蔵王温泉 すのこの湯 かわらや(山形) 再訪5

December 19 [Tue], 2017, 21:26
自家自噴天然掛け流しの美肌の湯。公式HPにこう書かれており、まさしくその通りのお湯を提供してくれる老舗旅館です。様々な困難に遭いながらも、前向きに営業している姿は、利用者に勇気や希望を持たせてくれます。
約1年半ぶりの訪問。何度来てもここはほんとに心休まる素晴らしい場所です。


[建て替えてからだいぶ経ちました]

日帰り入浴
料金:450円 湯巡りこけしシール1枚
時間:9時〜20時半(5月〜9月)
   9時〜20時 (10月〜4月)

定休:だいたい木曜日(HPに書いてある)

平成29年5月 訪問 

受付には誰もおりませんでしたが、すぐに奥の事務所から女将さんが出てきてくれました。今回は湯巡りこけしシールでの入浴。たぶん、回数券を買うのが一番安い入り方だと思うのですが、湯巡りこけしシールだと、他の温泉宿でも使えるので毎度これで入浴しています。

受付近くにはちょっとだけお土産品も売っており、待ち合わせに丁度よい程度のテーブルや椅子などが配置されております。
宿泊も受け付けており、1泊朝食付きのプランのみ対応しているようです。一度ぐらい泊まってみたい。


[受付付近]

階段を降りながらお風呂へ向かいます。男女別の脱衣所前に洗面台有。

脱衣所はシンプルなもので脱衣籠が用意されているのみ。貴重品は受付で預かって頂けるシステム。ベンチがひとつあり、座って着替えできるので高齢者にもわりと良いかと思います。ただ、お湯は好きなのだけどお風呂まで階段を降りていくのが駄目だと他の温泉の時言っていたおじいちゃんがいました。その気持も分かる気がする。


[シンプル脱衣所 貼紙よく見るとオトクなことも書いてある]

お風呂は男女別内湯×1。
オール木造の浴室と湯船は共同浴場以上に共同浴場らしい作りをしています。温泉好きならこの浴室に惚れた!ってなる人結構いるのではないでしょうか。


[共同浴場より共同浴場らしい浴室]

あまり言葉はいらず。良いものはほんと良いだけなのです。僅かな濁り程度の鮮度の良い湯。最大の特徴は足元湧出。全国でも貴重なお湯というかお風呂の作りになります。
微白濁のお湯は、少しお湯を揺らすようにかき混ぜるとあっという間に乳白色になります。でも、あえてお湯を揺らさないよう静かに静かに入浴するのがごまちゃん流。静かな空間で、お湯に包まれるように楽しむこの贅沢さが最高に心地よいのです。
強酸性のお湯ですので、若干傷口があるとかなり滲みる。また、肌の弱い部分はヒリヒリしてしまうことが有りますので、あまり強酸性のお湯に慣れていない人は長湯しないようが良いですね。うちはもう、鍛え上げられた強靭な肌なのでこういう湯でも1時間程度結構平気です。

木のぬくもりと優しさの感じられるこの空間、せわしい時を過ごしている人には贅沢に感じるのではないでしょうか。時が止まったかのような空間でただただお湯に身を任せていると、常日頃、色々な事を考えすぎているからストレス抱えるのだなと気づきます。生きていく上で必要最低限の知識があればそれでいいのではないか、物も最低限のものさえ持っていればそれで十分ではなかとか、とにかく、自分が今向かっている方向を見つめ直すにはとても良い空間であります。


[木のぬくもりが良い すのこの下からゆが湧いている]

だいたい、最初は5分ぐらい入浴して湯船の淵で休む、ほどよく体が冷えてきたらまた入浴。それを繰り返すだけ。頭の中ではたいして何も考えておらず。目を閉じで湯に包まれ、トドになりながらぼけ〜っと天井を見ているだけ。ただそれだけ。それ以上でも以下でもなく。


[トドになりながら天井見ているのが好き]

シャワーは2台設置されています。髭を剃ったのですが、以前とシャンプーやボディーソープ違いましたね。前より肌に良い感じ。


[シャワー シャンプー変わった!]

この日は、お風呂に行こうとした時、丁度上がってきた人とすれ違い状態。結局、帰る時まで独泉。いつもだと途中で誰かがやってくるのですが珍しく誰も来ませんでした。ここは日帰り入浴が中心の施設ですから、もっともっとお客が来ないと営業的にマズイと思うのですが。利用者の立場とすればのんびり出来て有難かったです。

マネージャーは入浴中、お湯がどこから出てくるのか湯船の中をじ〜っと見ていたそうです。行く度に微妙にお湯が出ている所変わっているのですよ。なぜかわからないけど。


[女湯]

湯上り後、受付付近のベンチの所で軽く休憩。メニューが置いてあり、ここで蕎麦やピザ、ケーキが食べられるようです。なんとなく、ピザ食べてみたい気もしましたが、今回は見合わせました。そのうち、ここでピザか蕎麦食べてみたい。ケーキもいいかな。


[お食事メニュー 公式HPにも載っています]

トータル1時間程度の滞在、十分に満足できました。設備にあまり拘らず、お湯そのものを楽しみたい人にはこういう場所オススメです。ちなみに館内全面禁煙。喫煙は屋外のみ。タバコ嫌いの人にも良いかも。
うちはこれからも何度も訪れると思います。



主婦湿疹 ◎



昼食は温泉街の奥村そばや。マネージャー味噌ラーメン700円、ごまちゃん醤油ラーメン550円。味噌も醤油もどちらも美味しいのでその日の気分ですね。あっさりした中にもしっかり醤油の香りがする方がよいか、少しニンニクの効いたスープの味噌が良いかです。ちなみに、味噌ラーメンは炒め野菜の量が多いので、少食の人は醤油味をお薦めします。結構人気店なので、時間帯によっては相席が基本。席数もそれほど多くないお店なので、まあ、そのへんは致し方ないですね。






  • URL:https://yaplog.jp/gomagoma/archive/1349
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
おんせんたまご 様

さっき、公式HP確認したら、現在は1泊朝食付きの宿泊しか載っていませんでした。希望通りのプランかも。あとはお値段よく見てください。
夜ご飯無しでも、ろばた近いからいいですよね。

真面目に宿泊考えても良いかなと思っています。というのは、この宿2部屋しかないじゃないですか。2部屋泊まる人を集めれば、全館貸切ですよ!
December 19 [Tue], 2017, 22:58
こんばんは。
数年前に日帰りで昼食のお膳を頼んで忘年会をした事があります。

1泊朝食付きというプランがあれば泊まってみたいですね。
夜はろばたでジンギスカンを食べればいいし、酔っても歩いてすぐ宿に着きますから。
December 19 [Tue], 2017, 22:29

            
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
            
最新コメント
アイコン画像ごまちゃん
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月11日)
アイコン画像らっきいママ
» 鶯宿温泉 ホテル鶯(岩手) (2019年05月09日)
アイコン画像ごまちゃん
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月25日)
アイコン画像孤独の温泉
» 繋温泉 盛岡市立つなぎ老人憩いの家(岩手) (2018年11月24日)
アイコン画像ごまちゃん
» 蔵王温泉 すのこの湯 かわらや(山形) 再訪5 (2017年12月19日)
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
ヤプログ!こうこく