別所温泉 旅館たけや(長野) お風呂編

July 20 [Thu], 2006, 22:25
「信州の鎌倉」と言われる別所温泉。東京から高速使えば約3時間です。意外と近い。今回、連休中のお出かけだったので、渋滞にはまり5時間かかってしまいましたが、それでもまだ行きやすいところだと思います。こじんまりした温泉街もとても雰囲気がよく、訪れる人がほっとする、そんな空間が別所温泉なのです。
今回、連休中にもかかわらず、低料金の「たけや」に宿泊してきました。だって、インターネット割引だと、2名1室1泊2食9450円という価格なのです。宿泊1泊2食1万円を基準と考えるごまちゃんにとって、連休中にこの価格で泊まれるところを探すのは一苦労なのです。今回はうまいことマネージャーが見つけてくれました。
それにしても・・・「たけや」の宿泊レポをネットで探してもあまりでてきません。ここって、泊まる人少ないのかな?

宿泊料金
2名1室 1泊2食9450円(インターネット割引価格)

訪問日:平成18年7月15日(土) 曇りのち雨

お湯のことに限定すると・・・この宿の一番良いところは、各部屋の洗面台のお湯がすべて源泉であること。蛇口ひねると、源泉が出てくるのです。飮泉もちろん可。これは宿泊するときはうれしいものです。飲んでみましたが、若干硫黄を感じるものの、とても飲みやすい湯でしたよ。部屋で飮泉ができるのは今まで宿泊した旅館ではなかったですね。

続いてお風呂。男女別内湯×1。それと家族風呂が1つあります。内湯も家族風呂の入浴できる時間が限られているのは少し残念。それでも、清掃をしっかりやっていると思えば少し我慢ですね。
まず、内湯です。脱衣所は棚に籠があり、あとは洗面台とちょっとした椅子がありました。シンプルながらまあ、客室20室の宿の規模からするとこんなもんでよいのではないでしょうか。貴重品ロッカーがあれば、なおうれしいものですけどね。
お風呂は思ったより大きい湯船でした。7〜8人はゆったり入れるでしょうね。なんと表現してよいかわからない形をしている湯船なのです。女湯は長方形の湯船らしいですけどね。タイル張りの湯船は、なかなか雰囲気がよいものでした。このタイルが結構古い。昭和40年代頃のタイルではないかと思います。その頃にはやったものが使われていましたよ。
お湯は透明。若干硫化水素臭のするとてもやさしいお湯です。この、若干硫化水素臭というのが温泉らしさをさりげなく主張しているのがいいのです。また、Ph8.8のこの湯は、酸性の硫化水素臭のする湯と違って、肌になめらかに触れてくるのです。湯温は多分、43度〜44度ぐらいで調節されていたと思います。結構緊張するような熱さでした。しかし、この熱さがなかなかいいものでしたよ。時間湯ではありませんが、湯船に2分程度入っては、湯船の淵でトドになる。これの繰り返し。日帰りではできない幸せな時間を過ごすことができました。もちろん、掛け流しのお湯ですよ。湯口は岩組みのところからど〜っと流れていました。ちょっとうるさいくらいですけどね。湯船の大きさと掛け流される湯量のバランスはまあまあ良いのではないでしょうか。
シャワーは2箇所。それ以外にシャワーなしの蛇口が4箇所ぐらいあります。特に不自由することは何もありませんでした。この当時のつくりとしたら、こんなものでしょうね。

続きまして、家族風呂。予約制とかではなく、空いていれば入れるシステムです。こちらは、一人用かと思うぐらい小さな湯船です。それでも、わたしとマネージャーと2人でも入れましたよ。形は違えども、男湯と同じ頃にはやったタイル張りです。これが昭和のお風呂って感じがしていいのです。ここで気づいたのですが、同じお湯なのに、ここは白い湯花がたくさん確認できるのです。利用者が少ないせいなのでしょうかね〜。たけやに行ったら、是非この家族風呂はお勧めですね。男湯より家族風呂のほうがもう少し熱いかも。ただ、1度沈んでしまうとあっというまに湯温が下がるので入りやすくなります。
他の人に気を使うことなく、のんびり入りたい人は家族風呂を独り占めなんていうのもいいかもしれませんね。

この湯ですが、湯上り後に肌がスルスルになりますよ。温泉成分分析表で見る限りには、あまり成分の濃い湯ではありませんが、数値以上にお湯のよさを実感できる湯だと思います。こういうのが温泉の不思議なところなんですよね。私はどちらかというと濃い〜湯が好きなのですが、たまにこういったやさしい温泉に入ると、こういう湯もいいなと思うようになってきました。1回限りで入るのだと、濃い湯のところは魅力なのですが、毎日のように入る湯であれば、このぐらいやさしい湯の方が安心して入れるのではないでしょうか。

主婦湿疹ですが、治療とまではいきません。どちらかというと、ちょっと肌がかさつく程度の人だったら効果があるのかもしれませんね。逆に悪化するという心配はなさそうなので安心して入浴することができました。


残念だったこと。今回、マネージャーの体調があまり良くなかったので、あちこち湯巡りするとまでは行かなかったことです。いつもですと、宿泊の前と後に2箇所程度日帰りで湯を楽しむのですが、今回はそういう状況ではありませんでした。
別所温泉のよさだけを実感して帰ってきてしまい、湯そのものはそれほど周っていないので、次回の楽しみにとっておくことにします。

  • URL:https://yaplog.jp/gomagoma/archive/197
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
kabumasa さま

藤三旅館に泊まって、周辺の湯巡りなんて最高ですね。
いつか実現してみたいプランです。

個人的には、泥湯温泉奥山旅館の冬季限定三泊六食10500円プランも魅力に感じておりました。
それだけの休みが取れればいいのですが。。。
July 30 [Sun], 2006, 17:54
風呂上がりにビールを飲みながら書いてます。
別所温泉のような湯はまさに普段着の温泉で、
毎日入るには最高。今回の藤三旅館もそうです。
藤三旅館に長逗留して、その合間に国見温泉や
八幡平近辺や乳頭温泉などの特色ある湯巡り
をするのが理想ですね。もちろん鳴子の強力な
湯はもちろんです。
July 29 [Sat], 2006, 22:20
kabumasa さま

「トクー」はほんとに安いですよね。直前に狙うなら、これがいいと私も思っています。さすがに、三連休の時はこれでもさがしにくかったですよ。

別所温泉は確かにインパクトうすいかもしれません。湯巡りたくさんしている人ほど、物足りなさがでてしまうかもね。
私もそう感じる反面、毎日のように利用するならあのくらい優しい湯だといいな〜なんても思いました。
出来れば、濃い〜湯めぐりの間に1日ぐらい別所温泉程度の湯にはいるのがベストかな。
July 29 [Sat], 2006, 22:13
確定するはずが途中で送信してしまい、追加です。

トクーを利用するようになってから私の場合、
1泊2食付きで5000円が相場になりました。
今回の5泊6日ドライブではトクーを利用したのは
1日目だけ。あとは電話予約ですが、5泊(川渡温泉
は素泊まり宿泊だが)の支払い総額は約19000円
と貧乏旅行でした。しかも高速道路を一切使用せず
で、総走行距離は1570キロ走りました。
July 29 [Sat], 2006, 21:22
別所温泉はあのローカル電車で行った
ことがあります。静か雰囲気のいいとこ
ろですが、湯は今ひとつインパクトなかったですね。
私の場合、トクーを利用するようになってから
July 29 [Sat], 2006, 21:15
おんせんたまご さま

お湯ですが、確かにかすかに硫黄の香りがするというほうが正しい表現かもしれませんね。東北の濃い湯になれると、別所の湯みたいに特長の少ない湯は物足りないのかもしれませんね。
たけやも4号源泉の引き湯でしたよ。

共同浴場は、石湯だけ入ってきました。行った時、雨だったんですよ。いろいろと条件が悪く、共同湯巡りは次回の楽しみになりました。
July 22 [Sat], 2006, 20:57
いい さま

実は、日帰りで有乳湯は狙っていたのです。しかし、マネージャーの体調不良の関係で今回は寄りませんでした。次回ですね。あの近辺は他にもよさそうな温泉たくさんあるから絶対にまた行きますよ!

卓球温泉の舞台になったところ・・・ここも見てみたいですね〜。
July 22 [Sat], 2006, 20:50
昨年の秋、別所温泉、七草の湯に泊まりました。
とっても良い宿でしtが温泉にはあまり特徴はなく、湯口あたりでかすかに硫黄臭がしただけでした。

お湯はきっとこの旅館の方が良いみたいです。

共同浴場にも入れれましたか?
私は大師の湯に入りましたが観光客はよそものみたいで小さくなっていました。
July 22 [Sat], 2006, 20:42
いい
そう、関越、上信道を使うと別所も近いでしょう。
もっとも高速代はかかりますが。^_^;
是非またリベンジしてくださいね。
あのあたりは鹿教湯、大塩、霊泉寺、独古、沓掛、田沢・・・等々と、温泉の目白押しです。
私のお薦めは田沢温泉有乳湯。すごいアワアワのヌルメの湯ですから、きっと湿疹にもいいと思います。
その隣にある「ますや旅館」。
映画「卓球温泉」の舞台となった木造三階建てのレトロな、藤村ゆかりの旅館ですが、とても安く宿泊できます。
宜しかったらぜひお出かけ下さい。
July 22 [Sat], 2006, 17:59
いい 様

せっかくの三連休の時だったのですが・・・体調不良ばかりはどうしようもありません。こういうときもありますね。

「たけや」は石湯の斜め前にあります。わりと便利いいところです。他の旅館と比べるとボロですね。値段で勝負というところでしょうか。

今回は湯巡りはできませんでしたが、別所温泉までそれほど遠くないことがわかったので、今度は別所温泉とその近辺の温泉を巡ってみたいですね。
July 22 [Sat], 2006, 12:41
いい
その後マネージャーさんの具合はいかがですか。
旅先で大変でしたね。お見舞い申し上げます。
別所温泉に行かれたのですね。
随分いい旅館を見つけられましたね。たけやさんって、どの辺りにあるのでしょうか。
この変わった形の内湯ね、この春入った水上温泉天野屋旅館の男性内湯を思い出しました。
別所は私も何度か尋ねたことがありますが、宿泊は花屋旅館に泊まりました。ここも掛け流しのいい温泉でした。
共同浴場巡りされましたか。別所温泉は大体どこも熱いお湯で、飲泉可能とあって、いい温泉の証拠ですね。
北向観音にも温泉の飲泉所があったでしょう。
柏屋別館の内湯は畳敷きです。
別所はちょっと熱くて長湯することは出来ませんが、近くの田沢温泉、沓掛温泉のアワアワの温湯で大好きです。
くれぐれもお大事にして下さいね。

July 21 [Fri], 2006, 20:02

            
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
            
最新コメント
アイコン画像ごまちゃん
» 肘折温泉 木村屋旅館(山形) 再訪1 宿泊 (2019年06月29日)
アイコン画像ごまちゃん
» 肘折温泉 木村屋旅館(山形) 再訪1 宿泊 (2019年06月27日)
アイコン画像おんせんたまご
» 肘折温泉 木村屋旅館(山形) 再訪1 宿泊 (2019年06月27日)
アイコン画像ごまちゃん
» 飯坂温泉 ほりえや旅館(福島) (2019年06月23日)
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる
ヤプログ!こうこく