BRAINTICKET "CELESTIAL OCEAN" ITALY RCA DLISP 34156

December 10 [Sun], 2006, 10:38

スイスのサイケデリック・グループ、ブレインチケットの3作目。
ブレインチケットは3作ともそれぞれ全く異なるコンセプトで異なるレーベルから出ている。
1作目「cottonwoodhill」はドイツのHALLELUJAHレーベルから、2作目「psychonaut」はBellaphonレーベル、そしてこの3作目はイタリアRCAとドイツRCAから出ている。イタリア盤とドイツ盤はジャケットのデザインが全く異なるが、一般的にはこのイタリア盤がオリジナル(録音も1972年ローマで行われている)とされているようだ。

このたびオリジナル盤を購入してみて初めてわかったことが下記の通り。
1.見開きジャケットの向きが逆丁合となっている。
 通常レコードの見開きジャケットは見開いた右側にレコードを収納するが、このレコードでは左。
2.見開きジャケットは「ユニパック」と呼ばれるタイプ。
 見開いた片側が一枚紙でもう片方が二枚紙でレコードを収納できるようになっている。
 またイタリアのレコードでごくたまに見かけるレコードを上から収納するタイプ。
3.レコード会社の関係かRCAロゴが修正されている。
 ジャケットとレーベルの両方がテープで隠されている。にこれは隠されていないタイプも存在する。
4.ポスターが付いている。(一番下の写真)
 写真の通り特大ポスターが付属している。ジャケットの不可思議なデザインと相まって謎多きコンセプチュアルアートだ。

ブレインチケットは3枚とも非常に面白い作品で、やがてすべて揃えたいと思っている。
本ブログ継続中に入手できればその時に紹介するつもり(無理かもしれないが..)なので、3作目のみについて軽く紹介すると、ジャケットを見ても想像がつくが『エジプトの死者の書』に触発されて制作されたそうだ。アコースティックなパートとサウンドイフェクト、電子音がほどよく入り交じって、聴いているとめくるめくようなフリークアウト感が味わえる。シタールやタブラと電子音が同居していることろが時代を象徴しているようでもあり、どこか現在の音響系にも通じているように感じられる。
なんでもCleopatraから出ているCDは制作時のテープ編集にミスがあり、本来ないブランクがあったり1曲目と2曲目が誤った配列でつながっていたりしているそうだ。

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

いや?おはようございます。 さすがですね! この盤をお持ちとは?ポスターも拝まさせてもらいました。 BRAINTICKETは3RDでいったん完結っぽいですね! その後も活躍していますが未聴です。 2002年に新譜が出てGETしましたが・・・スペーシーな広がりは 圧倒するものがありました。TBありがとうございます。

by evergreen May 16 [Wed], 2007, 8:30

ピコピコさん、やっと手に入りました、ブレインチケット!記事にある通りで、CDはテープ編集のミスが有るんだそうです。そのことを聞いてからずっとオリジナル盤を探していました。ちなみにドイツ盤の青っぽいデザイン違いのジャケットも見たことありますけど、かなかイイですよ。

by geppamen December 12 [Tue], 2006, 12:29

レコヒロさん TBありがとうございました!ブレインチケット大好きです。初めCottonwoodhillを探していてその時見つからず このアルバムを最初に聴いたんですが、 ほんと次から次へと驚くような感覚に感動して一番印象に残ってます☆ ポスターも初めてみました!!じっくり見てみたくなってしまいました☆☆

by upa**va27 December 11 [Mon], 2006, 9:58
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:geppamen
  • 性別:男性
  • 誕生日:11月19日
  • 血液型:O型
  • 現住所:東京都
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・音楽鑑賞
    ・レコード蒐集
    ・自作オーディオ
読者になる
40代は第2の思春期なのだそうです。思春期に惹かれたものをもう一度ひっぱりだしてきて後生大事に整理を始める今日この頃。プログレを中心としたアナログレコード集めに人生の貴重な時間を費やすささやかな記録です。
geppamenをフォローしましょう

2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ブロンゾ
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
geppamen
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
ブロンゾ
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
Keiji Ashizawa
» 私のアンソニー・ムーア考 (2017年10月21日)
geppamen
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
ブロンゾ
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月23日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月18日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月17日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月14日)
https://yaplog.jp/geppamen/index1_0.rdf