東鳴子温泉 阿部旅館(宮城)

July 13 [Sun], 2008, 21:17
岩手・宮城内陸地震の後、客足が遠のいているらしいので・・・最近は鳴子温泉郷にできるだけ出かけるようにしています。ごまちゃん、一人、「がんばれ!鳴子温泉キャンペーン!」中です。
行ってあげなきゃほんとにつぶれちゃう宿が出てきそうで・・・

東鳴子のちょいとはずれにある温泉です。川の反対側にあります。今でもそうなのか、昔だけなのか、この宿のことを調べると、「赤這温泉」と書いてあります。確かに、地名は「赤這」ですね。ところで、「赤這」はなんと読むのでしょうか?
場所は、国道47号線から「紅せん」に向かうよう橋を渡り、橋を渡ったら左に車で1分もいかないうちにあります。青色の「阿部旅館」と看板が出ているのが目印。現在でも、湯治専門で営業している貴重な宿なのです。(食事の提供は一切しません)
ここは、湯ヲタの人たちの個人HPやブログで結構紹介されている割には、話題が乏しい温泉なのです。共通して皆書いているのは、お湯がとても良いこと。あの、2chの温泉板でも話題に触れられることが少ないのです。東鳴子そのものの話題が少ないのに、高友や田中いさぜん旅館などと比べると・・・ほんとに話題にならない。。。
お湯がいいなら、まずは行ってみよう!程度の軽い気持ちで行ってみました。


[一見、民家みたい。青い看板が目印です]

日帰り入浴
料金:300円(入浴のみ)
   1000円(個室休憩付)
時間:不明(個室休憩ができるのは9時〜17時)

訪問日:平成20年7月12日(土) 快晴


到着すると、とても気さくで元気のいい女将さんが出迎えてくれました。最初、お風呂だけ入って帰るつもりでしたが、入り口にある料金表をみて気が変わりました。
というのは、休憩込で1人1000円なのです。しかも、旅館なのに夕方5時まで部屋を借りられるとのこと。これだったら、300円でお湯だけいただくより、休憩しながら何度も入った方が体の負担も少なくいいと思いました。

案内された部屋は6畳間。ここは、湯治宿なので、ほとんどの部屋が6畳や8畳の小さな部屋ばかりみたいです。湯治宿だけあって、大広間というのもなさそうです。だから、日帰り休憩はすべて個室になるのですね。
和室の部屋には、冷蔵庫とテレビがありました。お湯とお茶も用意していただきました。これで、1人1000円は安い!


[定員2名の部屋 2人ならほんとにこれで十分]

初めてだったので、おかみさんからお風呂の説明。湯船は2つあって、泉質が違うとのこと。男湯女湯というのは特に決めていない。客の状況次第で判断しているらしい。この日は、客が少ないので、貸し切りで利用してOKとのことでした。これって・・・ある意味贅沢ですよ。最近、湯治宿こそ、贅沢に湯を楽しめるきがしています。

まずは、手前側にあった炭酸水素塩泉のお風呂に行きました。
脱衣所は脱衣棚と籠があるだけです。あまり広くはありません。この宿の規模なら、十分な広さだと思います。
浴室はタイル張り。湯船も壁もタイル張りでした。浴室床や壁は思ったより新しいタイルだと思うのですが、湯船の淵に使われている小さなタイルは昭和の雰囲気を感じさせるとても美しいものでしたよ。


[炭酸水素塩泉の湯船]

このお湯、なかなかごまちゃん好みでした。まず、肌ざわりは、やさしくしっとりくる感じ。そして、白い卵スープ状の湯花がたくさん舞っているのです。これだけでも十分なのに、しかも、ほんのり硫黄+あぶら臭ときたもんですよ。こりゃ、私の好みを凝縮したようなお湯でした。唯一残念だったのが、少し加水が多めかな〜。この日はかなり暑かったので、源泉温度68度では入れなくなるくらい熱くなっちゃうのでしょう。加水していても、これだけ良いと思ったのだから、源泉掛け流し状態だったら、どれだけすばらしいことか。ちなみに、加水していても不満がなかったというと、掛け流す量を絞りすぎることなく、管理していること。いくら掛け流しでも、源泉投入量を絞りすぎると安全性の問題がありますからね。
なお、ここは洗い場がありません。体を洗うときは、湯船のお湯を汲みだして使うようになります。


[お湯のアップ 卵スープ状の湯花わかります?]

正直、このお湯だけでも大満足だったのですが、せっかくきたからには、もうひとつのお湯にも浸からないと。
もう一つの浴室も先ほどのところとまるっきり反対レイアウト。若干湯船小さいかな?と思いましたがそれほどかわりありません。こちらは、泉質表示上、単純泉。しかし、まず、お湯の色みただけで、誰も単純泉だとおもわないでしょう。笹茶濁りの透明度が低いお湯なのです。しかも、鉄分を感じる、しっかり感のあるお湯なのです。ちなみに、このお湯の後、最初に入ったお風呂に入ると、化学変化で、足のうらが黒くなるので要注意。
このお湯は源泉温度が44.2度と低いため、浴槽での温度は40度以下になっていました。この季節、このぬるめのお湯はとても気持ちいい!長時間入っていたいお湯ですよ。でも、貸し切り風呂状態で利用させていただいているので、いくら長くても30分ぐらいでは出てあげないとほかの人に迷惑です。


[単純泉の湯船 夏はこちらがお勧めです]


お湯に関しては、2つの湯船とも大満足の旅館でしたよ。さすが、鳴子クオリティーですね。質の高い湯を、個性輝く宿の方針で提供し、客の期待に応えているな〜と思いました。それにしても、自販機1つ置いてないのです。飲み物や食べ物はすべて宿外から調達みたいです。
湯上がり後は、かなりグロッキー(死語)になります。とにかく、お湯に浸かるのも体力が要りますよ。それぐらいいいお湯なのです。かならず、少し休んでから車を運転しないと危ないと思いました。

帰りがけに、女将さんと少し話したのですが、ここに泊まって食材を手に入れるには、週に2回、八百屋さんと魚屋さんの移動販売がくるそうです。また、頼まれれば宿の人が買い物に行ってくれたり、スーパーまで送迎してくれるそうです。そうであれば、ちょっとぐらい、温泉街から離れていても特に不自由しないと思いますね。
しかも、素泊3000円だって!なんかこう、今度は泊まりで来たいな〜という気になりました。

もし、私が泊まりで来るなら、飲み物やおやつ、朝ごはん分はスーパーかコンビニで調達してからチェックイン。夜ごはんは、温泉街のどこかに食べに行く。八兆や舞まで歩いても、お酒が入れば歩いて帰ってくるのも問題ないでしょう。(ダメだったらタクシー)
ビジネスホテルの温泉版だと思えば支障ないのですよ。

とても気に入った旅館ですが、あえて改善してほしいことを上げると。。。

その1.外から浴室内が見えやすい。透明ガラスの部分にフィルムを貼るなどして、外から見えにくくしてほしいな。これでは、女性客が入りにくいと思う。
その2.廊下のどこか1カ所で良いので、無料の貴重品ロッカーがあるといいな。
その3.浴室内に、シャワーを1か所だけでもいいからほしいな。シャワーがないと、いくら温泉好きでも若手は泊まってくれないと思う。
その4.冷たいお茶やスポーツドリンクなど、飲み物だけで良いので、宿に行ってからも調達できるとうれしい。

ここからは、よくをいうと・・・
無料のレンタル自転車がほしい!この立地条件なら、雪や雨の日を除いて、自転車さえあれば、行動範囲がかなり広がる。東鳴子の他の旅館で借りられる、トライクはここにもあるのかな?


最後に主婦湿疹ですが、このお湯で一発治療効果は期待できませんが、予防最適温泉だと思います。とにかく、肌がするするになります。男でもはっきりわかりますよ。2つの泉質を上手に入ることにより、美肌効果と体の老廃物がでていく効果が期待できそうな気がします。
  • URL:https://yaplog.jp/gomagoma/archive/453
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ごまちゃん
ロスタイム さま

情報ありがとうございます。1人前の出前OKというのはいいですね。
泊まりに行こう!と思っているのですが、なかなか実現できずにいました。
March 06 [Fri], 2009, 23:17
ロスタイム
出前は一人前でも配達OKだそうです。
私もタオルをもらいました。うれしい記念です!!
March 06 [Fri], 2009, 22:15
ごまちゃん
のびた さま

この値段でゆかた付であれば文句ないですね。
チェックイン・アウトがアバウトなのも、東鳴子温泉らしくていいとおもいます。

廊下の臭いは、日帰りで行った時、気になりませんでした。あちこち開けていて、風通しがよかったからかな。
部屋の中の音ですが、冷蔵庫ならたぶん大丈夫。独身時代、部屋が狭く、枕もとに冷蔵庫ある生活でしたから。暖房の音って意外と響くからそれは少し心配。音よりも、あの暖房配管が露出のままなのが安全性的にきになりました。知っている人はいいけど、知らない人が怪我しちゃうのではないかと思っちゃいます。

いいところ、わるいところ、いろいろありますが、ますます、泊まりで行きたくなりましたよ!
July 18 [Fri], 2008, 21:59
のびた
>素泊まり3000円でどの程度のサービスなのかわかりません。たとえば、浴衣はついているのかとか・・・

以前、阿部旅館に泊まった者です。
浴衣はついてきます。
タオルはチェックアウト時におみやげとして出されるので、持参する必要があります。
チェックイン・チェックアウトは自由です。
例えば、午前中にチェックインして翌日夕方にチェックアウトすることも可能だということです。
お湯がよくてチェックイン・チェックアウトが自由で素泊まり3000円はとても割安だと思います。
但し、個人的には、廊下の臭いと部屋の中を通っているパイプの音(もしくは冷蔵庫の音)が気になりました。
July 18 [Fri], 2008, 0:07
ごまちゃん
いちこ さま

素泊まり3000円でどの程度のサービスなのかわかりません。たとえば、浴衣はついているのかとか・・・もう少し詳しく聞いておけばよかったな。いちこさん、今度確かめてきてくださいね。

いちこさんと同じく、マネージャーも単純泉のお湯が気に入ったといっておりました。私はどっちもいいと思ったけど、この季節は、やはり、単純泉のほうが入りやすくていいですね。
July 16 [Wed], 2008, 9:30
いちこ
こんばんは
こちらはいつか素泊まりしてみたいと思っていましたが、こんなにお安いとは驚きです!
お湯は単純泉のが好みですね〜

川向こうで目立たないせいか、今ひとつ評判が広まっていないけれども、頑張って欲しい旅館ですね!
July 16 [Wed], 2008, 1:09
ごまちゃん
おんせんたまご さま

ここに行く時は、昼食やおやつ、飲み物をしっかり持って行き、休憩しながら湯を楽しむのがベストかと思います。

福の湯も、それなりに頑張っていると思いますが、人によっては、個室休憩+持ち込み自由という点で、阿部旅館がいいという人も多いでしょうね。
私は、(価格だけで)蔵王開拓温泉と比べてお得感があるかな〜と思っていました。

ちなみに、帳場付近に出前のメニューが貼ってありました。出前もとれるみたいです。
July 14 [Mon], 2008, 0:02
ごまちゃんのブログ見てよかったです。

休憩込みの値段が1000円だなんてありがたい宿ですね。
私は一度だけおじゃましましたがそんな料金表には全く気がつきませんでした。
これなら福の湯の塩素入りお湯に入るよりいいですね。


July 13 [Sun], 2008, 22:34

            
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
            
最新コメント
アイコン画像ごまちゃん
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月11日)
アイコン画像らっきいママ
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月09日)
アイコン画像ごまちゃん
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月25日)
アイコン画像孤独の温泉
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月24日)
アイコン画像ごまちゃん
» 蔵王温泉 すのこの湯 かわらや(山形) 再訪5 (2017年12月19日)
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ヤプログ!こうこく