど、やり方自体は納得できる。
自分の思惑通りにプラントが動かず、暴走の危険をはらんだ時はまた自分をも討て、という考え方は重要。
いかんせん声が池田なので黒幕の印象は払拭できないが。
アスランがデュランダルからセイバーガンダムを託される一連のシーンが前作のキラがラクスからフリーダムを託されるシーンとほぼ同じカット割なのが印象的。思わずニヤリとさせられる。
ここ数話は、テロが行動を起こす→ミネルバ奮戦→ユニウスセブン落ちる→世界情勢が一気に動く→アスランの苦悩→行動を起こすアスラン。と言う流れで物語をミクロ視点からからマクロな視点に一気に引き上げ、またアスランを中心にミクロな方向へと引き戻そうとする流れが面白い。
週間ではなく、溜め込んで一気に見たほうがより面白く見える構成っぽい。

…で、偽ラクスことミーア。うーん、ラクス本人よりも人気が出そうな気はするものの、個人的には本物のほうが良いな。
いや、エロいとか言う意味ではなくてね。単純にキャラの問題として。
まだ序盤なんで、ここでいきなり決め付けるのも何なのだが。
本当のラクス・クラインが見えていないミーアと、本当のラクス・クラインを知っているアスランのギャップの差が顕著に現れているっつーか。
お嬢様ラクス、アイドルラクス、政治家ラクス、そして少女ラクス。ラクスの持つ多面性をミーアは一部分しか分かっていないようで。
ラクスの魅力とは、その多面性と、それらすべてがラクス・クライン本人の確固たるパーソナリティとして存在している「混沌とした少女」だと思っているので。

さて、来週は一時間スペシャル。
アスランを中心に動き出す物語。今度こそミネルバクルーにも出番がありそうで。
今度こそ出番あるよね、ルナたん!( ̄▽ ̄)
そしてがんばれ、シスコン反抗期主人公シン・アスカ!( ̄▽ ̄)
誰にも認められていないが、俺は主人公のおまいを激しく応援しているぞい!

種感想〜

December 11 [Sat], 2004, 21:13
第9話「驕れる牙」脚本:森田繁・両沢千晶
いや〜今週はあれよこれよと突っ込みどころが多く、(いろんな意味で)楽しめた。
まずジブリールさん。初登場のときは「さすがにアズラエル以上のキチ○イじゃないだろ〜」と思っていました。ごめんなさい。_| ̄|○
アズラエルなんか片手でポイ、ぐらいのキ○ガイでした。はい。
ちゅーかロゴスって、いかにも戦隊モノの悪党みたいな組織名だし(あれはエゴスか…)
なんの捻りもセンスも感じさせない悪党というのも、逆に清々しい感じはするが、さすがにちょっと引くわ〜

続いて、開戦! いきなり核兵器! プチ・ジェネシス! しょっぱなから戦略兵器の雨あられ!
…え〜っと、既にこの世界の戦争にMSって必要なんですか?
期待した新型MSウィンダムの出番は、何と核兵器を撃つだけ!
これって別にMAでもいいんジャネーノ?(´・ω・`)
だんだん穿った見方しか出来なくなってまいりました。

そして最後は巷で散々偽ラクスとかラクツーとか噂になっていた期待の新キャラ、ミーア・キャンベル嬢、初(?)登場!
な、な、な、なぁんか…エロいなぁ…( ̄▽ ̄)
太股とか、フトモモとか、ふとももとか !!  ( ´Д `)ハァハァ
台詞回しも妙に艶やかというか、ポストフレイ !? というか。
とにかく、論点と方向性が定まっていない感は否めないにも関わらず、風呂敷だけはガンガン広がってまいりました。
そしてついに来週は、待ちに待ったセイバーガンダム初登場!
これは見逃せませんよ〜。゚(≧▽≦)゚。

あれ? そういや、主人公は何してたっけ?
……がんばれ、シスコン主人公( つ Д ` ) ゜。

当サイトは、シン・アスカを激しく応援しています(笑)

DVD録画で、いってみまつた

December 04 [Sat], 2004, 22:18
今週の種運命〜
第8話「ジャンクション」脚本:兵頭一歩・両沢千晶 作画監督:山口晋 絵コンテ:下田正美
内容自体は、新旧キャラ入り乱れての嵐の前の静けさといったところ。
マッタリ進行で、これと言って意味のないシーンを繋げて雰囲気を出している。
さりげなくファンサービス満載な部分も「さすがSEEDだなぁ」と思わせるデキ。
何故ルナの出番がほぼ皆無に等しいのかが激しく不満だが煤R( ` Д ´ )ノ
まあ、全く出番のない某三人組&仮面に比べりゃマシか…

番組開始から駆け足で物語が進み、掘り下げられていない部分もあっただけに、週間番組としてどうかとは思うが必要なエピソードではあるとは思う。
そこでなぜか描写の薄い新キャラでなく、前作のキャラの出番を持ち上げまくるのかは疑問だが。
もう完璧にアスランが主役であることは間違いない。
前作がキラとアスランの物語といいながら、結局物語のほとんどがキラ主動だったのと似ているねこりゃ。
言葉の端々でアスランまでもがキラを否定。完璧に前作の流れを断ち切ろうとしております。
そしてついに、
アスラン、プロポースキター!\( ゜∀ ゜ )/
シン&キラ、ニアミスキター!\( ゜∀ ゜ )/
これに尽きるでしょう。まさに嵐の前の静けさ。
これでアスランとカガリに破局フラグが立ったと考えるのは深読みか?
キラとシンが互いを理解し始めた矢先に互いの素性がバレて一気に死闘へ転じるというのは俺の期待か?
なんにせよ、次回から一気に物語が加速しそうな勢いで、俄然面白くなってきた。

丸まる

November 28 [Sun], 2004, 23:25
本日は、親しい友人とTRPG漬けの一日。
朝から晩まで、というやつです。
学生を卒業してからだんだん尻すぼみになっていた感じだったけど、最近自分の中でブーム再燃の予感があるTRPG。
テーブル・トーク・ロール・プレイング・ゲームならTTRPGじゃねぇの?というのは今更ながら聞くなって感じがする。
やっぱり定期的に遊ぶシステムは変えたほうがいいな、うん。
さて、あとは友人のスケジュール次第か…。

GBA版DESTINYの隠し要素は、ジャスティスとセイバーを残すのみ。
アスランがお気に入りのキャラの自分的には、いつまでもイージスというのも何なんで、頑張らねば。

か、買いすぎだ…

November 27 [Sat], 2004, 23:52
GBAのDESTINYを大画面でやりたさに、中古でGCを購入。
さらに新型のテレビまで!

ち、ちょっと買いすぎだな…。生活費がほとんど残ってない…。
とはいえ、この冬にはスパロボOG2も出ることだし、GBAを大画面でやるためにGCを買うという選択肢も悪くない。
決してエ○ュなんぞに手は出しません。

さて、毎週恒例の種運命〜
第7話「混迷の大地」脚本:両沢千晶 作画監督:山口晋
いきなりアスラン死ぬか!? と思ってドキドキした先週の引きから、

キター! いきなり大気圏突破したー! ふつーに突破したよー! 
中破した機体で突破って大気圏突入をなめとんのかー!
製作者はアポロ13でもみてこーい!

…とまあ、これぐらいで。
前作の大気圏突入の回でも、イザークとディアッカ死んだか?と思わせて、普通になんに描写もなく「大気圏突入をやっちゃいました、エヘ」で済ませたSEEDだから、まさかとは思っていたが…。
PS装甲だから大丈夫、と盛大に言い切った前作をまたも真っ向から否定。
今度は技術の進歩だよ、とでも言うのでしょうか。う〜ん、やはりSEED世界のザクはすげぇ。
相変わらずのバンクの多さはもはや言うまい。その分シーンごとのセル画のレベルがOVA並みに高いのもSEEDの特徴といえば特徴。
今作では、戦時中の物語ではないせいか、世論を描こうとしている姿勢は◎。
一般市民の描写がないと、見ていて作品世界に入り込めないし。
アスランを中心にごたごたし始めたミネルバの人間模様は、アスランは英雄ですごい人、でも彼が仕えるオーブとその姫カガリは馬鹿で駄目、という路線で固まりつつあるようで。
アスランも自分の立ち位置に悩み始めるといったところか。
個人的にはあの馬鹿なところがカガリの可愛さであり、魅力だと思うのだが、いきなり否定されそう。
いっそアスランがザラの名を継いでネオザフトとか作ったら面白いんだろうけどな〜。
さて、シンが出てきたおかげで主役から降板、さらにその正義までもが番組的に否定されたキラ・ヤマトがついに本格的に登場。
また、荒れそうだ…。

D・V・D・っ!!

November 26 [Fri], 2004, 21:00
ついにDVDレコーダーを購入。って、遅いか。
個人的には大英断。う〜む、我ながら太っ腹。VHSからDVDへのダビングもできるという仕様。
さすがに溜まっているTVシリーズのビデオの本数が半端でなく多いので、ここで整理したいところだ。

ネットで攻略サイトを漁っていたところ、GBAのDESTINYとSFCのWは同じ会社が製作したものらしい。あ〜、どーりで面白いわけだ。
ありがと〜ナツメ!
現在ルナザクと各種インパルスで隠し要素を出そうと必死になってプレイ中〜
ドラクエなんぞどこ吹く風か。
しかし、ハード以上のCPU、鬼のようにつぇぇな…。

種は翼を超えたか!?

November 25 [Thu], 2004, 22:39
格闘ゲーマーでガンダム好きとしては、一応気になるタイトルだったので、
先日に購入したGBA「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」をちょっとやりこんでみる。

おおっと、これはいいですよ〜
ちょっと触っただけで、格闘ゲームとしては本格的な作りなのがすぐ分かる。
知る人ぞ知るガンダム格ゲーの名作、SFC版Wに匹敵するのではなかろうか。
いかんいかん、寝っ転がってやっている場合じゃない。
キャラゲーだと思って舐めてかかるとヤケドしそうだ。

毎週土曜日の楽しみ

November 20 [Sat], 2004, 23:04
もはや種の感想書くためだけに存在しているのではないかとすら思えてきた日記。
まあ、気を取り直して、今週もビデオで二回ほど鑑賞。

第6話「世界の終わる時」脚本:野村祐一・両沢千晶 作画監督:佐久間信一
前回が全く戦闘がなかったため、今回は戦闘だけの30分。
こういったシナリオバランスの悪さは前作から変わっていないなぁ、と思う。

今回は導入から引きまで、まるっきり前作のキャラクターで見せ場が埋め尽くされた感じ。
回想シーンはともかく、戦闘シーンの盛り上がりまで持っていかれるのは、やはりキャラ人気の差か、と邪推したくなるほど。
DESTINYがはじまって一ヶ月強、今までで一番新作を見ている気がしなかったというのが感想。

ただ、前作では地球に降りるまでに丸々1クールを使ったので、DESTINYの早い展開は好感が持てる。
お互いが敵味方と気付かないままシンとステラが香港で出会って恋に落ちる、みたいなお約束過ぎるベタな展開でもいいから、新キャラ達に活躍してほしいなぁ。

予告の隕石落下シーンは思わず「アルマゲドン?」と突っ込んでしまったのは秘密だ(笑)

あ・き・は・ば〜ら♪

November 14 [Sun], 2004, 20:55
本日は、友人と秋葉原を豪遊。
最近はHEYとメロンブックスにしか行っていなかったせいか、知らない店が増えていたり、逆に知っていた店がなくなっていたり ( ̄□ ̄;)

完璧に秋葉原の最近の流れに取り残されそうな勢い…_| ̄|○

何にせよ、一日中歩きまわっていろいろと物色したのは久しぶりなモンで、疲れましたYo〜
▼こんな奴▼
■源氏名■
吾妻哉京・あづまさきょぉ
■生態■
ムラっ気の多い自堕落・社交性皆無
■好きな言葉■
シャブ打つよりホームラン打とう!

こんなあほぅですがよろしくです。
2005年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像堀江です
» 永遠の小学4年生の日!! (2006年05月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grayishwing
読者になる
Yapme!一覧
読者になる