繋温泉 民宿山新(岩手)

March 02 [Fri], 2018, 13:40
御所湖から繋温泉神社に向かう途中にある民宿です。民宿にしては大きめの規模でしょうか。ネットの宿泊予約でも結構売れ残っている事が多い宿でございます。でも、口コミは悪くない。どちらかというと、ビジネス利用向けの民宿かな。
繋温泉は日帰りでしか利用したことがなく、宿泊は初めて。しかも連泊。民宿なので普通の旅館と比べるといろいろ違うこともありますが、お値段考えると十分という判断。急に宿泊で行くことが決定したので空いているだけでありがたいと思いました。
平成25年8月に繋温泉は大雨と洪水による甚大な被害を受けた場所でもあるのですが、今は全く問題なく復旧しています。


[民宿にしては大きな建物]

宿泊
料金:1泊目6,500円 2泊目6,000円
     暖房費324円×2 入湯税150円×2
    2泊4食 計13,488円/人 


平成30年 1月 訪問


まず到着して悩んだのが駐車場。宿の脇に3台分ぐらいの駐車場があるのですが、これが結構段差あるのです。案の定、マネージャーが切り返ししているうちに底擦りました。比較的車高の高い車の人は良いですが、普通のコンパクトクラス自動車でも底を擦ってしまうことありますので要注意。

チェックインが4時からOKなのでその時間頃に伺った所ご主人がすぐに出てきてくれました。入口のすぐ脇に受付があり、反対側にお風呂があるようです。ロビースペースと言うのは無く、一般家庭より少し広い廊下があるだけ。まあ、民宿なのでこんなものでしょう。狭いスペースに工夫して自販機を設置してあります。


[受付部分]


[宿入口部分]

お部屋は2階でした。案内されたお部屋は8畳の和室。隣の部屋とは襖で仕切られているだけです。でも、開かないようになっていますね。廊下への出入りも襖なのですが、うまい具合に鍵を取り付けてあります。少しコツのいる鍵でございますが、鍵がかかるのは安心。


[8畳の和室 清掃がしっかりされている]

お部屋の設備としては、テレビ、エアーポットお茶セット、タオル、バスタオル、浴衣、丹前、歯ブラシ。エアコンはプラグが刺さっていなかったので夏場専用みたいです。暖房器具は家庭用の石油ファンヒーター。部屋の大きさにしては能力の高い物が準備されているので全く寒さ気にならなかったです。


[布団は自分で敷く]

布団は最初から準備されていて自分で敷くシステム。この方が気楽て良いです。冷蔵庫がありません。冬場は良いけど、夏はどうすればよいのだろう。廊下に共同で使えるものでも良いから、冷蔵庫があると良いなと思いました。訪れたこの季節だと、ガラス戸と障子の間にあるスペースへ飲み物置いておくと十分冷えるので問題なかったです。
宿の無料Wi-Fiが使えるのも良いですね。パスワードは部屋内に書いてありました。それほど速度出ていませんが、YouTubeで動画を見るぐらいは十分出来ました。

洗面台やトイレは廊下にある共同のものを使用します。洗面台は2面。歯磨きするには十分です。コップも数多く用意されていて、自分用にひとつ使えるのが良かったですよ。この洗面、お湯が源泉そのものではないかと思うのです。というのは、ほんのりたまご味します。そして、時間帯によっては出ない時もありました。メンテの関係かな。


[2階の洗面 お湯は温泉が出てくるみたい]

トイレはフロアに1つ。きれいに改装されており、人感センサー付のセラミックヒーターもあってなかなか快適です。残念なのはフロアに1台しかトイレがないこと。宿泊する人数が多い時、少しかち合うかもしれませんね。1階にもトイレありますが和式でした。3階もあるはずなのですが、今回は宿泊客少なかったようで3階には行けなくなっていたので分からずです。


[快適なシャワートイレ 暖房器具も有]

お風呂は男女別内湯×1。
このお風呂なのですが、入浴できる時間が
16:30〜24:00
06:00〜09:00
となっております。真夜中は入れません。そして、日中も入れないのです。ですから、ビジネス利用や湯めぐりの拠点として利用し、昼間はどこかに行っている人向けの時間設定ですね。そこを理解して予約すれば全く問題ないです。


[風呂入口]


[入浴可能時間]

脱衣所、予想はしていましたがかなり狭め。同時に2人着替えしているといっぱいですね。脱衣籠も3個しかないし。そのぐらいを想定しているのでしょう。この時は換気扇が壊れているのか、どこでスイッチ入れてよいのかわかりませんでした。


[脱衣所 狭いが少人数なら問題なし]

脱衣所からガラス戸を開けると浴室。小さめの浴室はタイル貼りのシンプルな作り。普通の観光客だと、こんな小さなお風呂?と思うかもしれませんが、温泉好きが見たら、源泉の良さを楽しめそうなお風呂で逆に嬉しいかもしれません。大人2人入るといっぱいかな。3人ぐらいまではなんとか。
このお風呂、お湯は貯め流し状態。常時お湯を投入しているのではなく、普通の家庭のお風呂みたいに、足りなくなったら足すという使い方。循環設備はありません。最初手を入れてみたら結構熱めの設定。片方の蛇口をひねるとお湯が出てきて、反対側に設置されている蛇口は水。自在に温度調節できるのも良かったかもしれません。最初に入浴した時の感じでは、ある程度加水もあったかなと思うお湯になっていました。


[小さめの湯船 2名程度]

お湯はほぼ透明。ほんの僅か微白濁かなと思うようなお湯ですが、基本的に透明の類です。自在に温度調節出来るので、少し源泉を足して熱めにして入りました。43℃強ぐらいになっていたかと思います。そのおかげで、最初は湯船の淵まで無かった湯が、ある程度多くなってさらに快適に入れるようになりました。肌にはしっとり感もある湯です。ふんわりとしたたまご臭が、狭い浴室の心地よく広がっています。この感じ、なんか好きだった。独泉している贅沢感がなんともたまらない。高級旅館も良いですが、こういうお手軽価格の宿で独泉できるのはとても得した気分です。しかもお湯の温度調節やりたい放題だし。


[お湯の蛇口]


[水の蛇口]

シャワーは1台のみ。この規模の湯船ならその程度でも良いのでしょう。水圧も強くてなかなか使い勝手悪くない。ただ、一番最初の時だけお湯が出てくるのに時間かかったぐらいかな。


[シャワー]

このお風呂、トドになることは出来ないレイアウトなので、程よくお湯を楽しんだらお部屋に戻るようにしていました。なので1回部屋から出て戻ってくるまでだいたい30分。回数多く行ってお湯を楽しみました。


女湯は基本的男湯と反対レイアウトのようです。

脱衣所、男湯との違いは人感センサー付のファンヒーターが置いてあることかな。


[女湯 脱衣所]

お風呂は基本一緒の考え。タイルの種類が違う程度です。


[女湯 湯船]

湯口のレイアウトが男湯と微妙に異なり、同じ壁面にお湯と水の蛇口がありました。


[女湯 湯口]

男湯にもありましたが、湯船近くに換気口があります。硫化水素対策?そんなに強くない気もしますが。


[安全のための換気口]

換気扇は常時まわっていました。ちなみにこのお風呂、窓を開けると駐車場がすぐに見えます。あまり開けすぎると、道路からも見えているかも。


[換気扇も安全のため常時動いていた]

置いてあるシャンプーボトル、これは何処かで見たような・・・と思ったら、遠刈田温泉のあづま屋で使用しているのと同じタイプみたいです。


[シャンプーやボディーソープ]


[女湯 シャワー]

この時、宿泊客少なかったと思います。マネージャーは一度も他の宿泊客とお風呂で一緒になること無かったようです。おかげであまり周りの部屋に気を使わずにのんびりとする事ができました。風呂入っていっぱい飲んだら寝る。これの繰り返し。

この宿、口コミを見ると食事が評判良いのです。お湯も楽しみでしたが、そうなると食事も楽しみ。夕食も朝食も1Fにある食堂を利用します。チェックインした時とは別の階段を下りて食堂に行きます。


[食堂]

並んでいるお食事を見て、宿泊料金にしては十分すぎる内容かなと思いました。お造りはカツオとホタテ、ホタテの殻焼き、海老の塩焼きなどなかなか良かったです。オーブンを使って焼いたお料理も美味しく。マネージャーはかなりお料理気に入っていたようです。最後にそうめんも出てくるし。最初からごはんも頂いて飲まずにしっかり食べました。そして、お料理の量も丁度よいかもしれません。家庭で食べるよりは多めですが、旅館のお膳料理よりは若干少なめ。でも、一品一品がなんか美味しくて楽しい気分になりました。手作り感がとても良かったのかもしれません。


[初日の夕食 あとからそうめん出てきた]



2日目の朝食です。プレーンオムレツと焼鮭。他にかぼちゃと煮物もあるのですが、どれも美味しいです。鮭はしょっぱすぎずなかなか。オムレツの時、できればケチャップほしいなと思いましたが、和風な感じで頂きました。お米も美味しいし結構満足。


[2日目の朝食]

2日目の夕食。前日の海の物系とは雰囲気がらっと変わり、今度は分厚い豚肉を焼いたものになっています。女性向けというより男性的なお料理構成。お造りもハマチとえび。この日、牡蠣をグラタン風にオーブンで焼いた料理が出てきたのですが、これがマネージャー気に入ったようでした。このお宿はオーブンを使うのが上手みたいです。お造りの一切れも豪快にデカイし。品数は少なくてもしっかり腹いっぱいになります。


[2日目の夕食]

3日目の朝食、スクランブルエッグと魚の蒲焼き。サンマかな?と思ったのですがもしかしたらイワシ?スクランブルエッグ、若干塩強めになっています。朝食でしたが、この味なら夜に酒のツマミにも良いなと思うぐらい。ヨーグルトが胃腸にやさしくなかなか良かったです。


[3日目の朝食]

とにかくここの食事は宿泊料金を考えるとコスパが良いのでお得感がありますね。この宿は食事付きで泊まるのが良いと思います。ほんとにビジネス利用の場合でも、朝食付きぐらいで泊まるのが良いかもね。

ちなみに、2日目の昼食は車で出かけました。シェフインドカレーというカレー屋さん。ランチメニューもあって千円程度で本格的なカレーが楽しめます。ナンも大きくて、マネージャーは食べ切れなかった。マネージャーの分もナンもらって食べたのでかなりお腹いっぱいになりましたよ。人気店みたいで次々人がやってきます。ラッシーという飲み物が辛めのカレーを食べた時に飲むとなかなか美味しいものでした。

連泊の2日目昼間は他のお風呂に出かけたり、部屋に戻ってごろ寝したり、山新のすぐ近くにある足湯を楽しんだりとしているうちに、あっというまに夕方になったかなという感じ。慌ただしくなくすごしていました。


[おちあい足湯 ここもたまご臭すごい]

この宿、連泊して思ったのが、お風呂の入浴時間が短い事と、チェックイン時間が遅い事以外は、うちが求めているものをほぼ満たしていて満足できる宿でした。お値段にしてはお食事の内容と味が良いし、お風呂も鮮度の良い湯を自分流に楽しむことが出来ます。部屋で無料Wi-Fiも使えるし。ほんとに仕事で利用してもネット環境があるから多少の仕事も部屋で出来ますしね。
ご夫婦できりもりされている宿のようですが、ご主人も女将さんも気さくな感じのなかに丁寧さがあり、こちらも心地よく過ごすことが出来ました。口コミが良いというのも納得。本来ならもっとお客入っても良さそうなのにと思いましたよ。うちが宿泊した時、2組か3組程度しか泊まっていませんでした。


[コインランドリー有 長期滞在にも良い]

コスパに優れて満足感の高い宿ではありましたが、ここは少し改善してもらえるとと思ったこといくつかあります。既に書いていますけどね。
・共同でよいので冷蔵庫を準備していただきたい
・お風呂の入浴できる時間をもう少し長く設定してほしい
・チェックイン時間ももう少し早いとありがたい
・駐車場の段差、もうすこし緩やかになるとよい


家族経営でやっているので、なかなか難しい案件ばかりだと思います。手が回りませんからね。だからこういうシステムで宿の経営やっているのだと思いますが、もし、なんらかうまい方法で解決できるのであれば解決してほしいなと思いました。


チェックアウトの時も、すごくご丁寧にご挨拶いただき、この宿はまた泊まりに来ても良いなと思いましたね。一番は宿の人の対応が良くてその次にお湯、そして食事も楽しいというのがポイント。お湯は回数多く入っても湯疲れしにくいのも良かったと思います。


今まで繋温泉にあまり訪れたことがなく、今回初めて宿泊利用してみました。このお湯なら、連泊で利用するのに最適ですね。最近、濃すぎないお湯というのがだんだんと好みになってきています。とくに連泊する時ほど。マネージャーも繋温泉のお湯、結構気に入ったみたいなので、また宿泊で訪れてみたいと思いました。


主婦湿疹 ○



  • URL:https://yaplog.jp/gomagoma/archive/1353
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

            
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
            
最新コメント
アイコン画像ごまちゃん
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月11日)
アイコン画像らっきいママ
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月09日)
アイコン画像ごまちゃん
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月25日)
アイコン画像孤独の温泉
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月24日)
アイコン画像ごまちゃん
» 蔵王温泉 すのこの湯 かわらや(山形) 再訪5 (2017年12月19日)
2018年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ヤプログ!こうこく