レーシックを知ろう

February 12 [Thu], 2009, 23:25
視力を回復させたいと思っているけれど、どの視力回復方法を選べばよいのかわからず迷っている人や、今すでに視力回復トレーニングを行ってはいるけれども、短期間で視力が回復するというレーシックがどうしても気になるという人はたくさんいることでしょう。
では、どうして迷ったり、気になったりしているのでしょうか?

それは、レーシックは外科手術の中でも最も安全な手術で失敗もほとんどないと言われてはいますが、やはり素人の私達にとっては手術は手術であり、その中でも目の手術というだけに、圧迫感や威圧感、恐怖感を抱いてしまい、どうしても一歩ふみだせないでいるからなのでしょう。

具体的にレーシックにはどんなデメリットがあるのか参考までにいくつか述べたいと思います。
これによって「なんだそんなことか」とか「どんなデメリットがあるのか具体的にわかっただけでも気が楽になった」などとスッキリした人は勇気を出してレーシックに臨むのも良いでしょう。
しかし「そんなことが起こるの?」とか「そんなことになったら絶対に責任をとってもらわないと困る」などと思う人は、特にリスクを伴わない視力回復トレーニングを行うことをおすすめします。

ドライアイ・・・目が乾燥しやすくなります。
        しかし最近は最新技術で問題点が改善されてきています。

ハロ・・・3ケ月ほどで治まりはしますが、夜間の灯りがぼやけて見えたりします。

グレア・・・3ケ月ほどで治まりはしますが、明るい光がまぶしく感じられたりします。

矯正視力の低下・・・裸眼視力は回復します。
          しかしメガネやコンタクトレンズを装着したときの矯正視力が低下したりします。

身体検査不適合・・・パイロットは視力検査がとても厳しい職業ですが、レーシックに失敗した場合、航空身体検査基準に引っかかって不適合とされます。

度数ずれ・・・白内障手術を受ける場合、眼内レンズの度数ずれを起こすことがあります。

眼球の白濁・・・治療が適切に行われなかった場合、感染症が引き起こされ、眼球が白く濁ることがあります。

不正乱視・・・レーザー照射後にフラップを元に戻すのですが、その時に角膜をうまくつけられず表面に凹凸ができ、不正乱視になることがあります。

レーシックにはこういったデメリットがあるのですが、全ては医療機関の設備、設備の衛生面、医師の技術などによって左右されます。
なので、レーシックを受ける時は、医療機関選びが最も重要なポイントとなってきます。
慎重に選ぶようにしたいものですが、それはなかなか難しいものです。
どうしても目先の宣伝、広告などに惑わされたりしがちです。
しかしレーシックの場合は、視力回復トレーニングと違って一度試しにやってみるということが不可能です。
その一度が、本番なのですから!

レーシック手術をする前に、クリニックの待合室で待っている間にあまりの緊張感で、吐き気をもよおしたり、抜け出したりする人もいるそうです。
少しの迷いがこういったことを招くこともあるのです。
手術というものは、医師の技術にもよりますが、患者さんの体調にも左右されることがあるのです。
終始、平常心でいられる自信のない人は、何も恐れることもない視力回復トレーニングで視力を回復させることをおすすめします。


  • URL:https://yaplog.jp/gpz850/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gpz850
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ジニアス 川村明宏
» 視力回復の方法 (2009年03月03日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/gpz850/index1_0.rdf