秋保温泉 秋保テルメ(宮城) 再訪1

December 07 [Sun], 2008, 7:43
秋保温泉華乃湯にある日帰り温泉です。3年ぶりの訪問ですね。
この日、車の免許更新に行ってきました。久々にゴールドカードになりましたよ。思ったより、早く手続きが終わったので、午後から買い物や温泉に行くことにしたのです。大河原の「いい湯」に行ってみたら・・・定休日!平日温泉歩きなれしていない私には、予想しなかった結果でした。しかたなく、戻ってくる途中、そういえば、久々に行ってみよう!ということで秋保テルメを訪れてみました。


[照明や看板の感じがスナックみたい]

日帰り入浴
料金:900円
   18時以降 700円
時間:10時〜22時

訪問日:平成20年11月19日(水) 曇り時々雨
途中、ジョイフルで夕ご飯食べてから行ったので、到着したときは既に真っ暗です。それにしても、人気施設なのか駐車場に車がたくさんありましたね。平日のどまんなかに、宿泊客がこんなにいるとは思えないので、たぶん、日帰りの客でしょう。
夜見ると、田舎にあるちょいとこじゃれたスナックみたいなネオンが輝いている所から入ります。

館内に入り、スリッパに履き替え、券売機で入浴券を購入。係りの人に渡してさっそくお風呂です。そういえば、18時過ぎだと200円引きの700円なのですね〜。そういうこともすっかり忘れてた。

係りの人から簡単にお風呂の場所を教えてもらい(わかっていたけど一応聞いておいた)、さっそくお風呂に向かいました。ここは、内湯とサウナの「長寿の湯」、露天風呂併設されている「天下取りの湯/月下美人の湯」、貸切風呂(別料金)、温泉プールなど、設備は多彩です。季節や時間帯によって、入れるところと入れない所があるので、事前に確認してから行った方が良いですよ。


[天下取りの湯の内湯]

[天下取りの湯の洗い場 ちょっと寒い!]

お風呂はたくさんあるのですが、お湯は基本一緒です。ほぼ透明のお湯ですが、甘みも感じるお湯ですね。循環しているため、塩素臭がどうしても気になります。湯船によって、温度をかえているので、自分にとってちょうど良いところを探すのもよいでしょう。私にとって、一番ゆっくり入れるのが「長寿の湯」。ここは、内湯とサウナのみの構成。露天がないため、あまり人が来ません。ゆっくりするには、こちらのほうが個人的に好きです。また、体を洗うにはこちらのほうが洗いやすいですね。というのは、「天下取りの湯」にある洗い場は、露天と内湯を出入りする人がいると、寒くて洗っていられないのです。


[長寿の湯脱衣所 貴重品ロッカーは、天下取りの湯にある]


[長寿の湯 手前側の湯船は水風呂]


[湯船の渕沿いに溝があり、湯はしっかり回収されている]

日帰り温泉施設だけあって、休むところもそれなりにあります。大宴会のできる大広間を日帰りの休憩室として開放しているようで、これがいいですね。残念ながら、平日は18時以降、この休憩室閉じられちゃうので、早めに行って一日ゆっくり休みながら入るのが良いでしょう。お食事処もありますしね。お食事処はまだ利用したことないのでわかりません。


[この表現はないでしょ!]

実は、秋保テルメって温泉本や温泉ガイドを見ていると、「一部源泉掛け流し」と良く書いてあるのです。私の記憶では、全部循環かな〜と思っていたので、そのへんを確認すべく館内の張り紙をよく見ていたら・・・温泉プール側にある、露天風呂が掛け流しになっているようです。冬期間は入れないので、掛け流しのお風呂に入りたい人は、夏に訪れるといいみたいですね。正直、秋保のお湯はそれなりに実力がある湯だと思うので、掛け流しの湯船に入ってみたいです。

主婦湿疹ですが、とりあえず、循環+塩素のお風呂でも、悪化まではしませんでした。しかし、ちょっとあやしいですね。その日の塩素投入量次第では、逆に悪化するかもしれません。


おまけ。
帰りがけに駐車場にとまっている車の中に、ナンバーが「11−26」の車がありました。しかも、いかにも希望ナンバーで!11月26日生まれの人がこの希望ナンバーをとったならいいですが、湯ヲタが来てるか?と思っちゃいました。
  • URL:https://yaplog.jp/gomagoma/archive/506
Trackback
Trackback URL
「秋保温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ごまちゃん
いちこ さま

華乃湯では、そうとうすごい設備を導入しているのでしょうね。だって、「源泉」は循環して、「循環源泉」は掛け流すんでしょ。1つの湯船でやってたら、そりゃすごい!
それは非現実的なので・・・別の屁理屈で考えてみると、、掛け流しの湯船で使った廃湯を、循環ろ過してから、この長寿の湯で「掛け流し」で利用しているということなのでしょうかね〜。

ごまちゃんには理解不能でした。
December 07 [Sun], 2008, 23:00
いちこ
「循環源泉掛け流し式」かなり受けました(笑)
循環された源泉を掛け流しているという意味に素直に受け取っていいのでしょうか・・・
今、秋保で状態の良い湯に浸かるとなると、共同浴場しかないのでしょうね…。
December 07 [Sun], 2008, 22:02

            
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
            
最新コメント
アイコン画像ごまちゃん
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月11日)
アイコン画像らっきいママ
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月09日)
アイコン画像ごまちゃん
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月25日)
アイコン画像孤独の温泉
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月24日)
アイコン画像ごまちゃん
» 蔵王温泉 すのこの湯 かわらや(山形) 再訪5 (2017年12月19日)
2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ヤプログ!こうこく