久々の!

November 17 [Sat], 2018, 11:55
ご無沙汰しております、Vnのnonoです(^^)
朝晩寒くなり、インフルエンザも流行りつつありますね。
私も本日予防接種をしてきました!みなさんも風邪には気をつけて下さいね(^^)

今回は弦トレーナーの先生をお招きして分奏練習を行いました。



今回の演奏会のメイン曲である『となりのトトロ』を練習しましたが、今までの練習よりややテンポが速く、ついていくのが大変でした…。
ただ、テンポを少しあげるだけで爽快感や疾走感があり、とてもトトロらしい曲になって、楽しく弾くことができました(^^)

まだまだ細かい音が取れていなかったり、リズムが取れていない箇所もあるので、これからは細かい部分を集中練習して弾けるようにしていきたいです!

また、弓の動かし方や音楽の作り方も丁寧に教えて頂いたので、気を付けながら弾こうと思います。

来週は指揮者の先生を招いてのトトロの合奏です♪
今回教えて頂いたことをよく復習して、来週に挑みたいと思います(*´ω`*)

11月4日 分奏

November 17 [Sat], 2018, 11:53
みなさんこんにちは、団長です。
長いあいだおつきあいいただきましたが、
団長の駄文もおそらくこれで当面は見納めになります。

ということで、(当面は)最後になる、
団長の11月4日の練習日記です…

えー、この日は第1日曜なんで通常は合奏日に充ててますが、低弦パートのトレーナーの先生が来てくださったので各パート、分奏練習となりました。

それで低弦パート用にひと部屋、ヴァイオリンなどの高弦パート用にひと部屋、
残るはひと部屋…ということでこの日は木管パート、金管パート一緒での練習です。

このメンバーで一緒に音を出すのは少しひさびさでなおかつ、トトロについては初めての木金分奏になります。

やはり合わせてみたらなかなか大変でした。
弦楽器がいることでこれまでテンポや噛み合わせを掴んでこれたところが多々ありましたね 。

そんな課題を洗い出せたので、この日も非常に有意義だったと前向きに捉えています。

そして、そんな我々の練習を部屋の外から聴いておられた低弦の先生が、
「そうだ、トトロをやろう」と、
低弦のメンバーに提案をしてくださったそうです。

演奏を聴かれてしまった気恥ずかしさとともに
一応、「となりのトトロ」に聴こえていたんだな
という安堵感が去来しました。

その後、残り時間10分というところでわたし、
余計なことを言ってしまったかもしれません。

「来週の金管の先生のレッスン、
マイスタージンガーなんだよね。
昨日ひさびさに吹いたら悲惨で…」

とこぼしましたらリーダーが

「よっしゃ、最後にマイスタージンガー通して終わるか!」

一同
「………」

その前に全体力、全唇を消耗しきっていたのもあり、

鶴の一声でひさびさに音を出したマイスタージンガーは、
もうお察しくださいという内容になり…

わたしは、この曲を吹き通すスタミナすらないことに改めて気づきました。

今回のプログラム、わたしの天敵はトトロではなくてマイスタージンガーだと思い知りました。
折り返しを過ぎた地点でまたふりだしに戻されたような気分ですけどね、まためげずに練習を続けていきますので今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

そして気が向いたら会場にぜひお越しくださいませ。

平成30年11月17日
みなさんの健康と交通安全を祈って…

岐阜ドルチェ管弦楽団 団長

10月28日 合奏

November 12 [Mon], 2018, 12:51
みなさんこんにちは、団長です。
現実時間は11月の半ばですけど、
ここの時間はまだ10月から出られません。
が、10月最後の日記、書いていきたいと思います。

さて、この日はふだんの練習場所より少し南にあります、柳津生涯学習センターにて合奏練習を行いました。

前週につづいてトトロの合奏です。

合奏なんですが、金管パートはこの日ちょっと人が少なく、トランペットさん不在、
我々トロンボーンパートもひとりお休みということで、自分たちの音がまる聞こえという環境での練習となりました。

そうなりますとなんでもなさそうな音階で音程が悪かったり、そういうのが全部知られてしまいますからね。

我々にとってはひじょうに戒めとなる、
実りある練習だったと思います。

そして午後からは本番のホールに出向いて、
いろいろと調べものをしてきました。

なんだかんだで本番の足音がひたひたと聞こえてきています。

あぁ怖い…

練習予定(1月13日現在)

November 09 [Fri], 2018, 10:00

※練習日程は随時変更・追加されることがあります。
見学をご希望の方はいちどお問い合わせ 頂き、日程等ご確認の上お越しねがいます。


▪1月20日 合奏 9:30〜15:30
東部コミュニティセンター大集会室
★指揮者来団

▪1月27日 分奏 9:30〜12:00 柳津生涯学習センター
弦・木管/多目的ホール
金管/第1研修室
★金管トレーナー来団

▪2月3日 分奏 南部コミュニティセンター
弦・金管/大集会室
木管/音楽室
★木管トレーナー来団

▪2月10日 合奏 9:30〜12:00
柳津生涯学習センター

▪2月17日 合奏 9:30〜15:30
東部コミュニティセンター大集会室
★指揮者来団

▪2月24日 合奏 9:30〜12:00
柳津生涯学習センター

▪3月3日 合奏 9:30〜15:30 ホール練習
★指揮者来団

▪3月10日 合奏 9:30〜12:00 会場未定
★指揮者来団

▪3月17日 合奏 9:30〜12:00
南部コミュニティセンター
大集会室
★指揮者来団

10月21日 合奏

November 08 [Thu], 2018, 12:40
10月21日 合奏

みなさんこんにちは、団長です。
更新が後手後手でごめんなさい。
別段忙しくもないのに筆が進まないこのごろですが、記憶をふりしぼって21日の練習を振り返っていきますね。

10月21日は、「となりのトトロ」の初合奏日でした。

9月末に楽譜を配ってから個人やパートで練習してきた人もいるでしょうし、
コンサートや運動会ラッシュでほとんど練習できない人もいたと思いますので、
この日の出来不出来でこの先を占うのはいささか乱暴な気もしますが、

ただやっぱり、音を出してみたらどんな感じだろか、という気持ちがはやるのが人間かもしれません。

というわけで?

比較的わかりやすいメインテーマから合奏が始まりました。

全8曲のなかの一番最後の曲です。

みなさんのなかでも、好きなもの、好きなことを後にとっておくタイプと、先に手をつけるタイプに分かれるかと思います。

また、手のかかりそうなしごと、やっかいなかしごとを先にやる人、後回しににする人、様々ですよね。

この日の練習を仕切ってくださった方は得意なものから手をつけるタイプなんだと思いました。

合奏ではそれもありかなと思います。
いきなり難しい曲をやってテンションを下げるのもあれですし、時間配分を考えたらやりやすい曲を先に流してからやりにくい曲をていねいにやったほうがいいですしね。

ただ個人練習の場合、わたしはカラオケ店などで時間が限られてる場合は苦手なとこだけを執拗に練習することが多いです。

(それでも下手くそなのは何故だという疑問はご容赦くださいませ)

さて、肝心の合奏のほうはどうだったかと言いますと、やっぱりまだまだいろんな意味でこれからだなぁと思いました。
この譜面と向き合っている時間にだいぶバラつきがあるように感じました。

それでも初回からきっちり合わせてくださる方もいました。
すごいなと思いましたよ。

わたしもまた執拗に練習と録音(個人練習中にiPhoneで録ります。けっこう凹みますが)を繰り返していきたいと思います。

…記憶をふりしぼって…
と言ったわりには前々から考えてたような文章のようですね。

それは、何週間か前に書きかけたまま保存してあった文章があったからです。
そのときはこんなことを思ってたんですね。

SNSの発達で、これまで日記が三日以下坊主だった人も、手軽に記録や当時の思いを残せるようになりましたね。

さて来月はどんなことを思ってるでしょうか。

10月14日 分奏

October 27 [Sat], 2018, 11:24
この日も、2週続けて分奏となりました。
金管パートは前回に引き続き、
「となりのトトロ」の練習をしました。

2回目の分奏ということで、初回よりは絶望感がちょっとうすれたかもしれませんね。

根気づよく練習を続けることでしかクリアできないことがたくさんあります。

…実際、練習を続けてたのに、結局本番までに吹けるようにならなかった、間に合わなかったということもありました。

だけど、練習しなかったら「惜しかった」
「悔しい」という気持ちさえ湧きませんし、
何が足らないか分からないまま次の譜面をもらうことになり、次につながるものも何もないんだろうなと思います。

なのでたまには不毛だと思いつつも練習を続けています。

…そんな思いでせっせと分奏をしてましたけども、
この日は予定が入っているメンバーがいて、
11時ごろには自然解散となりました。

ひとりきりで練習室を貸し切るのも快適ですよ。
カラオケ店より吹きやすいですからね。

次回はいよいよトトロ初合奏です。

10月7日 分奏練習

October 20 [Sat], 2018, 12:18
更新が滞っておりごめんなさい、団長です。
2週間経ちましたが10月7日の練習についてご報告したいと思います。

この日弦パートはトレーナーの先生をお呼びしての分奏レッスンでしたが管楽器はそれぞれに
先生なしでの自主分奏練習です。

10月になりまして、念願の「となりのトトロ」の楽譜が届きましたので金管パート、木管パートともにさっそく音出しをしました。

こちらはプロの録音が世に出ているためずっと聴いていたんですが、改めて譜面を見るととても難しいなと思いました。

これまで、ひとつの演奏会のために1年かけて練習してきたわれわれですので、
約半年でこれを仕上げるというのはかなり大変なことです。

限られた時間のなかで個人、パート、オケ全体、
それぞれ有意義な時間の使い方をしたいものですね。

…と、優等生的なことを言っては見たものの、
「ちょっとこれ大丈夫か…」
と本気で思いましたよ。

それでも練習一回こなすごとに、
わずかにですが、徐々に絶望感がうすれてきてますからね。
その積み重ねしかないと思います。

あまり時間はありませんが(笑)

わたくしどものチャレンジを、よろしければ
あたたかく見守っていただけたらと思います。

9月30日 合奏

October 07 [Sun], 2018, 19:45
みなさんこんにちは、団長です。
またまた一週遅れになりごめんなさいね。
最近どうも疲れやすいというか、
長い文章を打っていると途中で寝落ちしてしまうことがしばしばあります。

なのでこの日記も一度で書ききれるかどうかわかりませんが、意識あるかぎり頑張って日記を書き進めて行こうと思います。

…さて、9月30日、指揮者の先生をお呼びしての合奏練習でした。

10月になるとまた大きな曲の練習が始まりますので、この日はこれまで練習した曲を全部見ていただきました。

またまたこの週末には台風が接近してまして、
練習を実施する、しないの協議を早朝にするために早起きせねばならず、それができるかが心配で夜中に何度も目覚めてしまったりもしてちょっと眠たかったですが力いっぱい吹きました。

もちろんなんでも力ずくはよくありませんけど、
気持ちは先生に伝わったようで、
「気持ちのこもったいい演奏でした」
というお言葉を頂きました。

しかし、それで安心しきってはいけませんからね。
それはそれでありがたく胸にしまっておいて、
また新たな気持ちでチャレンジを続けていきたいと思います。

この日の練習のなかでは「トレーニング」として、
タテヨコがそろっていない箇所をピックアップしての練習もありました。

同じパートや近隣のパートで音をそろえるのはもちろんのことですが、
それだけでなく、同じ動きをしていたり
掛け合いがある遠くのパートともしっかり息を合わせないといけないなということを感じました。

今回の合奏も録音をしてもらいましたので
先月の合奏とどう違うか、先月反省したところは改善されているか、楽しみなところです。


…どうにかここまで寝ずに書ききれました。
それではみなさんまた次回!

9月23日 分奏練習

September 30 [Sun], 2018, 15:31
こんにちは、またまた台風が近づいてますね。
皆様の無事を祈りつつ、一週遅れとなった前回23日の練習を振り返ろうと思います。

9月23日、この日は金管トレーナーの先生の指導日でした。

でした、が…やむを得ない事情にて延期になりました。

先生が来団されるということで無理に都合をつけていたメンバーもいたので、
予定がある人はそちらを優先してもらうよう伝えました。

それでも5人くらい集まってくれましたので、
軽くミーティングしてから、12月の団内アンサンブル発表会の曲を練習したりしました。

金管アンサンブルの難しいところは
実際に演奏するメンバーの編成と、
譜面が指定している編成がなかなか一致しないところです。

たとえば一般的な金管五重奏の曲の編成は
トランペット2本、
ホルン1本、
トロンボーン 1本、
チューバ1本
ですが

うちのオケの金管パートのメンバーは
トランペット1人
ホルン3人、
トロンボーン 3人、
チューバ0人

です。

トランペットとチューバは不足、
ホルンとトロンボーンは余ります。

それでは金管七重奏はどうかというと、
トランペット2本、
ホルン1本、
トロンボーン2本、
ユーフォニアム1本、
チューバ1本

やはりパートが合いません。

仕方がないので本来のパートとは違う譜面を渡さないといけないのです。

金管楽器はそれぞれに音域や調性がちがうため、ハイ、と楽譜を渡されてもすぐにすらすらとは吹けません。

そんなこんなで楽譜に音を書き込んでもらいつつも何曲かあわせました。

今後も少しずつ練習を重ねていって、
なるべくきちんと仕上げれたらいいなと思います。

ちなみにこの日、弦楽器と木管パートは別会場にて練習でした。

音域の高い楽器と低い楽器、
それぞれに分かれて練習をしようと計画してくれていたのですが、
メンバーが集まらず結局全員一緒に練習したそうです。

綿密に予定を組んでもその通りいかないこともありますが、めげずにまた頑張りたいと思います。

9月16日 分奏練習

September 22 [Sat], 2018, 17:19
みなさんこんにちは、また団長です。
今月2回目の3連休いかがおすごしでしょうか?

中にはお仕事の方もいらっしゃるかと思います。
わたしもかつてはそうでしたので分かります…

やけに空いてる電車、休日ダイヤ、
休日は動かないエスカレーターなんかもあり…
なんかやるせない気持ちもわかります。

さて、今月1回目の3連休だった16日の練習、
この日もまたまた木管金管での練習でした。

場所はいつもと違って、瑞穂市の牛牧北部防災コミュニティセンターの集会室です。

弦楽器のみなさんは、柳津の会場にトレーナーの先生をお呼びしてのレッスンでした。

メイン会場の南部コミュニティセンターは敬老会のイベントのため終日使用ができなかったため
このような布陣となっていますが、
ここの会場もなかなか快適です。

合奏に使えるくらいの広さがあり、音響もよく、
この人数ではちょっとぜいたくな部屋でした。


そんな会場で小さな輪をひとつ作って練習を始めたわけですが、この日はうれしいことにクラリネットパートに見学者が。

当然ですけど我々と合わせるのは初めてのはずなのに上手に合わせてくださり、とても楽しくアンサンブルができました。

いっぽう、わたくしはと言いますと
まだ音を出すのにホントにいっぱいいっぱいで、
やれ間違えた、走った、おくれた、
と全く余裕がありませんでした。

たとえばせっかく輪を作って吹いてますので
木管の方の指を見るだけでも合わせやすくなるわけですが、常時それをやることがなかなかできません。

まだまだ修行が必要ですね。

練習が終わった後、わたしは本番の会場に出向いてホールの予約手続きをしてきました。

岐阜の中心からはだいぶ離れてますけど、
地元の方々のご尽力もありまして、
有名な歌手の方もたくさんいらっしゃってます。
ちなみに昨年は南こうせつさんがいらっしゃってましたし、今年は小椋佳さんがいらっしゃるそうです。

こんなに素晴らしい方々と同じ会場を使わせてもらえてありがたいなと思いました。

3月24日、ぜひお越しくださいませ。
管理人
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:どるみ
読者になる
2018年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30