ゴルフグリップの交換に必要な道具、準備編

May 03 [Sun], 2009, 3:28
ゴルフグリップの交換の為には幾つかの道具が必要ですが、一般のお宅にある道具箱の中にあるもので十分間に合います。此処では使って便利だった物を幾つか紹介しましょう。

ナイフ(古いグリップを切り取る)、万力(クラブを固定)、シャフトを挟むためのゴムのソケット、ヘアードライヤー(古いテープが簡単に取れるマジック)、はさみ(グリップテープを切る)、トレー(溶剤を受ける)、漏斗(トレーで受けた余った溶剤を容器に戻す、溶剤をグリップに入れる時等に便利です)。このほかに、新しいグリップ、グリップテープ、溶剤、これだけです。

少し詳しく説明しましょう。

1)ナイフ。

これはストレートな物でも十分使えますが、

写真のものを見つけてから、作業は速くなりし、

グラファイトのシャフトでも疵をつけずに作業できる優れものです。

アメリカのホームセンター(Home DapoやLaws)で購入可。

日本で似たような物が手に入れば是非購入をお勧めします。

外側をサンドペーパで滑らかにして置けば、

シャフトを傷つける心配は更になくなります。

このナイフ、刃が交換できるので、ストレートで使うことも可。



次は、ゴムのソケットクッション


万力で固定することなく

手で持ったままでグリップを

交換することも可能ですが、

便利ですし、力も入れやすいので

万力を使っていますが、

其のままシャフトを万力で挟むと

潰してしまいますので

ゴムのクッションを使っています。



次はグリップ関連の必要な物をご紹介しましょう。
  • URL:https://yaplog.jp/golf-usa/archive/4
yaplog!PR
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ゴルフでDIY
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-もちろんゴルフ!!
読者になる
アメリカで一家四人でゴルフを楽しんでいます。
手軽に廻れることもあり、年間ラウンド数が多く、当然グリップも痛みます。

4セットのグリップ交換、ショップに出したらお財布が悲鳴を上げました。「何でも自分でやってみよう!!」の精神でお財布にも優しく、浮いた予算は又ラウンドへ、、、

ショップに聞いたり、経験者に教わったり、自分でやってみたノウハウや、コツ、気が付いたことなど、整理してみました。お役に立てれば幸いです。

アメリカでの経験を基に書いていますが、ネットで購入色々探した経験を元に、買いやすいか?、情報が豊富か?、種類は豊富か?などオンラインのお店のレビューも載せて生きたいと思います。