プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gifu_moe
読者になる
2007年09月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
牧戸駅 / 2007年09月27日(木)


高校の修学旅行で信州に行った。

コースの詳細は省くが、福井から高山まで庄川沿いを遡上して白川郷を通り、御母衣ダムを経由して高山で泊まりだった。当然、牧戸を通り清見を通らないことには高山につかないわけで、それからシラカバの並木を通っていくのだが、よく修学旅行のバスがこの峠を越えたなと思う。当時は高速道路もなかったし、ボロボロの峠道だった。もっと驚くことは次の日、丹生川を通って上高地に行くのだから…。

ぎふ萌えは高校以来だからどれだけの月日がたったのかわからないが、その理由が、バスから見えたこの建物がきっかけだった。ここから南に峠を上っていくとどこにたどり着くのかずっとそれを知りたかったというのがぎふ萌えの始まりだった。

撮影場所の地図はこちら
 
   
Posted at 15:50 / 高山市 / この記事のURL
コメント(0)
神岡鉄道漆山駅址 / 2007年09月04日(火)


平湯からひたすら自動車を北に走らせていた。

神岡を過ぎると国道41号線に入る。ところどころ途切れた線路を見ることができる。国鉄時代は神岡線。いつしかそれは神岡鉄道と名を変えてずっと神岡の人たちの足代わりとなっていた鉄道が2006年の12月に突如消えた。

本日、たまたま駅の売店で見受けた堀田ゆい夏が表紙の「漫画アクション」に連載されている「駅弁ひとり旅」でJR北海道バスの運転手がいった

「絶対廃止しちゃなんねえ!…理由は廃止されたらもう二度と復活しないからだ」

ということに尽きるわけで、途切れた線路はもうつながることはない。歴史にif…はないけれどもし、神岡線がそのまま国道471号線を遡上して新穂高温泉までつながっていたら?

状況は幾分変わっていただろうか?それともいずれ廃止されたのだろうか?

漆山駅は駅のかたちを遺していた。神岡鉄道の他の駅はどういう状況だろうか?紅葉の時期にまた訪れてみたい場所のひとつでもある。


撮影場所の地図はこちら


 
   
Posted at 22:50 / 飛騨市 / この記事のURL
コメント(0)
交通情報案内板(福井県大野市中島-雲川橋) / 2007年09月02日(日)
夕方に白鳥から油坂峠を越えて九頭竜湖を見ながら車を走らせていた。

黄色いつり橋を通って福井県の県道230号線を走っていくと道幅が極端に狭くて驚く。そこで峠を越えて貯水池を見たころには時計は夜7時を指していた。

国道157号線と落ち合うと交通情報案内板は



と示していたので結局は峠を越えることを断念せざる得なかった。ここから峠まで少なくとも20kmはあったからである。往復すると40kmの距離のロスとなる。



それから三日月の風景を記録したのだが、こうしてみると越境できない峠で一夜を明かすのも悪くはなかったのかも、いつかまた車を借りてここで一晩明かしてみよう。

撮影場所の地図はこちら
 
   
Posted at 14:00 / 福井 / この記事のURL
コメント(0)
ぎふ萌え / 2007年08月29日(水)


本日から岐阜地区の写真付きレポート「ぎふ萌え」をスタートします。
しょこたんブログのようにまめに更新はできませんが
まあなんとか記事が書けたらいいなと思っています、では…
 
   
Posted at 00:11 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
P R
月別アーカイブ
 
 
 Powered by yaplog!