コロクの思い出

2007年05月20日(日) 20時17分
コロク??知らないですよね。

初めて紹介します。
ちょうど1年前の今日、白ハルクインの小六ちゃんを連れてかえりました。
2番目にお迎えした子です。



この子は私の一番大事な子です。
ある日、小六はごたりちゃんに追いかけられて、行ったこともない真っ暗な玄関に飛んでいきました。
そして、ちょうどその時、宅配便を届けにきたおじさんが、真っ暗な玄関の扉をがばっとあけたのです。

明るいほうへ・・小六は飛び出して行ってしまったのです。

まだ3ヶ月。どんなに不安だったかと思うと、今でも胸が痛みます。


探しても探しても、コロクはいませんでした。

きっと、いい子なので、誰かの肩にとまって、いい人に保護されて、幸せにくらしているはずです。

コロクちゃんの強い運命を信じています。

迷子の如水がうちで幸せに暮らしているようにね!!

あの時、あのおじさんがドアを開けなければ・・とも思いましたが、やはり飼い主の私が悪いのです。
どうか、みなさん、本当に気をつけて下さいね。

それから、逃がしてしまった飼い主さん、きっとどこかで幸せになってると思います。


今日は思い出してしまって、うるうるです
うるうる、というより、大泣きです。

会いたいよ〜コロクちゃん。どこにいるの??

ぜったい幸せでいてね。
今までも、これからも、この子は私の一生で一番大事なかわいい子です。









旅行先で、つばめの赤ちゃんにたくさんであいました。


かわいいですよね。
カラスや、すずめ、つばめさんをみると、

・・・もしコロクちゃんをみつけたら、

「いい子にして、かわいがられて、長生きしてね」って、伝えてね〜って、
心でお願いしてます。

今日はコロクちゃん特集でした。
ちょっぴりシンミリな話題でしたが、小鳥を愛するみなさんなら分かってくれますよね。

コロクに会いたくてしょんぼりな私に、今日は温まるコメントをお願いします