後藤自動車スタッフブログ移行のお知らせ 

2018年06月14日(木) 9時00分
いつも後藤自動車スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

2018年6月10日から、スタッフブログを弊社ホームページ内に移行いたしました。

車とは離れ、スタッフ一人一人の感性の趣くまま日々の出来事を綴るスタッフブログ。

引き続きご愛読いただけると幸いです。

「後藤自動車ワクワクスタッフブログ」移行先・・・

こちら!

後藤自動車スタッフ一同

10周年あれこれ 

2018年06月05日(火) 9時00分
こんにちは。スタッフTKです。

2018年も下半期に入りましたね。早いです!

今年は、まだ一枚も家族写真の整理をしていないし(スマホで撮りっぱなし)、

良く考えたら、年賀葉書のお年玉抽選の番号すら未確認(もう期限切れ?)

だらだらしている訳でもないのに、なんだかいつも家事の何かしらが隅っこに追いやられるな、

と反省(いや、開き直り?)しています。

全く個人的な事ですが、今年は私にとって3つの「10周年」があり、節目の年とも言えます。

結婚10周年、東京での生活10周年。そして・・・運転免許取得から10周年。

車屋のブログなので、今日は「運転免許」についての話を少し。

運転免許を持たない若者が増えているとい言われますが、

90年代後半はまだ「大学生になったら免許は取るでしょう!」といった風潮で、

その時代に学生時代を過ごしました。

しかも山の多い地域で、自宅から大学まで山沿いの裏道を車で通学すれば30分弱と最強の時短となります。

なのですが・・・

私、大学時代はおろか社会人になっても免許を持ってはいませんでした〜。

理由はですね、

車を運転できる自信が全くなかったから!その一言に尽きます。

幼い頃に父親が運転する車に乗って事故発生・・・みたいな事も2度ほどありまして・・・

なんだか嫌〜なイメージ。

思いっきり文系でしたので、改造車が爆音を鳴らして走る様を見れば「爆発する・・・」と真剣に

心配していました(運転手を、ではなくて爆発の惨劇が自分に及ばないかの心配)。

それと、長女の私は父にかなり溺愛されており(当時)、仕事の都合で時間の融通がある程度効いた父は、

自らすすんで私の送り迎えをしてくれたものです・・・。

こうやって書き並べると、とんでもないムスメですね!!

自分の息子娘であればはっ倒すわ〜〜〜と、今となっては思うのですが、

実は実家に帰れば、今もどこに行くにも父頼み(笑)ごめんね、お父さん(笑)

そうそう、最大の言い訳を述べ忘れていました。

地元は海と山に囲まれて平地が少なく、山道を除いた道路は「自動車・バス・路面電車」の三つ巴の戦いなのです!

山道について書き加えますと・・_

他府県からのバスの運転手さんは技術的に運転が難しいと言われ、観光バスは山の上の旅館やホテルまで登るのに、坂の下からは地元の運転士に交代!という場所なのです。

東京で、武蔵野界隈で運転している私には歯が立たないのです。

もうここまで書けば、私のダメっぷりと同時に地元までバレてしまいそうですが・・・

こんなダメ娘が、今はなぜか車屋におります。

10年ひと昔。

10年でずいぶん人間は変わるもんだな。。。といってもほぼペーパーではありますが、

それでも「爆音を聞いて身の危険を感じる」といった事はなくなり、

車って面白いな、規制続きの自動車業界や車が、どう変化していくのか見ものだな!

そう思いながら日々の業務に当たっています。

みなさんにも何か「10周年記念」な出来事があれば、是非シェアしてください!

母親になってからの再挑戦! 

2018年05月14日(月) 9時00分
こんにちは?

今回はスタッフPecoです。

これから時々スタッフブログに登場しますので皆様よろしくお願いします

いきなりですが私には年長と小2
息子がいます。

二人ともピアノを習っているのですが、
その影響で私も10年以上離れていたピアノに毎日ふれるようになりました

毎年夏休みに発表会があるのですが…

今年は先生から「お母様も舞台で弾いてみませんか?」と声をかけていただき…
悩みに悩んだのですが、「とりあえず挑戦」ということで出場を決めました。

曲目はショパンの「幻想即興曲」

有名な曲なので、誰でも一度は聴いたことがあるかと思いますが、この曲はとにかくテンポが速い?
一度間違えると立て続けに…という最悪パターンになりかねない曲なのです。

正直、かなり後悔

しかし母親に二言はありません!(というか後に引けない…)
これはひたすら練習するしかない。のですが練習する時間がなかなかとれないのが現状です。

息子達には「毎日練習」といってるんですけどね

そんなこんなで地道にちょこちょこと練習をしていたのですが、先日初レッスンがありました。

先生のレッスンはまさに目から鱗といった感じで同じ曲を弾いてても全く音、曲の聴こえ方が違うのです。

少しアドバイスをいただくだけで、自分でもなるほどと感じ、自分自身が奏でる音が変わってくる…「指導力」の大切さを痛感しました。

これからこの曲をどのように解釈し、表現していくか…。
まだまだ、課題はたくさんありますが、
前進あるのみです。

発表会は8月。
私は一体どういう結末を迎えたのか…
またこのブログでご報告できたらと思います

東小金井「家族の文化祭」に行ってきました 

2018年05月07日(月) 9時00分
4月22日、後藤自動車の最寄駅の一つ(弊社の所在地はJR武蔵境駅と東小金井駅のちょうど中間なのです)

東小金井駅の高架下で行われた「家族の文化祭」に行ってきました。



チラシをご覧になった方、いらっしゃいますか?

そこから受ける印象は、

緩やかで、優しい風が通り抜けるイメージ。

爽やかで涼しい風が、一瞬バッと吹くのではありません。

文化祭と言っても、中学・高校時代のあつーーーーい風が吹き荒れる訳でもありません。

ただただ穏やかで居心地のいい雰囲気が、チラシから零れ落ち伝わって来るのです。

タイミングが合わず2・3回見逃したあと、この春ようやく行ってまいりました。

東小金井〜武蔵境間の高架下は、ただただ直線で見通しが良く歩きやすく、

店舗やイベントスペースに使いまわせるように計画段階からきちんと設計されている様に見受けられる場所です。

それでも家族の文化祭の賑わいは「え〜〜〜!スペース足りないんだけど!」といった感じで、遊びに来た人でいっぱい!!溢れて人の流れが車道に広がっていました。

駐輪場と飲食の場所に困りちょっとした難民状態になったので、その改善を願いつつ・・・



高架下の実店舗に加え、東小金井周辺からクラフト系やこだわりのお菓子屋さんが出店した、

可愛さとプップさとレトロな雰囲気が渾然一体となった会場。

 

いたるところで子供が楽しめるワンコインのワークショップが活況なのが印象的。
そうです。子供が多くて、とにかくガチャガチャしてうるさい(笑)



でも、あくまでも文化祭の主な対象は大人なのです。
大人が子供も同じレベルでキャッキャと遊び、ライブの音楽に合わせて踊ってしまったり。
その上白昼堂々と飲めてサイコー!



一言で言い表すなら大人の夢が詰まった、ゆるゆる文化祭・・・でしょうか。

文化祭と聞いて思い出す様な青春時代の大きな高揚感はないけれど、独特の甘くて優しい居心地の良い空気感を皆で享受していました。

中央線上は下車する駅によりカラーが違うけれど、東小金井以西は正直イメージが掴みにいなと感じていました。

もしかしたら・・・東小金井はこうした可愛くてポップでレトロでゆる〜い街を目指しているのかな・・・。

決してスタイリッシュではない。

吉祥寺とも違う、興味深い文化圏になるのか?

今後何年・何十年もかけて、町歩きならぬ高架下歩きが楽しみなエリアに変貌していって欲しいですね。

同じ顔の娘の話 

2018年04月24日(火) 13時04分
こんにちは店長の郡司です

私には同じ顔の娘がいます。
赤ちゃんのときから同じ顔でした
左が自分、右が娘です




そんな娘のお話です

ある日の夜中に「パパ!パパ!」と
起こされて娘に言われた一言。
「なんで変な顔してるの?」
夜中に起こされて寝ぼけていましたが
思わず笑ってしまいました

娘よ。。。残念だがおまえも同じ顔をしているよ




2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像せきねのりこ
» 事務所を洗車!? (2009年08月04日)
アイコン画像井出
» ビートルのパワーエアコン (2008年08月08日)
アイコン画像67bug
» ビートルのパワーエアコン (2008年08月06日)
アイコン画像あきぴょん
» あさっては走行会です! (2008年04月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gotostaff
読者になる
Yapme!一覧
読者になる