「神々の血の系譜」〜外伝・その羽根の行方〜40話。

2018年05月27日(日) 10時23分
〜あらすじ〜
過去の世界の記憶を取り戻したエヴァとケルベロス。
それは結果として、すれ違う2人。
呂布の元へ向かい、面会するエヴァと本当の心を取り戻したケルベロスは……?
このブログのリンクバナー。

ランキングに参加中です。押して下さると幸いです。

キャラクターグッズ ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

READ MORE...からお読み下さいませ
40話・裏切り想い。



エヴァは呂布と対面した。
「初めまして、だよね・・・。」
呂布はエヴァを見下ろすかのように眺めた後座るように促した。
「エヴァ、お主は記憶が改ざんされていると自覚はあるのか?・・・モイラ?」
「私の本当の神名はそれらしいね・・・クロノスと相打ちだったみたいだけど・・・。」
「成る程な・・・其れを知っているなら、何故クロノスをまた殺そうとしない?」
「それは・・・。」
エヴァの脳裏にクロノスの従者として歩くケルベロスの姿が浮かんだ。
「私がクロノスとケルベロスの仲を引き裂いた・・・どうして、消滅したはずのクロノスが生きているかは分からないけど・・・。」
もし、生きてなかったら・・・私は後悔する。
クロノスは立派だった。
「それより、箱舟を堕とすのを止めて欲しいの!」
「ああ、あれは私の意志かと思ったか?」
「違うの?」
エヴァはてっきり呂布が上げている物だと思って居た。
「過去の遺産を譲り受けただけだ・・・。我々の敵は、人間としているがそれは・・・嘘だ。」
「えっ・・・?」
「クロノスがイレギュラーの存在のようにもう1人、居るのだ・・・真の敵が。」
「それは誰・・・?」
「まだ、見張られている・・・それより、ケルベロスの心はクロノスに傾いたのではないか?」
痛いところを突かれた。
箱舟での偽りの思いでも、偽りのケルベロスと過ごした日々も嘘・・・。
「・・・。」
エヴァはギュッと拳を握りしめた。
「それでも、私は――・・・。」
その頃、クロノスは中庭でゲオルと語らっていた。
「布津、いきなり用事が出来たと言いましたけど・・・。」
「嫌な予感でもするのか?」
「それより、エヴァ様達と一緒では・・・無かったんですね・・・てっきり一緒かと・・・。」
クロノスは首を横に振った。
ケルベロスは歩いていた・・・。
クロノスのわずかな神気の後を辿りながら・・・。
そして・・・。
クロノス、ゲオルと話している。
あんな穏やかな顔をして。
あんな表情も出来るんだ・・・。
いや、俺に見せないだけで。
本当はあんな風にも笑えるんだ。
「・・・?」
クロノスがケルベロスの方を振り返った。
「ゲオル、席を外せ・・・?」
「どうしたんです?急に。」
「いいから、布津を探してきてくれ。分かったか?」
「は、っはい。分かり、ましたけど・・・。」
ゲオルは何も知らずにケルベロスとは反対方向に走っていった。
ケルベロスはゆっくりとクロノスに近づく。
「よく、気づいて貰えた・・・かな?」
「何故、お前が居るんだっ!あの距離でどうして、呂布はどうしたっ!?」
「色々事情があってさ。俺、過去の記憶、思い出したんだ・・・本当に護るべきはクロノスだったと。」
クロノスは微かに驚いた顔を浮かべた。
「・・・何を・・・?」
「俺は記憶を操られていた・・・マスターであるクロノスが消滅して俺の記憶データはモイラであるエヴァに移行していたんだっ!」
クロノスはケルベロスを見上げた。
「今更だけど、今まで酷いことをしていたけど・・・俺は今は、貴方のために戦いたいんだ・・・。」
ケルベロスは視線を逸らさずに言い放った。
暫し、沈黙が流れる・・・。
「俺は・・・今更、馬鹿か?エヴァの傍に居てやれよっ?」
プイッと横を向く。
「お前はエヴァを支えてやれよ?」
そのまま言い放ち、立ち去ろうとする。
「クロノスっ!?」
慌ててケルベロスがクロノスの前に立つ。
「もう、何も投げ出す事無いじゃないかっ!?」
「投げ出していないっ!!」
「・・・やっぱり、クロノスは俺の事を嫌いになっているよね・・・。」
クロノスは微かに顔を強ばらせた。
「ああ、大っ嫌いだっ!!!」
「・・・。」
そう思われているかも知れないが、実際に言われれば傷付く。
「お前の事なんて、なんとも思ってないからなっ!?来るなっ!!」
クロノスは激しく叱咤する。
過去は昔は、もう戻れない・・・。
「じゃあ、裏切ったのにどうして俺を殺さなかったのっ!?」
「・・・それは・・・」
クロノスは言葉を探して絞り出すように言う。
「お前はもう他人だったからだっ!」
確かに新しい今の世界では他人のように接してきた。
酷いこともしてきてた。
だから、何も言えなくなる。
今更、そう今更なのだ・・・。
「モイラの事を思い出しても、もう手遅れ?」
許されないとは思って居た。
しかし、微かに望みはあった・・・。
だから、どうしても食い下がっていた。
「答えてよっ!」
「モイラ、いや・・・エヴァと仲良く接してろよっ?」
冷たい態度で言い離されてしまう。
ケルベロスはエヴァの想いより、クロノスの想いを優先した。
しかし、それはもう手遅れで・・・。
「関わるな・・・本当に呂布も何考えているんだが・・・?」
クロノスは呟くように言い放つ。
  • URL:https://yaplog.jp/ghjtlnggf/archive/1397
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kana
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月8日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-最近、漫画読んで・・・ないw;
    ・インターネット-ほぼニコ動と某巨大掲示板を観てますw;
    ・ゲーム-声優の保志さんが出演する作品ばっかり買ってます。声フェチなので♪
読者になる

ハマっているゲーム

「シャイニング・ブレイド」特にお気に入りはレイジ。
「ZWEI II Plus」アルウェン姫のゴス的な服装と性格。

「薄桜鬼」原田左之助。歴史物好きで以前から新撰組ファンでした。
ハマっている漫画

カゲロウデイズ

セトが好き過ぎて生きていくのが辛い。萌え☆ミ
ブログランキングにほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
最新コメント
アイコン画像kana
» 論。 (2018年02月04日)
アイコン画像にゃんにゃん
» 論。 (2018年02月03日)
アイコン画像kana
» 新年挨拶、遅いです・・・・。 (2018年02月02日)
アイコン画像ぽりだい(poridai)
» 新年挨拶、遅いです・・・・。 (2018年02月01日)
アイコン画像kana
» 削除された・・・? (2018年01月30日)
アイコン画像ikuyu
» 削除された・・・? (2018年01月07日)
アイコン画像にゃんにゃん
» 削除された・・・? (2017年12月23日)
アイコン画像ぽりだい(poridai)
» 「神々の血の系譜」〜外伝・その羽根の行方〜35話。 (2017年10月19日)
アイコン画像にゃんにゃん
» 「神々の血の系譜」〜外伝・その羽根の行方〜32話。 (2017年05月12日)
ブログランキング
https://yaplog.jp/ghjtlnggf/index1_0.rdf