不忘の湯(宮城) 再訪3

November 29 [Tue], 2016, 21:52
南蔵王高原にある日帰り温泉です。交通手段が車じゃないと難しいのが難点。
この辺りには個性豊かなパラダイス系温泉が点在しているのですが、いずれも廃業や休業状態なのがとても残念であります。天使ランド、ミートランド湯々里、蔵王開拓温泉、孝の湯。いずれも、お湯も施設も個性があって楽しい場所でございました。
そのような状況下で、この不忘の湯は細々ながらまだ現存しております。高齢者の安否確認ではございませんが、やっているのかどうかの確認も含めて訪れてみました。
到着すると、車の1台も停まっておりません。はたしてやっているのかしら?とさらに不安になりました。


[ひっそりと営業していました]

日帰り入浴
料金:400円
時間:要相談
    

平成28年9月 訪問


事務所に行ってみると人がいたのでホッとします。入浴できるか聞いてみるとOKとのこと。300円だと思っていたら400円の入浴料金になっていました。値上げしたようですね。後で脱衣所まで行ったら昨年の?12月に値上げされたようです。ずっと行っていなかったらか分かりませんでした。


[風呂入口 右側の所から女湯に行ける]

相変わらず狭い脱衣所です。同時に2人着替え出来るでしょうか。そのぐらいの狭さ。脱衣棚に脱衣籠があるだけでございます。この脱衣籠が小さめなので、冬場何枚も服を来ているとひとつの脱衣籠では足りないかも。


[ほんとに狭い脱衣所]

前回訪れた時もありましたが、まだこの貼り紙が存在しておりました。ペットを一緒に風呂に入れようとした人がいる事自体驚き。


[ペット連れてくるか?と思ってしまう]


[料金改定のお知らせ]

さて、お目当てのお風呂ですが開業当初に比べるとほんと淋しいものになっています。湯船の大きさも半分になってしまいました。それでも、掛け流しでお湯を提供していただけているのはありがたいこと。


[男湯 湯量でも減ったのかしら?]

置いてある洗面器で掛け湯し入浴。洗い場なんてありません。ここは湯に浸かることだけを楽しみに来る所。いろんな設備を求める人は訪れないほうが無難です。
思ったよりぬるめの設定、42℃前後だと思います。開業当初と比べると、だいぶお湯の濁りがなく透明に近い色になっています。舐めると石膏の甘みはありますが金氣味はだいぶ薄くなった気がします。自然のものですから、成分もだいぶ変わってきたのでしょう。肌への優しさは健在。これが温泉の素晴らしさかな。
ここのお湯は首まで浸かりぼけ〜っとしながら空を見上げられるのがいいですね。別荘地なのでそれほど良い景色でもないのですが、空を見ていると普段の雑踏を忘れて何かから開放された気分になれいます。特に目にやさしい。パソコンの画面ばかりみているような仕事をしている人は、遠くを見ることが出来る露天風呂、たまに訪れてみるのも良いですよ。


[湯口 結構熱い湯が注がれている]

ある程度落ち着いた所で、湯船をよく見てみると蓄積された温泉成分にてだいぶコーティングされています。排水部分も色がだいぶ変わっていますしね。チクチクが出来ていたり、サルノコシカケ状の小さいのができているような場所もありました。


[排水部分 いい色に変色済]

今回訪れてみて気に入ったのがこのパイプ。頭をのせるのに丁度よいのです。全身伸ばしながら入浴していると開放感抜群。なんだか多少見られちゃってもいいかなって気分になってしまいます。


[塩ビパイプが頭を置くのに丁度よい]

この施設全体がだんだんと老朽化してきております。もう少し補修をしっかりやると皆さん気持ちよく訪れることできると思うのですが手が回っていないのでしょう。例えば、石灯籠が置いてあるのですが、設置の仕方が若干危なっかしい。人工芝がだいぶ劣化しており、ボロボロと破片があちこちに飛んでいってしまっているなどです。
そして、なぜここにある?と以前から謎の跳ね馬も痛々しい姿に。


[なんか痛々しいです・・・]

男湯は終始ひとり。そのため、少しずつ場所をずらしながら入浴してみました。こういう露天風呂の場合、落ち着く場所とどうもダメな場所とがはっきりします。皆さんも訪れた時にはマイポジションをうまく見つけて頂けると良いと思います。


[男湯 湯口側→脱衣所側]

女湯は、マネージャーの情報だと開業当初の1/4ぐらいの湯船の大きさになってしまったようです。以前は女湯がすごい広かったので現在は男湯と同じぐらいかな。
この日は最初、賑やかなお婆ちゃん達が3人ほどいたそうです。途中でみなさん上がっていったので、その後はひとりでのんびり入れたらしいですが・・・賑やかなお婆ちゃんってパワフルですからね。たぶん雰囲気に圧倒されていたことでしょう。男湯側にも会話がほとんど丸聞こえでございました。


[女湯]


[カラの湯船がとても残念]

1時間は利用しなかったかな。30分以上はいたと思います。湯上り後は足湯を見学。残念ながらあまり温度が上がっておらず。足湯は無料みたいですね。まあ、せっかくここまで来たなら、足湯だけでなく料金払っても湯船を楽しんでもらいたいなと思うのでした。


[無料の足湯]

不忘の湯、どうも存在が忘れられがちな気がします。あえてたまに訪れてあげないと、ここもなくなってしまうのではないかと心配。皆さんも機会があれば是非訪れてみてください。
ただし、冬は脱衣所も寒いし、洗い場も無いし、いろいろ条件的に好みではない人も多いと思います。そのへんを理解できる人は楽しめると思います。遠刈田も良いですが、たまには不忘の湯にも足を運んでほしいですね。


主婦湿疹 △




  • URL:https://yaplog.jp/gomagoma/archive/1295
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
この辺の湯トラベラー さま

正直、ルビナスセンターは今どうなってしまっているのかよく分かりません。一時期は週末だけやっているとかいう状態でしたが、もうやっていないのでしょうか。

不忘の湯のベンツって水戸ナンバーでしょうか。もし、水戸ナンバーならこの別荘地の会社の人だと思います。あの別荘地は水戸の方の会社がやっているようですよ。
December 11 [Sun], 2016, 21:26
この辺の湯トラベラー
パラダイス系温泉といえばルピナスセンター(こもれび温泉)もありましたね。
不忘の湯にも久しく行ってないな(400円になってから1回だけ行ったけど)。 ここも初めて行ったときはかなりのオドロキでした。 駐車場でよく見るベンツは誰のでしょうね。
December 09 [Fri], 2016, 21:25

            
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
            
最新コメント
アイコン画像ごまちゃん
» 肘折温泉 木村屋旅館(山形) 再訪1 宿泊 (2019年06月29日)
アイコン画像ごまちゃん
» 肘折温泉 木村屋旅館(山形) 再訪1 宿泊 (2019年06月27日)
アイコン画像おんせんたまご
» 肘折温泉 木村屋旅館(山形) 再訪1 宿泊 (2019年06月27日)
アイコン画像ごまちゃん
» 飯坂温泉 ほりえや旅館(福島) (2019年06月23日)
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
ヤプログ!こうこく