種類のおもちゃ記_ 600字_作文網

May 06 [Wed], 2015, 16:08

も自業自得。私は、種のおもちゃも得られるかどうかおもちゃね、そうすれば、私に更に多くのおもちゃじゃないか!考えにおもちゃを買いに来て、壊れたまた重買って、またお金を、今1株のおもちゃの木はかからない。|

|やると言って、私は私の一番のお気に入りのおもちゃ:おじけづく絨のウサギ、熊のぬいぐるみを抱いて出てきて、そばに置いて田葉。鍬を小さく、鍬をいっしょに来て、更にスコップ土をすくう出てきて、そして私の毛をウサギに、熊のぬいぐるみはそっと置いて掘った穴の中で。更にスコップを埋めて穴を埋めて。私は私の小さいバケツを取って、水をいっぱいに積んで、スプーンですくう均一なこぼし淡い水土の上に。このように、私のおもちゃの過程で終わった、今はなどそれらが花盛りだ……



座って毎日田野沿い、辛抱強く待って待って、おもちゃの発芽のあの日……|

|ある日、おじさんは私には「馬鹿な子で、おもちゃは生物、おまえがいくら水施肥、それもできない発芽して、甚だしきに至っては開花結おもちゃの。無駄なお金を使いたくないし、あなたは大切にして、よく私たちを愛しなさいあなたに買ったおもちゃ。これは最良の方法。」私の利いたふう:“しかし、この二つのおもちゃをするとされました。どうしようかな?」「今度、おじさんはあなたを連れて、新しいのを買うのは良いですか?」「うん、ありがとうおじさん!」|

|どれだけ、私はまた座って田野沿い、再び訪れ種類のおもちゃの場所。あれ?これは何ですか?ああ、芽の?私の植えた玩具は発芽して、我慢の心の喜び。確認するためには本当に、私は再び開い土壌、元は1粒の西の種の芽が出た。これでやっと体得して、ちょっと天国では一気に地獄の気持ちは本当によくないよ!|

|今思い出してあの幼稚な当初の私、対比今反逆の私は、完全に別の二人だよ!しかも行かつ大切。今を大切にし、思い出は当初。ばかりでなくて、実踐、自分を信じてが見た、聞いた。|

|自業自得で、何でもある。|

|中3:梁秀清|

|作文網が無断転載|ない特別|

タオバオ代行

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31