(無題)

2007年10月25日(木) 13時39分
『私割と死にたい人なんです。』

内容も気になるが、日本語間違ってるよ君。


『私割と死にたい人なんです。』と言った彼女の左手首には幾つもの切り傷が、所によっては重なりながら並んでいた。
新しい傷と思われる鮮やかな赤い傷や、古い青くなった傷。治りかけの茶色となったかさぶた等々、それは見ていて正直気持ちのいいモノではない。


『手首を切ると安心すると言うか、落ち着くんです。』


つまり、君はその手首の数の分自分を落ち着かせて、その分心も傷付いていたのだ。




『今日パニックになったから、明日からはもう大丈夫。でもまた一ヵ月か、三ヵ月か、もしくは一年後か、また私は手首を切ることになるでしょうね。もしかしたら、その時は命も。』



つまり、それは彼女を定期的に苦しめているのだ。
そしてそれは、次があるとは決して限らない。
最悪な終焉もどこかにある。



『治ることは無いと思います。』



最悪の状態を逃れられたとしても、終りはないのだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ggmgmm
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる