IN SPE "ENSEMBLE" USSR (ESTONIA) MELODIA C60 19367 001

March 29 [Sun], 2009, 22:46

旧ソ連のエストニアのバンドIN SPEの1983年発表のファースト・アルバム(らしい)。
キリル文字が出てくるとさすがに辺境感がいや増してくる。
バンドメンバー8人と大編成でErik-Sven Tuurという人(キーボード奏者)が主に曲を書いている。どうやらリーダーのようだ。
A面を占める組曲が「7人の奏者のためのシンフォニー」というタイトルだが、8人編成なので誰か参加してないのかな?

エストニアという国はフィンランドからフェリーで日帰りできる距離にあり、フィンランド人の友人に聞いたところエストニア語はフィンランド語と似た感じらしい。友人曰く、北欧のなかでもフィンランド語はスウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語とは言語体系が似ていなくて、似ているのはエストニア語の他に少し飛んでハンガリー語(マジャール語)と似ているのだそうだ。フィンランド人はエストニア語が分かる人は多くないが、エストニア人はフィンランド語がなんとなくわかるという人が多いらしい。一口に旧ソ連と言っても様々なわけだ。
思い起こせば旧ソ連の崩壊はバルト三国の独立宣言に端を発していたと記憶しているが、きっと独立独歩の文化を持っていたのだろう。
本作もジャケット裏にはエストニア語・ロシア語・英語でクレジットが併記されているところが興味深い。さらによく見るとエストニア語はウムラウトを使っていて文字面のアルファベットの並びもなんとなくフィンランド語に近いように見える。

さてそんなIN SPEのレコードだが、旧ソ連のMELODIAからのリリースとなっている。
MELODIAはクラシックファンの間では馴染みの深いレーベルだと聞いている。
クラシックはどうかはわからないが、ロックなのどのポピュラー音楽は概ねMELODIAはヘンな音だ。
本作も例に漏れずカッティングレベルが低く、音もなんとなくヘンな音だ。
なんとなく中域が引っ込んだような、そのくせ低域が無意味に下の周波数まであるような、とてもヘンな音。

かねてから思っていることを(きっと真説があるとは思うが)無知に任せて言ってしまうと、MELODIA盤は再生特性がきっと違うのだろうと考えている。
60年代以降の西側諸国のレコードはDECCAなどの一部の例外を除き「RIAA」特性に基づいてカッティングされている。
RIAA(Record Industry Association of America)特性についてはKAIPAのアルバムの記事で触れているのでそちらを参照していただけるとうれしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiro_eurasia/53738623.html
で、当時西側諸国と敵対していた旧ソ連は当然RIAA特性なぞ採用するはずもなく、おそらく独自の特性を定めてレコードをカッティングしたに違いない。よって今になって旧ソ連リリースのレコード盤をRIAA特性のアンプで聴いても「ヘンな音」にしか聞こえないというのが私の説なのだ。とはいえ、旧ソ連も技術にはすばらしいものがあったはずだから、きっと旧ソ連の古いステレオセットで聴いたら、このIN SPEも途端に素晴らしい音で鳴ってくれるのではないだろうか?聴いてみたいな。。。難しいだろうけど。
MELODIAの他にもブルガリアのBalkanton(FSBなどのバンドがいる)、ルーマニアのELECTRECORDも負けずにヘンな音だ。同じ東欧のなかでも東ドイツ、チェコ、ポーランド、ハンガリー、ユーゴスラヴィアのレコードはヘンはヘンだがまだ聴けることを考えると正真正銘の東欧であるギリシャ正教会国家のレコードは現在の装置で再生すると「なんか違っている」感が否めない。

膨大に残されているであろう東欧のレコードを文化遺産と考えてこの文化遺産を救うべく立ち上がってくれる人がどこかにいないかな??CDでも再発されているそうだけどちゃんとした音なのかな?

さてそんなヘンな音だと分かっているIN SPEのレコードを買ったのは内容がまずまず良いからだ。
音的にはロシアやブルガリア、ルーマニアのバンドのような「文化の違いが身に染みる」ような相容れない音楽ではなく(お好きな皆様、ごめんなさい)、どちらかというと北欧のシンフォニックロックのような透き通るような美しさが基調となっている。
最初に聴いたときは「呪文」のころのマイク・オールドフィールド(特にギターが)を思い出した。
全体的にもうひとひねり欲しいような気もするが、寒空が似合うようなひたすら甘口のシンフォニックは、音さえ良ければもっと支持する人がいてもおかしくない内容だと思う。

どうでもいいことをひとつ。
タイトルを"ENSEMBLE"と表記したが、"ENSEMBLE"はタイトルではないかもしれない。
というのは同じくエストニアのバンドRUJAのファーストシングルを持っているのだが、これにもジャケットとレーベルに"ENSEMBLE"と書いてある。きっと「グループ」という意味で使っているのだろうという気がしてきた。。。

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:geppamen
  • 性別:男性
  • 誕生日:11月19日
  • 血液型:O型
  • 現住所:東京都
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・音楽鑑賞
    ・レコード蒐集
    ・自作オーディオ
読者になる
40代は第2の思春期なのだそうです。思春期に惹かれたものをもう一度ひっぱりだしてきて後生大事に整理を始める今日この頃。プログレを中心としたアナログレコード集めに人生の貴重な時間を費やすささやかな記録です。
geppamenをフォローしましょう

2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブロンゾ
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
geppamen
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
ブロンゾ
» PFM「Per Un Amico」の裏ジャケクレジット (2018年05月10日)
Keiji Ashizawa
» 私のアンソニー・ムーア考 (2017年10月21日)
geppamen
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
ブロンゾ
» Hunky Doryをめぐる謎 (2017年05月01日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月23日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月18日)
geppamen
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月17日)
Furekaaben
» マグマの代表作で最も音が良いのは? (2017年02月14日)
https://yaplog.jp/geppamen/index1_0.rdf