その193 飢え乾き、祈り、求めよ

March 17 [Sun], 2019, 10:30
「飢え乾き、祈り、求めよ」

マタイの福音書7章7−11節
7:7 求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。
7:8 だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
7:9 あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。
7:10 また、子が魚を下さいと言うのに、だれが蛇を与えるでしょう。
7:11 してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。

「山上の垂訓」と呼ばれる5章から7章全体で、イエスは驚くべきことを教えられました。一言で言うならば、「人間の人生や運命を変えるにはどうしたら良いか」ということです。今でも「自分の人生を変えたい」、「自分の運命を変えたい」と望んでいる人は多くいることでしょう。しかし実際には何をしたら良いのか分からない人がほとんどです。イエスがここで教えられたことはズバリ「ものの見方、考え方を変えろ!」ということでした。それが人生を変える鍵です。そのためにどうしたら良いのかが、7章で教えられています。

1、 飢え乾きを持とう。
キリスト教信仰は「神の選び」からはじまります。アブラハムを選ばれたのは神です。しかし神は同時に選ばれた民たちに「選ぶ」ことを命じておられます。
私は、 いのちと死、 祝福とのろいを、 あなたの前に置く。 あなたはいのちを選びなさい。申命記30:19
本当に良いもの、本当に必要なもの、本当に欲しいものを求める態度が必要です。私たちは飢え渇きを持たなければなりません。そしてその飢え乾きの心を持って祈らなければならないのです。

@ 神との強い関係に飢え乾く。
イエス様は、「神様はお父さんのような方、良い方で良いことをしてくださる方」だと教えられました。しかし本当にそうであるかどうかは体験されなければなりません。「この神様にもっと近づきたい。もっと知りたい。もっと体験したい」という飢え乾きが必要です。

A みことばに飢え乾く。
「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』とあります。神の言葉に飢え乾き、その真理を正しく知ることができるように求めましょう。

2、具体的にに祈ろう。
イエス様が「求めろ、探せ、たたけ」と言われたのは決して抽象的なものを漠然と求めろと言ったわけではありません。何故なら「求めたら与えられる。探したら見つかる。叩いたら開かれる」と教えられているからです。
私たちはどこかで限界を定めて本気で信じていないということはないでしょうか?神様にできないことはありません。具体的なものを求めて祈りましょう。

3、聖霊を求めよう。
ルカは「良いもの」を「聖霊」と書いています。私たちにとって最良のものは聖霊です。聖霊の満たしを求めましょう。
飢え乾きの心を持って主に近づく祈りをしましょう。それが一時的なものではなく継続した行為となるように、生活のなかでクリスチャンとしての良い習慣を身につけていきましょう。そして聖霊の満たしを求めましょう。求めるように教えられる主イエス、与えてくださる父なる神、そして求めるべき聖霊は三位一体の神ご自身です。神に近づき、神とともに生きる生涯を全うしましょう。

今週の暗証聖句
してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。ルカ11:13
  • URL:https://yaplog.jp/grace_bible/archive/178