東京サウンド Valve 300 SE Part 3

August 10 [Fri], 2018, 19:45
しばらくお休みしていたが夏休みに入ったので、東京サウンド Valve 300 SEの修理を再開。
先月初めに途中まで実態配線を睨みながらテスター片手に回路図を書いてみたが、謎の「Hojun」という音質調整回路の部分を積み残し課題としておいたが、ようやく片付けた。




それにしても実物見ながら回路図を引くのは本当に疲れる。。
セレクタ部分が小さくて配線がゴチャゴチャしているので一日かかってしまった。

書き終わったところで再度WEBを検索してみたら、出力段部分についてのみ記述を発見した。
どうやらP.A.T(Positive Alternating Turn)回路と呼ぶらしい。
曰く
「ビーム五極管を単にプッシュプルで動作させただけでは出力の増大は図れても音楽の自然な美しさを再現することが困難でしたが、東京サウンドではP.A.T回路によってパワーとシングル並の自然な美しさを両立させています。」
そんなにうまくいくわけねえだろ。

名前からしてポジティブフィードバックの一種である模様。
私が書いた回路図とほぼ同じだったので、「回路図起こし」の力に少し自信がついた。




回路や内部構造を見て、オーディオ用真空管アンプならあまりやらないであろう設計思想をここそこに感じたが、一般に商品の長期安定性からあまり使わないポジティブフィードバックを使うところにギターアンプ屋さんらしさが出ていると言うべきか。

さすがグヤトーンさん。

果たして残りの夏休みでオリジナル回路の音を再生できるか?
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:geppamen
  • 性別:男性
  • 誕生日:11月19日
  • 血液型:O型
  • 現住所:東京都
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・音楽鑑賞
    ・レコード蒐集
    ・自作オーディオ
読者になる
40代は第2の思春期なのだそうです。思春期に惹かれたものをもう一度ひっぱりだしてきて後生大事に整理を始める今日この頃。プログレを中心としたアナログレコード集めに人生の貴重な時間を費やすささやかな記録です。
geppamenをフォローしましょう

2018年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ブロンゾ
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
geppamen
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
ブロンゾ
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
Keiji Ashizawa
» 私のアンソニー・ムーア考 (2017年10月21日)
geppamen
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
ブロンゾ
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月23日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月18日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月17日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月14日)
https://yaplog.jp/geppamen/index1_0.rdf