うるさい奴は追い出せばいい 

September 11 [Wed], 2019, 19:19


邱国洪駐韓中国大使は11日、韓国大法院(最高裁)の強制徴用判決に関する日本の経済制裁は成功しないと述べた。

邱国洪大使はこの日、仁川市延寿区(インチョンシ・ヨンスグ)のシェラトン・グランド・ホテルで開かれた「セオル朝の対話」の招請講演で「韓中関係と韓半島(朝鮮半島)情勢」という主題発表でこのように述べた。

邱国洪大使は「近現代国の関係において経済的手段として制裁し、相手を屈服させた事例はない」とし「韓民族は自尊心が高く意志が強い民族なので安倍首相が歴史問題を理由に経済制裁を加えることは成功できない」と強調した。

続けて「経済報復措置は効果もなく国際社会の支持が受けられない」とし「このようなやり方は他の国と同様に日本も被害を受けることになって結局はあきらめることになるだろう」と指摘した。

邱国洪大使は「歴史問題において日本は加害者で韓国は被害者であり、被害者が多少過剰な要求をしても加害者は謙虚に受け止めなければならない」とし「中国は日本軍国主義の被害国として当然韓国の立場に立つことになる」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000032-cnippou-kr

2016年2月24日、大韓民国在郷軍人会日本支部

中国側が金正恩の水爆やICBM実験に対応した韓・米のTHAAD配備協議に対して吐き出す悪態や脅迫は文明社会ではあってはならない表現でなく、その方式も前近代の帝国主義時代の野蛮な様相だ。

中国共産党機関紙の環球時報とやはり中国共産党の軍隊である人民解放軍の機関紙は、大韓民国に対する敵対を超えて侵略意図を露骨に表わした。

中国外交部長・王毅は韓国に展開されるTHAADのレーダーが韓半島の防衛を超えて中国を狙うものだと強弁した。王毅は、金正恩の核ミサイル挑発への対策として‛韓半島平和協商’を主張した。‛6者協議’という世紀的外交詐欺を行なって暴圧体制に核武装の時間を与えた中国共産党が、また国際社会を籠絡しようとする。

駐韓中国大使の邱国洪は2月23日、韓国の野党代表に会って韓国を脅迫し、自分の発言をマスコミに知らせるように要請した。赦せない内政干渉だ。駐韓中国大使たちは清朝の袁世凱の真似をするのか。政府は邱国洪を好まざる人物と宣言せよ!

中国は世界的規模の反米戦略の一環として大量破壊兵器を拡散させてきた。中国こそ北韓の核兵器とミサイル開発を支援してきた張本人だ。

中国こそ米国をはじめ、周辺国を狙って核ミサイルを大量に展開している。中国は南シナ海の島々を力で占領し人工島を作ってここに射程200kmの対空ミサイルを配備して軍事基地化している。

中国が主張してきた「中華秩序」が周辺の国々を軍事力で暴力的に支配することであるのが明らかになった。中国共産党が野蛮的暴圧体制である金氏王朝を庇護してきたのは、中国自身が暴力を信奉するからだ。

大韓民国は中国との善隣関係を望んでいた。しかし、もはや中国を文明社会として対することはできなくなった。大韓民国は野蛮に屈服するつもりは全くない。

中国人民はよく考えて見て欲しい。
歴史的に韓半島を戦場として生き残った漢族の国・王朝はなかった。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:攻撃魔
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1974年7月22日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:栃木県
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
現在、携帯電話や家電製品などから出る電磁波による人体への影響が問題になっていますが、当サイトで言う『電磁波被害』は一般的な環境問題による身体の障害・病気などでは全くなく、人為的に電磁波を脳に照射し身体的ダメージや情緒・感覚の異常を引き起こすことができます。

電磁波などの科学技術を使った嫌がらせに対抗できます。
電磁波攻撃では、心理的に揺さぶり、意識を常に外に向けさせて絶えず緊張状態になります。これによって相手の精神状態は不安定でモロくなり、自身が耐え切れなくなって自ら不審な行動をとってしまったり最悪自殺にまで追いやられる場合もあるようです。
脳に電磁波などを照射されると精神状態を不安定にして感情が高ぶった状態におかれ、睡眠不足、食欲不振、幻覚、幻聴などが起こります。
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ヤプミー!一覧
読者になる