すんませんでした。

October 27 [Thu], 2005, 0:28
じゃがいもうさぎ。さまからご指摘を頂くまで、チケット代を書いていないことに全く気づいていませんでしたorz。
なんという体たらく。すみませんでした!
早速直しておきました。
一般前売り・ご予約が1000円、学生は前売り、当日共500円となります。
お芝居?観た事ない〜。という方にも、是非お気軽にお越しいただきたいです。
がんばりますので楽しみにしていてくださいね!

おしゃれバトン。

October 26 [Wed], 2005, 12:39
じゃがいもうさぎ。様より、おしゃれバトンなるものがわたってまいりました。
お芝居とはあんまり関係ありませんが、せっかくなので答えてみたいと思います。

■おしゃれバトン■

1、最近お気に入りのコーディネートをどうぞ。

ナイキのピンクの長袖Tシャツに、アディダスの紺のパンツ。
あとナイキの黒のベロアのヨガパンツも好き。

2、好きなブランドを3つ厳選してください。

ヴィヴィアンウエストウッド。昔のジェーンマープル。ダンスメーカーのクリスアン。

3、よく読むファッション雑誌は?

読まないなあ…。お化粧雑誌ですが最近美的は毎月買っています。
久しぶりに、ヴォーグでも買ってみようかと思ってます。

4、買い物は1人で行く?友達と行く?

ひとりで行く→基本的に衝動買いせず、一晩寝る→意見を聞きたいときは、信頼できる人を連れて行って意見を聞き、OKが出たら買う。

5、今まで買った中で一番高価な洋服(小物)は?

ヴィヴィアンの一点もののドレス。
いくらだったかは忘れました。15万はしなかったと思う。

6、最近買ったお気に入りのアイテムを紹介してください。

帽子ばかり買ってます。
コムサイズムのてっぺんに茶色のボンボンがついたキャスケットと、ブランドはわかりませんが白の透かし編みのニット帽。あとはやっぱり、○ンデーで買った目出し帽かな。


7、好きな色の組み合わせは?
  
色には波動がある、と聞いてから、ピンクが多くなりました。ベージュも着るようになりました。
もともとは黒い服が好きです。

8、お洒落に目覚めたのは何歳のとき?

中学の頃かな?

9、振り返りたくない過去の自分の服装を告白してください。

高校の頃は、ドロワーズいっちょで外出してたなあ…。
おいおい、ももひきで歩くのかよ、と。

10、お金がないとき、食費とおしゃれ代どっちを削りますか?

おしゃれ代を削ってもう何年経つのか…。

11、好きな異性のファッションは?

燕尾服とタキシード。

5人のお洒落さんにバトンを回してください。

ミレディー様。
イザベラ様。
花蝶風月様。
林 寅男様。
凛花様。
よろしくお願いいたします。 

アルバム。

October 16 [Sun], 2005, 12:16
探偵日記の写真が大量に出てきたので、Boy's rippleのコーナーから写真館へ飛べるようにしました。これまでの公演からBoy's rippleへ飛んでやってくださいね。
懐かしいなー。写真は撮っておくものです。
しかしこんなこと(hpの更新)をしている暇があればやるべき仕事がたくさんあるものを…。
人はそれを現実逃避と呼ぶ。
まあ劇団の活動をwebで紹介するのも大事なお仕事ってことで。

こまごま。

October 16 [Sun], 2005, 0:03
トップ画像、知ってる人には妙に懐かしい「探偵日記」にしてみました。

今日は帽子やらめがねやら、こまごました小道具を買いました。
懸案の橙色の物体は、サンロードのサントワールにて捕獲。
よかったよかった。ついでに自分用の帽子も。今度小梅に被らせよう。

夜は小雪の稽古に行きました。
やることがいっぱいですが、体調管理をしっかりと、楽しんでやりましょう>関係者の皆さん。

あと一ヶ月なので、事故と怪我と病気に気をつけて。
それさえなければ私的には大成功です。

10月ですね。

October 03 [Mon], 2005, 14:22
いよいよ公演も来月に迫って参りました。
そろそろターボ入れてかからないといけません。

このブログも、私の戯言ばかりではなく、各キャスト/スタッフに、今回の見所などを聞いて徐々にアップしていこうかな、なんて思ったり。

A嬢からの提案で、稽古場の写真なども徐々にアップしていきたいと思います。

お楽しみにー。

KYUSEY-Dolls.

September 27 [Tue], 2005, 14:27
数年前から観たい観たいと思っていた、奈里多究星先生の個展を先日観てきました。新町に新しく出来たギャラリー、ギャラリーパリスにて。HIS という旅行代理店が入っているビルの5階です。
写真で見ているだけでも素敵なのに、実物はさらに…。
美しく幻想的で退廃的な表情のお人形たち…。
着ているものの柄合わせ、小物なども見事でした。独特の光がとても印象的だったお人形の瞳も先生の自作だそうです。
個人的には押し絵の手法に興味を惹かれました。立体でありながら平面でもある…。源氏物語を題材にしていながら、例えばエルテなどのような洋式の美も感じさせる世界…。
このギャラリーにはAとBふたつの展示室があり、第二展示室はまるで舞台空間に立つ役者のように数体のお人形が屹立していました。ドラマチック。
奈里多先生は近年拠点を東京から郷里の七戸に移されたそうです。
そして今年の春、七戸にはnonoue人形の館という施設がオープンしたそうです。廃校になってしまった校舎を使って、お人形の常設展、企画展、体験講座もあるそうです。
お人形は永遠の憧れなので、いつか自分で作れる日が来たらなあ…と憧れつつも、青森で勉強できる機会などないだろうと思って今世では無理かなとあきらめていたのですが、一気に希望の光が見えてきました。
しかしこの超不器用な私に造形がつとまるかどうかは別ですが…。
うちの劇団のプラモの鬼・N氏あたりが作ったらさぞかし面白いものが作れそうです。「作業服の男」とか「デコトラの運転手」とか。
奈里多先生の講座は、NHK文化センターでもあるそうです。干支人形を作るコース、とのこと。
何事も自分のためになることですから、いつか機会があれば挑戦してみたいなと思います。
モデル引退したら人形師になって、その子の写真を撮ろうかしら…。

会場となったギャラリーパリスも、とても素敵な空間でした。
壁は白。床は黒。
いい意味でアットホームな感じが希薄で、展示のお人形たちともあいまって「異空間」という感じでした。
洋ものの速瀬作品なんか似合いそう…。
来年あたり、ここで何か出来たらいいなあ。
個人的には常川博行朗読ライブとヴェクサシオンライブがここで観られたら、そんな幸せなことはないのですが。

さんぽぽ。

September 20 [Tue], 2005, 13:17
5、6年ぶりに会ったお友達と、お友達の娘さんと、アウガのさんぽぽで遊んできました。
さんぽぽはアウガの6階にあり、0〜3歳のお子様とその保護者の方を対象にした、無料の遊び場です。託児施設ではなく、親子で遊ぶタイプの広場なのでそこのところはお間違えなく。
営業時間は4時まで。土日もやっています。
友達の子は2歳半なのですが、成長が早いせいもあるのか、さんほぽの中ではかなり大きなお友達、といった感じでした。

中には「この子は友達の子で、ママは今4階でネットやってるのー」という方もいらっしゃいました。小さな子がいるとママが自分だけの時間を持つ、ということがなかなか難しいと思うので、そんな使い方も良いですね。
あとは同じ年頃の子を持つ親同士、何度か顔を合わせているうちに自然にママ友に…ということもあると思います。


新たな目標。

September 16 [Fri], 2005, 8:44
前々からそうではあったのですが、最近とみに
「機会があったら東京でも公演してください」
というお声をあちこちから頂きます。
ありがたい事です。
先立つものとつてがなかなかなくて、実現には至っていないのですが…。
私が心ひそかに(ひそかでもない?)演技の師匠と慕っている常川博行さんや、
一年程前から熱心に聴いているバンド「ヴェクサシオン」の皆さんは、この頃は渋谷の青い部屋でライブをされることが多いのです。
それならばいっそ、私も青い部屋のオーディションを受けてみようかな、と思ってみたり…。
公演が終ったら、本腰入れて考えてみようかな。
オーディションって、私、うかったことがないのですよ。
小雪組にも出演している女優、のふじゆみさんに
「個性が強すぎるからよ」
というお言葉を頂き、救われる思いがしましたが。
でも青い部屋のオーディションは、合否を判定するものではなく、一種の登録会のようなもの、とのことです。
それにまあ、青い部屋だし、趣味に走った極端なものの方がかえってインパクトがあっていいのかも。
オーディションを受けられれば「東京で何かやるときはお知らせしてね」と何年も前から声をかけてくださっている友部正人さんとのお約束も果たせますし。
いつか私が青い部屋に出られたら、「青い部屋」つながりでなんだか梅垣さんに近づいたような気分…☆←オチかよ。

選挙ですね。

September 05 [Mon], 2005, 22:06
劇団とはまったく関係ありませんが、日曜日は選挙ですね。
そろそろ期日前投票に行って来ようかな。
大人の皆さん、忌野清志郎も「選挙に行って投票しようぜー」と歌っています。
近視眼的には何も変わらないようでいても、子供たちが(私は子供いない独身ですが)大人になる頃にはもうちっとは世の中がましになっているよう祈りながら、投票には毎回行くようにしております。

しのじゅん。

August 29 [Mon], 2005, 12:58
篠崎淳之介先生(劇作家。だびよん劇場の故・牧良介氏の兄上でもあります)のお名前で検索して、このページにお越しくださった方がいらっしゃる模様。(このブログは過去24時間にどんな言葉で検索してきてくださったかが判るのですが、その他の詳しいことはわかりませんので安心してくださいね)
しのじゅん先生には高校時代からお世話になっております。何度か出演もさせていただきましたし、色々教えていただきました。
なにか質問とか知りたいことがあれば、お気軽にコメントなど残してやってくださいませ〜。
確かしのじゅん先生の本が、中野健さんの演出で、10月に弘前で上演されるのではなかったかと思います。
今度、きちんとお知らせいたしますね。
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gekidanegoiste
読者になる
Yapme!一覧
読者になる