焚き火台

January 16 [Tue], 2007, 21:51
銀杏、焼き芋でウチの焚き火台について。
一番最初に使い出したのはスノーピーク社の焚き火台→ です。
うろ覚えですが、その時は大きいサイズはなかったし、他メーカーでも焚き火台ってそんなに出してなかったような。
小さいサイズだったせいか、焚き火で日焼けのウチにはこちらは薪がこぼれ落ち少し使い辛かったかな?
材質は厚みのあるSUS304を使用していて変形もなく品質がよいのですが、少ぉし重いって印象があります。
それとサイズがMで350×350×248mmなのですが底面が地面に近いため、丹精こめられてる芝生の上で使うには、水を事前にかなりまき、なおかつポリタンクを焚き火中も準備していても、軟弱な上に小心者、ちょっとあせることがありました(芝だからっていうのもいかがなものかとも思いますが
この焚き火台はフォルムがとても美しいです。

今メインで使用しているのはユニフレームのファイアグリル↓ です。
こちらのサイズは430x430x330mmでこちらも材質は18ステンレス。
重量はこちらが2.7kgで、SP社のものも3.4kgなので、そんなに差はないのになんか重いような気がするのは何でだろう
こちらは熱でゆがみが出てますが、使用にはさしつかえない程度のものです。

キャンプ場によっては「50cm以下禁止」などの高さ指定があるところも多いので、焚き火台は2つつんでます。
いざというときは親亀小亀方式にしたりして。(爆)
そこまでして焚き火がしたいにもかかわらず、最近風が強いことが多くてなかなか焚き火できないのが残念なのですが

↑ Gaviは焚き火の間中火のそばにいるわけではなく、焼き芋の匂いが漂いだすと監視に赴く程度です。
ちなみにGaviが焚き火ないしは他の原因で、キャンプ中に怪我・火傷・事故・病気になったことは3年以上のキャンプ暦で一度もありません。(えへっ、けっこう危なげな写真が多いので念のため)
1度ハーネスをはずし、1m程度離れた木に突進し登ったことがありますがハーネスは変更し、以降はずれたことはありまません。
他に林道遊びでヤマダニにかまれたことも1度ありますがそちらも対策済みです。・・・どんなお転婆なんだか・・・
人は突進、木登りダッシュにふりまわされてますが

そんな焚き火フェチにポチッといただけるとうれしいです♪
ブログ村 アウトドアブログ

テーブル

December 25 [Mon], 2006, 23:58
ウチのテーブルは6,7年位前のコールマンのアルミロールテーブル(たぶんこういう名前だったような・・・)を使っています。
今は仕様もかわりイージーロールツーステージテーブル6となり、高さが70cmと28cmの2段階に変えられ、組み立て形も若干違うみたい。
まっ、ウチの場合はローテーブルとして使うことはないのでコンパクトになる分前の方がいいかな。
ロールタイプの方がウチの収納スペース的に合っていると思います。

ウチは人も猫も外でぐうたら楽してそこそこごはんとお酒がキャンプの目的なので、夕食で2時間位、昼食で1時間から1時間半はテーブル付近にいます。
このテーブルは一応6人サイズということになってるけど、Gaviも食中・食後テーブル上でくつろいでるので(お行儀がいいにゃんこなので(^m^))2人と1ニャンでけっこう狭いくらいだったりします。
うふっ、お酒と猫の写真がとても多かったりして

外でぐうたらコンセプトからすれば、冬もよほどのことがない限りタープでごはんとなるので、テーブルはかなり軟弱な冬仕様になります。


今年デビューの
Kotatsu Table Gavivi Special
市販のこたつユニットを天板下につけて改造してます。
500wですが遠赤なのでかなり暖かい!
(※ もし改造される場合は自己責任でお願いします。)
どうしてもイタズラ好きなGaviとタープ内ですごす時間が多いので、以前使っていたアウトドア用ガスヒーターは使えず、風情はないけど安全な電気モノになってます。

で、使用感はどうかというと・・・だそうです
寒い夜の食後はそそくさとこたつの中のGavi席にもぐりこんでますもの。
今までは退屈したり寒いと自分から「トレーラーに帰るっ!」と申し出がありましたが、このKotatsu Table Gavivi Special変更後はこちらが後片付けでトレーラーに移すまで、ここでうとうとしてたり、くつろいでます

もちろん寒くない季節はフツーのテーブルで、タープの中で虫をおいかけたり、タープもメッシュにしてるので(昼間はオープンにしてます)、外を見たり警備隊長の任務遂行に全力を尽くしてます

ちなみに冬のKotatsu Table Gavivi Specialには省スペースこたつ掛け布団をかけてます。


そんなぐうたらsにポチッとご協力お願いしまぁす♪
ブログ村 アウトドアブログ

チェア

December 11 [Mon], 2006, 22:07
ウチのキャンプの目的は

 1.外で食べる手がかからなくて
   まぁそこそこおいしいごはん
 2.明るいうちから軽くお酒でも
   飲みつつ外でぐうたらお昼寝
 3.猫とお散歩


です。(順不動)
今さら言うのもなんですが、かなり軟弱なキャンプです

 そのぐうたら目的で選んだチェアがこちらです。
一番最初テントでキャンプしていた10年以上前には、昼寝と就寝時のためのコットと、食事用のチェアを使っていましたが、トレーラーキャンプを始めた6,7年前からはいかんせん場所をとるので、コットは使わず、お昼寝もできるチェアに変更しました。

当初は、勝手にSuper Comfortable Isuと名づけていたコールマンのフリーリクライニングチェア  (写真クリックでおすすめショップへ)
(ウチのは前のタイプだからかなぁ?チェア下部に足置きクッションがついてましたがこのカタログ写真だとついてなさげですね・・・)を使ってましたが、運搬時非常に場所をとることと、昼寝には非常に良いのですが、食事するときにはあまりComfortableではないので、今は自宅において、夏場のGaviの隠れ家になってます。
ごはんを食べるには高さと背がたちすぎてるのと、足まで一体面シートなのが使い勝手が悪かったのかなあ・・・
このチェアは比較的自由にリクライニングできるのでお昼寝にはかなりよかったと思います。

 今は、こちらのタイプを使用しています♪
こちらもおなじくコールマンの製品でフォーステップチェアの名のとおり、4段階にリクライニングできます。(写真クリックでおすすめショップへ)
収束タイプでそこそこ軽く、収納時もそこそこのスペースですみます。
一番倒すとそこそこお昼寝できます
(・・・勝手にSokoSoko Isuと名づけてます)
ショップの最大リクライニング時の画像よりはもっと倒れる感じ。
フットレストを設置するのが少しだけめんどくさいけれど、フリーリクライニングチェアよりは食事の際も違和感はなく、収納に比較的場所をとらないし、とりあえずは妥当かなぁ・・・って思ってます
フットレストを使用しない時は、椅子の横にコンパクトに収納できます。
・・・ただ、Gaviがタープ内でじゃれまわっている際はリードがひっかかる箇所が少し増える感じですが。

他にキャンプ猫GAVI用チェアには、フリーリクライニングチェア使用時、あまりにもごはんがたべにくいので買ったホームセンターのノンブランドチェアを流用し(これがものすごく丈夫で、サイズもちょうどいいしなかなか座りやすかったりします)、アレルギー対応(効果はどうかなぁ?(^m^))の座布団をしいて使っています。(ちなみにこれはGavi Sekiと呼んでます)
フリーリクライニングチェアを使ってた頃はこの椅子も含め二人のキャンプなのに4脚+αは持っていったような・・・

他にサイドテーブルや予備用として小さなアルミスツールセット(2脚)を持っていっています。
これがけっこう焚き火の際やサイドテーブル代わりに役に立ってます。
(写真クリックでおすすめショップへ)

コールマンでそろえてる感じですが、たまたまというか・・・
やはり商品が多く出てるからかなぁ?
ただ現実的には今メインで使用しているフォーステップチェアも食事をするにはやや低めなので使い勝手は必ずしもサイコーとは言えません・・・

ぐうたらを極めるのもなかなかうまくいかないもので・・・

そんなぐうたらsにポチッとご協力お願いしまぁす♪
ブログ村 アウトドアブログ

溶岩焼きBBQグリル

December 03 [Sun], 2006, 19:13
キャンプ場ガイドアップのための下調べ・データ探しから逃避して、新しく「ウチのアウトドアグッズ」というカテゴリーを作りました。
ウチの場合、あまりブランドなどにこだわりはなく、楽できるかどうか、手抜きできるかと機能性・合理性で選ぶグッズが多いです。
ちょっと変わったものや変わった使い方をしてるものも多いかも。


 は7,8年前にたまたま見つけてすごく気に入り、その2,3年後販売中止でセールになっていた際に5,6ケ買いだめました
当時は投売り状態で3,4000円だったと思います
・・・が、いよいよ残り1,2ケとなり、今のうちに海外通販で購入すべきか否か迷ってます。


うふふ、どういうものかというと・・・
 Camping Gaz製(日本ではコールマンが代理店だったが何年か前に販売中止)
 溶岩(ラバロック)をグリル内下部のステンレススティールバーナーで加熱して(燃料: Camping Gaz CV470)その遠赤効果を使います。
 ラバロックを使用しているため、炭は使わず準備・後片付けが楽なのが特徴

 サイズ: 調理スペース 28cm × 36cm
       6kg
 素材:  通販でみつけたものはアルミ鋳物
       (ウチのは鉄のプレス品です。アルミ鋳物の方がサビに強く
        耐久性もあるので改善されたのかな?
        網も仕様が違うようにみえます。)

よくアメリカ(映画)なんかで、ガーデンバーベキューのときにどでかい丸型のラバロックBBQグリルが出てきますが、それの小型版です
以前ショーでコールマンさんにも確認しましたが、日本では手に入らないようで、ネットやアメリカ出張の際などに調べたところ意外とアメリカではみつけられず、イギリスの通販にありました。
すっごくアメリカ的だと思ってたのですが、アメリカ人には小さすぎるものと思われ(笑)


使用図です 

上の写真のように卓上でも使えますが、ウチの場合テーブルにスペースがないことと、キャンプ猫の
Gaviが食後、テーブル上でくつろぐので、あぶなっかしくて卓上ではなくGavi席と逆側のテーブルサイドでスタンドで使用しています。
(Gaviは特に夜間のタープ内ではリードを調整し、このグリルのところまでは届かないようにしています)

このときは鮎を焼きたかったので網にアルミをかませて遠火になるようにして使用しています

もし、国内のショップの棚に眠っているのをみかけられたら、お教えいただけるとうれしいです



参考になりましたらポチッとしていただけるとうれしいです♪
ブログ村 アウトドアブログ
  
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キャンプ猫Gavi & Gavi主s
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-猫とトレーラーキャンプ
読者になる
キャンプ猫GAVIの別館です。
がキャンプできるトレーラー可のキャンプ場、アウトドアもろもろのデータ集です♪
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Parajumpers
» 大原オートキャンプイン (2013年09月21日)
アイコン画像ゆかニコさん
» ならここの里キャンプ場 (2011年10月08日)
アイコン画像blue
» 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 (2010年05月26日)
アイコン画像Gavi主
» 美鈴湖もりの国 オートキャンプ場 (2008年12月09日)
アイコン画像tonicwater
» 美鈴湖もりの国 オートキャンプ場 (2008年12月01日)
アイコン画像Gavi主
» ならここの里キャンプ場 (2008年06月29日)
アイコン画像tonicwater
» ならここの里キャンプ場 (2008年06月16日)
アイコン画像出会い
» しあわせの丘リゾートオートキャンプ場 (2008年05月29日)
アイコン画像軽自動車キャンピングカー愛好家
» お手軽バーニャカウダ (2008年04月19日)
Yapme!一覧
読者になる