マリみて

March 08 [Thu], 2018, 2:21
最近、作業中に今まで観たことのあるアニメや原作は知ってるけどアニメ化に触れてこなかったアニメを流しているんですが(新作だと観入ってしまう為)、後者であるところのマリア様がみてるのマラソンを遂に完走してしまいました。


少女期はコバルトっ子だったので今野緒雪作品との出会いは古く、特に夢の宮シリーズが大好きで、マリみてもその流れで手を出した記憶があります。
ご多聞に漏れず百合というものに初めて触れたのがこの作品であり、とても衝撃と影響を受けたのを覚えています。当時は百合と認識していた訳ではありませんでしたが、初めて創作を試みた作品は今思えば百合でした。(余談ですが吹奏楽部ものでユーフォのような作品でした…設定を作って満足してしまいましたが)。腐女子に落ちる10年以上前のオタク黎明期だったので、私の趣味嗜好にかなり多大な影響を与えた作品なのは間違いないです。聖さまがめちゃくちゃ好きで聖さまと志摩子さんの関係性がとても好きだったな……


しかし非常に長編のシリーズということもあり、コバルトを徐々に読まなくなってきた頃からフェードアウトしてしまってました。(本編だと祐巳2年の文化祭あたり)
なので瞳子ちゃんと祐巳の関係がどのように進展したのか薄ぼんやりと気にはなってたのですがそのままになっていて、配信サービスで久々に作品を見つけて軽い気持ちで流し始めた所止まらなくなり。


うわなにこれめっちゃいい…良かったと凄かったしか言えない……今まで観てなくて本気でごめんなさいやっぱり私の原点のひとつだわ好き………と、シリーズクライマックスの瞳子ちゃんと祐巳のあたりで滂沱の涙を流していました。


瞳子ちゃんほんとに心底いい子だ……祐巳さんがいかに聖母でリリアンの象徴のような存在なのかよくわかった……4期EDの二人のカットほんと好きで好きすぎるイラスト集ほしいのにそれらしいの出てないのつらい……


といった感じでした。
もちろん、他のエピソードでも好きなエピソードはたくさんありました。それぞれ幸せだったり幸せじゃなかったりするけど、どれも全部綺麗で、胸がいっぱいになって穏やかで幸福な気持ちになれる贅沢な作品だった……
自分の有り様や人との関係について最近色々と悩む事が多かったのですが、それらに対するたくさんのヒントと勇気ももらった気がしています。


また、“かわいい1年生の祐巳ちゃん”が薔薇さまになるのが全く想像できなかったのですが、特に直接的な出来事がなくても、かわいい1年生だった3人が色々な経験を経て、あくまで自然に成長してそれぞれらしい薔薇さまになっていく様は見事でしたし、この山百合会の存在する年度のリリアンはきっと本当に素敵な学校生活なんだろうなあと思いました。


原作はいつの間にか完結していたようなのですが、本編は祥子さまの卒業のところで終わっているとの事、少しだけ残念です…それでもこれはアニメ化の先を早急に読みたい…短編集にも手を出したいしゆくゆくは歯抜けになってる原作も揃えたい……(途中まで揃えてたんですが好きな巻だけ残して売っちゃってました…)


は〜マリみてがオタ人生の入口にあって本当によかった……原点はちゃんと大事にしないといけないなと思った回でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書・アニメ・映画・音楽・鉄道など
読者になる
2018年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Kyou
» 教えて!縁下先輩 (2014年11月23日)
Yapme!一覧
読者になる