東野圭吾を知る。

September 12 [Wed], 2007, 15:21
 
 たぶん最後のご挨拶

 
 著者:東野 圭吾

 発行:文藝春秋

 私の満足度:



東野さんのエッセイ集。 

東野さんのエッセイは初めて読んだのですが・・・

面白かった!!! (*≧m≦)

出身地が今住んでいるところの隣の区と言うことを知って

より親近感が沸いたし、作家さんと言えどもこんなくだらないことを

考えてるんだぁ・・・と思う余計に東野さんが好きになりました


特に、カップ焼きそばの作り方を熱心に説明した「極意」・・・

待ち時間はだいたい2分40秒だとか、かやくは麺の下に入れるべし、

だとか・・・湯切り技を会得する為にダンベルで両腕を鍛えている?

だけあって、かなり説得力のある焼きそばの作り方が書かれていました。

作家先生も日々こんなこと一生懸命考えてるんだぁ・・・と思ったら

笑えましたけど・・・読み終わったら見事!!

カップ焼きそばが食べたくなっていた・・・というより、

東野流で作ってみたくなっていました(^∀^:)

これは、やっぱり作家先生の筆の力かしら??(笑)


あと、ありえないくらいのボリュームと品数のコース料理を出す「梅林」と

言うお料理屋さんの話も面白かったです。

料理を一度見てみたいとは思うけど・・・

これを読んでかなり臨場感が伝わってきたので

行ってみたいとは思いませんけど・・・行くことがある人がいれば

この本を一度読んでみた方がいいよ。と勧めるでしょう(笑)


そんな馬鹿げた話だけではなく、人気作家になるまでの苦悩話も

数々書かれていました。

この作品は売れたとか売れなかったとか言う言葉が赤裸々に

書かれてるのが妙にリアルです。

他の作家先生の名前も実名で出てて本の世界が好きな人には

作家と言う職業の裏も見せてもらえます。



小説もまだ数えるほどしか読んでないんだけど、

ありがといことにひとつひとつの作品を東野さんご自身が

解説してくださってるので初心者の私にはいいガイドブックになりました



これからはエッセイじゃなく、小説に熱を注ぐそうなので、

小説の方を期待したいとは思いますが、

これでエッセイ最後なんて勿体ないなぁ〜
  • URL:https://yaplog.jp/gloriousbook/archive/139
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
出身地と近いということもあって、
ちょっと近くを自転車で走ってたらこんなおっさんいそうだなぁ・・・
って思いながら読みました(笑)

ほんと、これからの作品がますます楽しみですね
September 19 [Wed], 2007, 15:18
きここ屋
東野さんを身近に感じる事ができるエッセイでした。
万引きを時効といって、告白してしまっっていたのにもびっくりしました。

今後の作品が楽しみですね。
September 19 [Wed], 2007, 6:42
P R
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像
» 女って恐ぁ〜!!!ヽ(;∀;)ノ (2007年10月19日)
アイコン画像きここ屋
» 女って恐ぁ〜!!!ヽ(;∀;)ノ (2007年10月06日)
アイコン画像
» 東野圭吾を知る。 (2007年09月19日)
アイコン画像きここ屋
» 東野圭吾を知る。 (2007年09月19日)
アイコン画像
» バレエの裏の切ない真実 (2007年09月08日)
アイコン画像きここ屋
» バレエの裏の切ない真実 (2007年09月08日)
アイコン画像
» 家族の絆 (2007年06月21日)
アイコン画像通りすがり
» 家族の絆 (2007年06月20日)
アイコン画像あや
» 魔法本の原点 (2007年03月30日)
アイコン画像いちろ
» 魔法本の原点 (2007年03月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絢(aya)
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
図書館通いしながら、興味の赴くままに本を借りて読んでいます ファンタジーとミステリー系が多いですが・・・楽しい話、為になる話、笑える話、泣ける話、心を豊にしてくれる本を探しています。お勧めがある方はぜひ教えてくださいませ
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/gloriousbook/index1_0.rdf