上野樹里さんスペシャルインタビュー

September 08 [Mon], 2008, 12:00
こんにちわグーグー応援隊長のももです。

お待たせいたしました
本日は、上野樹里さんのインタビューをみなさまにお届けいたします。

8月28日吉祥寺某所にて、応援隊長ももと、みかんPでカフェ・ヤプ!シネマージュのプティ・マダムまつゆうがインタビューを行わせていただきました。




透明感があって、とてもまっすぐな目をした上野樹里さん。今回はそんなステキな上野樹里さんにヤプログ!が、なんと単独でインタビューをさせていただきました。

ヤプログ
本日はよろしくお願いいたします。
今回、映画の舞台になっている吉祥寺にはたくさんのカフェがありますが、上野さんご自身はカフェめぐりとかされるんですか

上野樹里さん
実は、人前に出るのが苦手だったりするので、オフの日は自宅に潜伏していることが多いんです(笑)あと、私自身おしゃれではないし、一人でカフェに入る勇気がなかったりするんですよね。
でも、今回吉祥寺で映画の撮影をして思ったんですが、吉祥寺のカフェは入りやすいような気がします。カフェの雰囲気がステキだったり、自然光で溢れているOPENカフェがたくさんあっていいなーって思いました。
映画の中でも登場する、井の頭公園の中にあるペパカフェはペットOKなんですよ。今度自分のペットを連れて行きたいなーって思いました。

ヤプログ
上野さんは撮影後に猫を飼われたそうですが、今回の映画がきっかけだったんですか

上野樹里さん
そうですね。アフリカに行った影響もありました。
チーターを見て、肉食動物がとてもかわいく思えたんですよ。でも、チーターって飼えないじゃないですか(笑)。猫だったら飼えるなーって思って!
あとは元々、犬を一匹飼ってたんですけれど、なんだか一匹で寂しそうだなって言うのもありました。

ヤプログ
上野さん、犬、猫との生活はどんな感じですか

上野樹里さん
ラスト・フレンズじゃないけれど、まさしくシェアハウス状態になっています(笑)猫は人の気持ちを良く分かってくれる良き理解者だと思います。人間のことをよく観察しているし、人間よりも色々なことを感じて、心でものを見て感じてるんだと思いました。だから、猫は一人暮らししている人の生活にすっと入ってこれるんだな〜って思いましたね。一緒に生活していて距離感がとても気持ちいいんですよ。
仕事で疲れててカリカリしている時なんかは、猫が怖がって近寄ってこないんですよ(笑)そうすると、「あ!私、今カリカリしてたな〜」って気がつかされるんです。
犬は、常にテンションが高い感じですよね。それを猫はそっとクールに見ている感じ。一緒に生活していると、犬が理解してくれる自分と、猫が理解してくれる自分がいるので、楽しいですよ。

ヤプログ
撮影中グーグーはどうでしたか

上野樹里さん
映画の中のグーグーはそれまで、人にも慣れていなかったし、外にも出たこともなかったんですよ。猫を飼っている小泉さんですら大変そうでしたね。
グーグーを待って撮影をすることが本当に多かったです。ただ、ただ、偶然を待つといった感じですよね。でも、グーグーを待つことは苦ではなかったです。撮影が始まれば、グーグーと一緒にみんなが素直にリアクションをしてましたね。まさしく、映画を撮れたことは奇跡のような感じです(笑)



ヤプログ
共演者の方とはいかがでしたか

上野樹里さん
森三中のみなさんは本当にステキな女性なんですよ。後は黒沢さんがいつ結婚するかが心配ですね(笑)。結婚する際にはぜひお祝いしたいです!
でも、黒沢さん自身は森三中の中で自分一人だけ独身って言うのがおいしいっておもってるらしいですよ(笑)
自由きままに好き勝手に動いてて、可愛らしくて、森三中さんは猫みたいだなーって思いました。丸っこいペルシャ猫っぽいですよね。
小泉さんも猫っぽいなーって思ったんですけれど、小泉さんはかっこいい猫のイメージですね。

ヤプログ
犬童監督とのお仕事はいかがでしたか

上野樹里さん
今回2回目のお仕事だったんですけれど、前回ご一緒した時よりスマートになっていました!
ロケ中、愛妻弁当を持ってくるんですよ。当時ダイエット中で、お野菜がたくさん入ったお弁当でしたね。ビールとお肉をやめたら、一気に痩せたって言ってました(笑)以前は長いコートを羽織って、風を切って歩いてたんですけど、痩せてからは自然にそこにいる感じで、さらに優しくなっていました!

ヤプログ
撮影中大変だったシーンはどこですか

上野樹里さん
高齢者体験のシーンが大変でした。真夏に、商店街を駆け抜けるシーンなんですが、衣装が暑くて重かったんですよ。それを何日も何日も撮影しました。階段を駆け上がって、スローで落ちるシーンがあるんですけれど、黒沢さんが落ちるシーンが面白くて、スタッフの方に、写真にしてもらって、頂いちゃいました!

ヤプログ
映画の見所を教えてください

上野樹里さん
ナオミの見所シーンは、まずは高齢者体験のシーンですよね。あんな格好で映画に出たことなかったし、すごく真剣なシーンなのにどこか笑えるんですよ。
あとは、トラックの中でのシーン。これから夢に向かってどうしようって真剣に考えてるシーンなんですが、小林亜星さんが、マモルとナオミの間にどーんって座って客観視してるんです。それも笑ってしまうんですよね。
高架下で占い師に占ってもらうシーンもかな。あそこからナオミとマモルの関係性が変わっていくんですよ。あそこはキーポイントですね。でも何気ないシーンが本当にいいんですよね。

ヤプログ
最後に映画を楽しみにしてるファンの方にメッセージをお願いします

上野樹里さん
この映画を見ることによって、色々なシーンで絶対に感じてもらえることがあると思うんですよ。切なかったり、うれしかったり、悲しかったり、楽しかったり。その時の状況で感じる部分が色々あると思うので、それを楽しんでいただけたらなと思います。ちょっとしたところで笑えたり、何回も観て感じて欲しいです。
公園にフラッとくるような感じでリラックスした状態で、気分転換に見ようかな〜って気持ちで映画館に来てくれると嬉しいです。
いいことも悪いことも、グーグー(good good)って思えて生きていけたらステキだと思います。



上野樹里さんありがとうございました!上野樹里さんとのインタビューは私も、まつゆうもとっても楽しい時間を過ごさせていただき、常に笑い声が耐えないインタビュー時間でした。
本当にお忙しい中、お時間をいただき、そしてステキな元気をいただきました!

グーグーだって猫であるは、9月6日より、全国で公開中!ぜひ、みなさんも映画館に足をお運びください

取材・文 もも
写真 まつゆう
  • URL:https://yaplog.jp/gou-gou/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
クッキーに保存
上野樹里さん、韓国でも大人気なんですよ!^o^
今月には『奈緒子』、そして来月には『グーグーだって猫である』が、韓国で公開されます。
海を越えて、さらに「アジアのスター」として頑張ってもらいたいですよね!^^
★詳しくはコチラをご覧くださいませ★
http://koreamaster.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c766.html
September 15 [Mon], 2008, 7:22
咲奈
ぐーぐーだって猫である見に行きました。
とっても、よっかたです(^^♪
September 12 [Fri], 2008, 18:48
ひろえ
上野樹里さんの一ファンとして、また、映画グーグーだって猫であるの一ファンとして、、、
とてもステキなインタビューをどうもありがとうございます!!

私も初日に映画を鑑賞しました☆
猫ちゃんたちのカワイイ姿に癒されましたし、キャストのみなさんの演技に笑わされ、泣かされ、、、、
猫の存在を通して、生き物の素晴らしさがゆっくりと伝わってくる、そんなステキな映画だったと思います。
September 08 [Mon], 2008, 22:11
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:グーグーだって猫である
読者になる
STORY 麻子は吉祥寺に住む天才漫画家。 愛猫のサバを亡くした悲しみで漫画を描けなくなってしまう。そんなある日、麻子はちっちゃな子猫と出会う。名前は、グーグー。一緒にご飯食べて、散歩して、寝るという、なんとも幸せな毎日。不思議な青年、青自との恋の予感、アシスタント達と話す新作のアイディア、色々なことがうまく動き始める。だがある日突然、麻子は思いかけないことを知らされる・・・。
グーグー応援隊
読者になる